通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
愛を乞うひと (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますので多少のスレ・ヨレ・傷・日焼け・薄い汚れ等ある場合がありますが本文は良好です。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。店舗でも販売しておりますので売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます 134812
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

愛を乞うひと (角川文庫) 文庫 – 1993/4/22

5つ星のうち 2.9 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 335
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 518
¥ 518 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愛を乞うひと (角川文庫)
  • +
  • 母性 (新潮文庫)
総額: ¥1,155
ポイントの合計: 30pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

血のつながりの、いったいどんな意味があるのだろうか?母親に何度も殺されかけた娘の復讐と親子の絆を探す物語。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。


登録情報

  • 文庫: 304ページ
  • 出版社: KADOKAWA (1993/4/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4041873010
  • ISBN-13: 978-4041873014
  • 発売日: 1993/4/22
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,280位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
この虐待が理解できない人は幸せです。
自分のココロの中の悪魔が理解できない人は幸せです。
クタクタになって動けなくなるほどの虐待を繰り返し
それでも母は娘にしがみついたのです。

それが愛だと私は言われたことがあります。
私は父からでした。暴力のない日はなく生きている意味などを考える間もなかった・・・。
グレる自由さえなかった。
ただ笑顔でいるしかなかったのです。

私にとってこれは過去の当たり前の日常です。
去年父が死んでくれて
後は母さえ死ねば
もうこの地獄から解放されるのでしょうか?

私は今夫がいて可愛い娘もいます。
当たり前でいることの幸せ
それを感じるためにあの虐待があったとは思いたくはないです。

今も死んだ父が夢の中でしがみついてきます。
それほどまでに執着してしまうこの孤独を癒せる手立てはないものでしょうか?

この本を衝撃的とか理解できないほど残酷だと言える
それが幸福だと

私は思います。

理由なくただその人の子供だという事で殺されなければならなかった子供たちに
哀悼の意をささげます。
コメント 114人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
読んだ感想はここまで娘を虐待するなんて、それとそんなに邪魔な娘だったら施設から引き取らなければいいのに、と思いました。それと虐待をする母親とは対照的に娘と父親との絆の深さが描かれているな、と思います。後、虐待をする母親の内面は一切触れずに母親の不可解な行動が描写されていきます。ここからは私の推測なのですが母親も実の母親から似たような虐待を受けていたのではないか?母親はそれを消化しきれずに娘にぶつけていたのではないか?主人公の虐待された娘は結婚して娘をもうけ、娘を大事に育てていますが、彼女は父親や周囲の人から愛情をもらえたから、母親のように娘を虐待せずにすんだのではないか?と私は思います、主人公の母親の暴力は自分で意識してやっているとは思えない、何かに突き動かされているように暴力を振るっているような感じを受けます。子育てをする事は自分の子供時代を振り返る事とも重なるような気が私はするので、虐待をする母親も、もしかしたら、虐待された娘だったかも、と思いました。そして主人公の娘よりも状況はひどくて理解者はいなくて、傍観者ばかりだったかも、と思います。私はタイトルの愛を乞う人は、主人公の娘の事を指しているのだと思ったのですが、もしかしたら虐待していた不可解な母親も愛を乞う人だったのかも、と思います。(私の推測ですが。)2人の違いは主人公の虐待された娘は自分は愛が欲しい、愛を乞う事を自覚して...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 kimono トップ1000レビュアー 投稿日 2015/2/8
形式: 文庫 Amazonで購入
結局、大原麗子は出演できなかった。
大原とは違う女優が主演して、あまり話題にならなかった。
大原はすごい熱の入れ方で、この企画を持ち込んだが、
2億円準備してくれればといわれ、実現できなかった。
映画会社としては、ことわる口実だったらしい。
そのころの大原はもう話題を呼ぶ女優ではなかった。
もし大原が出演していれば、もっとすごい映画になっていただろうに残念だ。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
何に結論を出したらいいのかわかりにくいストーリーです。
もう少し主人公が主体性のあるキャラクターだったら、違う深みがあったのかもしれません。
自分のルーツ探しの為中国まで行った、その行動力は良いのですが・・・本来解決すべきは、母との関係だったはず。
もっと、母の生い立ちとか家族、兄弟、そういうところに目を向けた方が、なんかストーリーとしてすっきりするような気がします。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ただ虐待されたじゃなく、どうしてそうゆう事を実の娘にしたのかとか知りたかった・・・。絶対人間的な所があるはず・・・と思いながら読んでいたので最後までこの母が謎だった・・・。最後もイマイチわかりずらかったかな・・・。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック