通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
愛の年代記 (新潮文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

愛の年代記 (新潮文庫) 文庫 – 1978/3/29

5つ星のうち 4.9 12件のカスタマーレビュー

その他(5)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052 ¥ 637
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 562
¥ 473 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愛の年代記 (新潮文庫)
  • +
  • ルネサンスの女たち (新潮文庫)
  • +
  • 神の代理人 (新潮文庫)
総額: ¥2,052
ポイントの合計: 64pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

商品説明

   イタリアの中世末期からルネサンス期における、さまざまな「愛」のかたちを描き出した9編を収めた短編集である。『ローマ人の物語』や『海の都の物語』などで、イタリア史の魅力をあますところなく書きつづっている著者の初期作品だ。

   長く日陰者と侮蔑されながらひとりの男を愛し続け、ついには大公妃になった女の話(「大公妃ビアンカ・カペッロの回想録」)、異教徒の海賊とのあいだの秘めた恋物語(「エメラルド色の海」)、男しかその職につけないというローマ法王の歴史の中に、じつは女の法王がいたという話(「女法王ジョヴァンナ」)など、これらの短編は、じつは史実だけなく偽古文書や民間伝承などをもヒントにして創られた歴史フィクションなのである。

   タイトルが示しているように、この本のテーマは「愛」である。あるいは一歩踏み込んで「性愛」といってもいい。しかし、それは堕落や淫靡(いんび)や退廃といったマイナスなイメージを意味するものではない。作品の背景となった時代のイタリアは、ルネッサンスの華やかな文化が花開いた一方で、ベネチアやフィレンツェ、マントヴァなど大小の国々が乱立し抗争が絶えなかった。政治的、人間的な関係が錯綜していた時代は、女たちも自分自身の生き方を極めなければ生きていけない時代でもあったのだ。

   著者は、そんな彼女たちを傍観者として眺めているのではなく、その生き方や考え方に共感している。ここに描かれた「愛」とは、どれも自らの信ずる生き方を真っ当した女たちの、真摯な姿なのである。(文月 達) --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容紹介

かくも激しく美しく恋に身をこがし、生きて愛して死んだ女たち――歴史資料の片隅に、わずかに残されたその華麗な生の証しをもとに、欲望・権謀の渦巻くイタリアの中世末期からルネサンスにかけて、《恋の歓び、哀しみ、憤り》など、さまざまな愛のかたちを抽出する。『大公妃ビアンカ・カペッロの回想録』『ドン・ジュリオの悲劇』など、胸ときめく恋の物語9編を収録。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 292ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (1978/3/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101181012
  • ISBN-13: 978-4101181011
  • 発売日: 1978/3/29
  • 梱包サイズ: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 254,405位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ポチ子 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/11/2
形式: 文庫 Amazonで購入
著者の初期の作品ですが、独特の文体はこのころからで、たたみこむようなテンポのよい文章でスラスラ読めます。女教皇ジョバンナなど、歴史から忘れられている女性たちの人生についての短編集で、旅行の時などに持って行ってさっと読むのにいいです。知らなかった人ばかりで面白かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 romarin 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/6/11
形式: 文庫
イタリア中世~ルネサンス期の、愛の物語を短篇集のようにして集めた本。
史実などもネタにしているだけあって、どこからどこまでが本当なのか、わか
らなくなる。(勿論、たとえ史実だけを書こうと試みても同様の結果になるの
だが)
近頃ローマ人の物語で知られる塩野さんの書く文は面白くて読みやすい。本書
では、史料ももとにしながら、激しい愛の物語を、まるでその場で見てきたか
のように、或いは同時代に生活していたかのように、リアルに描き出してい
る。かなり官能的な部分もあるので、一定年齢以上のかたにおすすめ。
大抵は、許されぬ愛と、そこからくる破滅、或いは苦難の多い恋愛であって、
お伽話タイプの恋愛物語ではない。姦通した妻は、さっさと処刑される。そう
いう時代だからそうなのだが、時にひどく痛ましい。この本は、文字通り愛に
身を焦がしたイタリアの男女たちの絵巻である。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
母の書棚から見つけた1冊の本は今から30年近くも前に書かれたもので、たしかに大仰なタイトルが時代を感じさせる。しかし、中世からルネサンス期、ヴェネツィアやミラノといった時代の雅を極めた都市を舞台に花開いた恋の物語の数々はいまなお新鮮だ。当時、恋はときに戯れにしかけられた。豪商の奥方がうぶな青年を寝室に引きこむ。彼女にとってはほんの火遊びのつもりでも、青年にとっては一世一代の恋で、彼は嫉妬に苦しめられる。また当時、恋はときに身を滅ぼすものだった。姦通罪は重罪のひとつで、それを破った男女には無惨な死が与えられることもあった。そのことを知っていてなお抑えられない恋情は匂いたつほど甘いものだが、その情熱とは対照的に恋模様は硬質な筆致でつづられる。抑えた文章のあいだからほとばしる官能。その後も星の数ほど生み出されてきたラブストーリーの多くが、まるでこの領域に達していないことを思い知らされる。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
小学生の時に古本屋でこの本を見つけてから四半世紀。未だに繰り返し読んでいる本です。
トルコの海賊と貴婦人の秘められた恋の「エメラルド色の海」、
これは今まで読んだ小説の中でも一番美しいロマンスです。
本来出会うはずのない海賊と貴婦人がほんの偶然のような出来事でめぐり合い
一瞬のような出合いの相手をお互いに想い合う・・・たった一度の出合いだけで
二度と会えないことがわかっているのに思い続ける恋。
こんなに切なくとも静かで燃える恋はあるでしょうか・・・。

もう読んでいるだけでその場の情景がまざまざと目に浮ぶ本です。
中世からルネサンス時代のイタリア。
宝石箱のようなヴェネティア、ジュリオが踊りまわった舞踏会の夜、
ジュリアが覗いた窓の外、ジョヴァンナが読書した木陰、
政治的背景や社会も絡めて絡み合う男女の恋。
男の歴史と社会の中で精一杯恋に生きた女の物語です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ともぱぱ 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/9/23
形式: 文庫
著者の大作シリーズはどうしても男が主人公の話になる。著者は基本的に惚れた男をとことん書くのが得意な作家だと私は思っているが、本作はそういった大作シリーズからこぼれおちた珠玉の短編を収めており、大好きな本だ。

「ローマ亡き後の地中海世界」シリーズに登場した海賊ウルグ・アイに関する1エピソードである「エメラルドの海」、また「海の都の物語」の一つの時代の背景である「ヴェネツィアの女」がそのような「こぼれ話」だ。

著者は決して女性を主人公にした愛の物語が不得手ではないことを示す優れた短編集で、イタリアの様々な時代の香気を楽しめる、お薦めの本。

それにしても、女法王は本当にいたのだろうか。伝説か史実かわからない歴史の迷路にたたずんでみるのも一興だろう。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2001/1/27
形式: 文庫
とてもおもしろかったです。この本には、イタリア中世末期からルネサンスにかけて生きた女性の恋物語9編がおさめられています。塩野さんの歴史ものはどれもおもしろいですが、この本は歴史の初心者の方でも、とくに親しみやすい内容になっています。ルネサンスの愛の世界へ旅立ちましょう!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー