通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。きれいで使用感はさほどありませんがカバー(表紙)にスレ・ふちヨレが少々あります。記載のない付属品・特典等は付属しない場合がございます。ご了承ください。こちらの不手際により不備のある商品が届いた場合は、返品・返金に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった 新書 – 2015/1/27

5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 388

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愛国のパラドックス: 「右か左か」の時代は終わった
  • +
  • 戦後脱却で、日本は「右傾化」して属国化する
総額: ¥2,808
ポイントの合計: 85pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

イデオロギーの正体見たり...
誤解が続く限り、「戦後」は終わらない!
景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP...
果たして安倍政権は、日本を再生できるのか?

あなたの政治的立場がわかる「イデオロギー診断テスト」付き

内容(「BOOK」データベースより)

いったい何がおかしいのか?政治に対するモヤモヤを雲散霧消!景気回復、構造改革、憲法九条、集団的自衛権、TPP…安倍政権は日本を再生できるのか?イデオロギーの正体見たり…あなたはどっち?イデオロギー診断テスト付き。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 264ページ
  • 出版社: アスペクト (2015/1/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4757223544
  • ISBN-13: 978-4757223547
  • 発売日: 2015/1/27
  • 商品パッケージの寸法: 17.4 x 11 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 204,451位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
私は「保守」の家系で育った。父も父方母方いずれの祖父も「保守」である。
しかし,子供の頃に父が「保守は改革,改革という。一方革新は守れ,守れという。言葉があべこべではないか」とつぶやいた一言が引っ掛かっていた。
本著を読み,引っ掛かりがすとんと落ちた。
なるほど,我々は本来の「保守」の正確な意義を知らずに「保守」を気取っていたのだな,と。
では,本来的な「保守」とは何か?戦前,戦後で違うのか?戦前とはいつまでをいうのか?明治維新まで?しかし,明治維新に本来的「保守」はいたのか?
なるほど引きずり込まれる。
本著は本来的「保守」といわゆる「保守派」を明確に切り分ける。あなたはどちらだろうか?
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
『保守とはなんだろうか?』

佐藤健志氏の待望の新著「愛国のパラドックス」は、自らを愛国者、保守派と考えている人々に突き付けるナイフのような著書です。パラドックスとは、『正しそうに見える前提と、妥当に見える推論から、受け入れがたい結論が得られる事』だそうで、正に今、安倍政権によって発生している現象そのモノです。

『保守派へのワクチン』

この著作全体に通底する印象を述べれば、愛国者に投与するワクチンでしょう。ワクチンとは、弱い病原体を注入することで体内に抗体を作り、以後感染症にかかりにくくする医薬品の事です。弱いとはいえ病原体を注入することが特徴ですので「毒をもって毒を制す」ことを意味します。

『保守派にとって最も重要な言論人』

今や佐藤健志氏は、現代日本の保守論壇にとって最重要人物となっています。三年三ヶ月の民主党政権の暗黒時代をくぐり抜け、保守派のヒーローである安倍晋三氏が、総理に返り咲いた今の日本は、本来なら戦後レジームからの脱却を着実に図っている時期です。しかし現実の世界は甘利にも残酷でした。

『文化批評から社会全体を読み解く』

例えば、三橋貴明氏やトマ・ピケティ氏はデータから実体経済を読み解く手法で定評があります。それに対し
...続きを読む ›
1 コメント 60人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
保守主義ということを正しく理解できている人はとても少ないです。
自分を保守主義者と思っている偉い先生でも、わかっている人はとても少ない。わかっていると思っていても、足を踏み外してバランスを崩してしまった人も多いです。
たとえば産経新聞に論説を描いている人たちは残念ながら保守主義者ではありません。
かつての日本でも唯一の保守主義者といっていい福田恒存は、自身が保守主義者と言われるのを拒否したとされますが、それは80年代当時力をつけはじめた産経保守知識人と一緒にされたくない、といこともあったようです。
保守というのは決して右翼のことでもないし、反中、反韓ということでもない。
それは”近代”に対して警戒する態度のことです。近代の極端な一形態としての共産主義を警戒するし、資本主義、自由主義にも懐疑の目を向けるし、理想主義的な平和主義も同様です。人間な素朴な在り方に反するものに自然な違和感を表明するものです。近代や資本主義に反対するからと言って、便利な機械を捨てて自然に帰れ、というわけでもないのです。有閑階級ではない庶民はそんなことできませんから。私たちは全く中立の第三者ではなく、この現代に今まさに生きていることから、近代主義者でありながら、保守的態度をとるという矛盾のバランスを取らなければならない。また、伝統は固守するだけではなく、時代とと
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
現実というものは、複雑かつ重層的で多角的なものであるゆえに、単純な解釈を許さないという態度と簡単にたどり着ける答えなどあってたまるか、という覚悟と強靭な思考力で考察された本書は、思考力に乏しい自称、保守の方々のあるいは、反発を呼ぶかもしれないと、老婆心ながら危惧するくらい秀逸な出来だと思います。本当は、左翼やリベラルを標榜される方たちにも佐伯啓思さんの「現代日本のリベラリズム」なんかとあわせて読んでもらいたいと思います。真正保守思想の真髄と真骨頂ここにあり!ま、読んでみなさい。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
かなりわけの分からない本で、「ですます」調で、いや別にそんなことは考えてないよ、という設問を自分で作って自分で答えを出しているような本である。
まあそれはそれとして「右か左か」と題名にはあるが、本文では「保守」「左翼」とあって「右翼」は出てこない。それは多分、天皇制を論じるのを避けるためで、この本ではフランス革命の話まで出てくるのに、天皇制の話が出てこない。原発とか反米とか社会主義とかは論じられているのに天皇制が論じられていないから、「アンタ、なにカマトトぶってるの」としか思えないのである。
7 コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告