中古品の出品:3¥ 7,000より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

愛のめぐりあい [DVD]

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
中古品の出品:3¥ 7,000より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジョン・マルコヴィッチ, ソフィ・マルソー, ジャン・レノ, イレーヌ・ジャコブ
  • 監督: ミケランジェロ・アントニオーニ, ヴィム・ヴェンダース
  • 形式: Color, Dolby
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.66:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日 2004/09/17
  • 時間: 110 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0002N2IO6
  • JAN: 4988113200509
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 169,288位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   イタリア映画の巨匠ミケランジェロ・アントニオーニによる4話の愛のオムニバス。「ありえない恋の話」「女と犯罪」「私を探さないで」「死んだ瞬間」の4話をアントニオーニが、プロローグ、挿話、エピローグを共同監督のヴィム・ベンダースが手がけたことでも話題になった。撮影を担当したアルフィオ・コンチーニ、ロビー・ミューラーによる流麗な映像も美しい。1995年ヴェネチア映画祭批評家協会大賞受賞作品。
   アントニオーニ自身による短編小説を原作にした物語は、胸にひっかかりを与えるに十分なほど欲情的かつ官能的。切ないエロスに溢れていて、フランス映画らしい愛欲の世界が堪能できる。ソフィ・マルソーの大胆なベッドシーンが大いに話題となったが、肉の戯れと呼ぶにふさわしい濃厚な性描写も、感情描写のひとつとして素直に胸を打つ。出演陣もジョン・マルコヴィッチ、ジャン・レノ、イレーヌ・ジャコブなどそうそうたる名優たちが総出演。(茂木直美)

内容(「Oricon」データベースより)

“愛”をテーマにミケランジェロ・アントニオーニ監督が描いたオムニバスムービー。「ありえない恋の話」「女と犯罪」「私を探さないで」「死んだ瞬間」の4部構成。出演はジョン・マルコヴィッチ、ソフィ・マルソー、ジャン・レノ、イレーヌ・ジャコブほか。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

どのストーリーもコンパクトにまとまった小編といった趣である。第四話 「エクス・アン・プロヴァンス」のイレーヌ・ジャコブの控えめな演技が光る。夜の薄明かりの中、雨、噴水、といった背景の冷たさが画面をぼんやりと覆う。ヴァンサン・ペレーズが控えめな彼女に惹かれる気持ちがよくわかる。彼は、なんとか糸口をつかみたいと彼女を誘うことに固執する。最後に彼女が彼を受け入れられない理由が「一言で」説明される。それを見た視聴者は、余りにヨーロッパ的なラストの展開を「受け入れる」か、こんなことありえない、と「否定するか」どちらかだろう。おそらく少しでも仏文学に触れたことのある人には、理解できると思う。久々に心が動かされた。と同時に人に薦めるのは難しく、好みが分かれる作品だと感じた。名優ジャンヌ・モローとマルチェロ・マストロヤンニが映画のストーリーとは無縁のシーンで登場するのはご愛嬌といったところか。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
北イタリアの風景が美しい。オムニバスだがどれをとっても秀逸な作品にしあがっている。何度観ても新たな感激を覚える。
最高のヨーロッパ映画の一つ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
痛快ハリウッドムービー好きの方には???だと思います。ヨーロッパの抒情詩的な映画が好きな方には是非お勧めです。特にイタリア・フランスが大好きな私には珠玉の一本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告