中古品:
¥100
お届け日 (配送料: ¥257 ): 9月26日 - 29日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 表面カバー・小口に多少使用感のスレ跡がありますが書き込みもなく良好なコンデションです。ゆうメール便にて発送いたします。追跡サービスはございません。日祝祭日は発送することができないことがございますご了承ください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
Kindleアプリのロゴ画像

無料のKindleアプリをダウンロードして、スマートフォン、タブレット、またはコンピューターで今すぐKindle本を読むことができます。Kindleデバイスは必要ありません 詳細はこちら

Kindle Cloud Readerを使い、ブラウザですぐに読むことができます。

携帯電話またはEメールアドレスを入力する

リクエストを処理しています...

「リンクを送信」を押すと、Amazonの利用規約に同意したことになります。

お客様は、AmazonまたはAmazonの代理業者からのKindleアプリに関する自動テキストメッセージを、上記の携帯電話番号に受信することに同意するものとします。同意は購入の条件ではありません。メッセージおよびデータ料金が適用される場合があります。

裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。

愛子さまと悠仁さま―本家のプリンセスと分家のプリンス (新潮新書) 新書 – 2007/9/1

5つ星のうち4.0 2個の評価

価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
新書
¥100
¥1

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

四一年ぶりの男児でも、ここまで違うものなのか。皇室にはどこよりも、生まれた家の違い、男女の差が歴然と存在していた―。名づけ親、儀式の内容、ボディーガードの数、一家の予算、皇居を訪ねる際に通る門…。何から何まで、愛子さまと悠仁さまでははっきり異なる。その「立場の差」が意味するものとは何か。現役の宮内庁担当記者が、五歳違いのおふたりの成長から読み解く平成の皇室、その未来。

著者について

1968(昭和43)年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。産経新聞社に入社、警視庁警備部などの担当を経て、宮内記者会所属。季刊誌『皇室』(扶桑社)で、天皇・皇后両陛下と皇太子ご夫妻の「ご動静」、愛子さまと悠仁さまの「ご成長の記録」の執筆を担当する。

登録情報

  • 出版社 ‏ : ‎ 新潮社 (2007/9/1)
  • 発売日 ‏ : ‎ 2007/9/1
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 新書 ‏ : ‎ 207ページ
  • ISBN-10 ‏ : ‎ 4106102307
  • ISBN-13 ‏ : ‎ 978-4106102301
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 2個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ中の4
2 件のグローバル評価
星5つ
75%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
25%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2021年1月1日に日本でレビュー済み
2008年4月1日に日本でレビュー済み
107人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告