愛のむきだし [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

愛のむきだし [DVD]

5つ星のうち 4.0 167件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,616
価格: ¥ 4,344 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,272 (23%)
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • 愛のむきだし [DVD]
  • +
  • 冷たい熱帯魚 [DVD]
  • +
  • 地獄でなぜ悪い スタンダードエディション [DVD]
総額: ¥9,537
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 西島隆弘, 満島ひかり, 安藤サクラ, 尾上寛之, 清水優
  • 監督: 園子温
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2009/07/24
  • 時間: 237 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 167件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002AE5A7M
  • EAN: 4527427644182
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,163位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介


キリスト教、罪作り、盗撮、アクション、カルト教団、三角関係、女装、脱出・・・。
世界が認めた衝撃のエンターテインメント超大作(&問題作)
237分の衝撃─。実話をベースに描く、無敵の“純愛”エンターテインメント


☆第59回ベルリン映画祭フォーラム部門 国際批評家連盟賞&カリガリ賞 W受賞
☆第9回フィルメックス“アニエスベー・アワード”(観客賞)受賞

4時間に及ぶ本編は2枚組+ 特典DISC


【特典映像】
●園子温監督と共に「愛のむきだし」の秘密を巡る冒険に出よう!(未使用シーン&ドキュメンタリー)
●喜怒哀楽!本田ユウのイメージアルバム(全表情イッキ見)
●踊れ!ヨーコのイメージアルバム(ヨーコの未使用シーン)
●謎の女コイケを未使用シーンで解明する試み(コイケの未使用シーン集)

●本田テツの日曜日説教集
●0教会幹部、宮台真司氏の説教のすべて
●追悼 大口広司氏に捧ぐ
●メイキング
●舞台挨拶&対談
●予告編
●スタッフリスト


【ストーリー】
幼い頃に母を亡くし、神父の父テツと二人暮しのユウ。理想の女性“マリア”に巡り合うことを夢見ながら、平和な日々を送っていた。
しかしテツが奔放な女サオリと出会ってから生活が一変。やがてサオリがテツのもとを去ると、テツはユウに「懺悔」を強要するようになる。父との繋がりを保つために盗撮という罪作りに没頭していくユウ。
そんな彼はある日、罰ゲームで女装している最中に、ついに理想の女性ヨーコと巡り合う・・・。

【キャスト&スタッフ】
キャスト:西島隆弘 満島ひかり 安藤サクラ 渡辺真起子 渡部篤郎 ほか
原案・脚本・監督:園子温 主題歌:ゆらゆら帝国

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『自殺サークル』の異才・園子温が実話をベースに“真実の愛”を描く237分の純愛エンタテインメント。敬虔なクリスチャン一家に育ち、気付けば天才的な盗撮のカリスマとなっていたユウ。そんなある日、彼は運命の女・ヨーコと出会い恋に落ちる。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 dk 投稿日 2016/2/21
形式: DVD
好み・意見はわかれるでしょうが、名作です。園子温監督の作品はこれが初めて。彼の作品を見ずに日本映画に批判的だった自分を恥ずかしく思います。
品のいい映画ではありません。パンチラ、オナニーシーンが登場し、血が飛び散るシーンもあります。前半は「失敗作品かな・・・」と思って見ていたのですが、主人公の男性・ユウが、宗教に洗脳された愛する人・ヨーコを救おうとする中盤以降から、ぐいぐいと引き込まれます。最後のシーンは不覚にも涙が出てしまいました。
ユウとヨーコ。結ばれる運命にあるはずなのに、大きなすれ違いが続く。ユウが洗脳されたヨーコをバスに監禁して過ごした数日間で、2人の思いは近づきます。しかし、それも引き裂かれ一度は残酷な結果が待ち受けるのですが・・・。ヨーコを演じた満島ひかりは渾身の演技です。下品なこの映画の質を飛躍的に高めたのは、彼女の真剣な演技だと言えます。ユウ役の西島隆弘の演技も終盤で冴えます。そして、2人を妨害する新興宗教信者のコイケを演じた安藤サクラの不気味な演技も秀逸です。
園監督によるこの下品でぶっとんだストーリーを真剣に演じ、海外映画祭で受賞するまでの名作に引き上げた俳優陣に心から敬意を表します。
女性にすすめるのは気が引けますが、最後は「ああ見て良かった」と思える映画です。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
夕方、16時くらいから鑑賞したが、見終わったのが、
20時くらい。すっかり暗くなり、ほぼ脱力して放心状態が続いた。
みなさん、書かれているが、4時間という時間を感じさせないくらい、
テンポが良く、前半と後半でリズムも変わる。

主演の西島隆弘、満島ひかりとも、素晴らしい才能だと思うが、
特に驚いたのは、奥田瑛二と安藤和津の娘、安藤サクラ。
憑かれたような気味の悪い演技は、若手では傑出している。
正直、胸糞悪くなり、吐き気がするほど、気味が悪かった。もちろん、良い意味で。

本当にひたすらB級映画路線を猪突猛進していくが、
『愛のむきだし』というタイトルそのままに、
まったくブレることのない、ひたむきで、むきだしの愛に、
完全に打ちのめされる。

私は友人とこの映画を観たが、友人は敬虔なカトリック教徒であるため、
かなり複雑な感情を抱いたようである。
私は素直にこの映画に好感を抱いたが、友人はテーマの深さや
コリント使徒への手紙の引用に同意はしながらも、
この引用は他の映画などでも頻繁に用いられるといって、
安易な引用は辞めて欲しいと言っていたが、カトリック教徒ではない私には
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 salasala 投稿日 2015/10/11
形式: DVD
ナニ、コレって感じ。バカバカしいような切ないような、なんとも言えない感情の揺さぶり。映画って自由だな。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 案山子 VINE メンバー 投稿日 2010/5/3
形式: DVD
 3時間57分と確かに長いが、それなりの吸引力はある。特に前半(Disc1)は展開もスピーディーで、次々に出てくる一癖も二癖もある登場人物たちに引きつけられた。一つには西島隆弘の嫌みのない演技が大きい。イケメン俳優にありがちな気取りが感じられないので、癇に障るということもない。そしてもう一つ、満島ひかりの登場で勝負は決まった。単なるアイドル崩れには決して出せないオーラがあり、まさにユウにとっての「マリア様」である。「デスノート」や「少林少女」ではノー・チェックだった自分の見る目のなさが情けない。
 後半(Disc2)になるとやや失速。ヨーコを拉致してマインドコントロールを解こうとする場面やユウが宗教団体ゼロに乗り込んで洗脳されたように見せかけてヨーコを探す場面は冗長という気がしないでもない。
 あれこれ盛り込んだ社会性のあるテーマを消化できたかどうかは微妙なところだが、ラストに関しては個人的に満足。4時間近く付き合って西島隆弘と満島ひかりに惚れ込んでしまったので、めでたし、めでたしで幸せな気分になることができた。
 キャストについても、渡部篤郎を除いて頻繁にテレビで見る顔ぶれでなかったことも独特の世界を築くことに成功した一因。安藤サクラも妙な色気があって魅力的だった。園子温監督の作品は初めて見たが、次回は直球勝負の作品を見てみたいものだ。
コメント 63人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック