中古品
¥94
+ ¥257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に出荷可能です。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


愛国の昭和―戦争と死の七十年 単行本 – 2008/7/29

5つ星のうち3.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥1

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

日本で最もリベラルな男が暴く日本人の愚! 天皇は特攻に「そこまでする必要はあるのか」と言ったという。一千年前日本は「死刑廃止国」だった。特攻、玉砕、「靖国で会おう」で日本の平和は打ち砕かれた!

内容(「BOOK」データベースより)

『帝国ニッポン標語集』のなかに「日の丸で埋めよ倫敦紐育」「米英を消して明るい世界地図」というのがある。これは国民が作り、軍部が喧伝した。「一億玉砕」という“滅びの美学”に酔いしれた人々がいる。「玉砕」という言葉のために日本は滅ぼされかかった。我々も皆殺しにされかかったのだ。大東亜戦争へと突き進み、国威の昂揚を振りかざす国民と軍部。人々が酔いしれた死を煽る「滅びの美学」の愚かさを痛切に批判し現代の日本人へ大いなる警鐘を鳴らす書。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 250ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/7/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062148919
  • ISBN-13: 978-4062148917
  • 発売日: 2008/7/29
  • 梱包サイズ: 19 x 12.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,616,470位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.0
評価の数 2
星5つ
50%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ
50%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

2件のカスタマーレビュー

ベスト500レビュアー
2008年9月12日
形式: 単行本
19人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2008年9月21日
形式: 単行本
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告