通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
愛と欲望の雑談 (コーヒーと一冊) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品になりますので、多少のヤケ、傷み、スレ、キズ、シミ等はございます。掲載されている表紙と異なる場合がございます。また、店舗でも販売しておりますので、売切れの際は返金いたします。ご了承ください。 478552
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

愛と欲望の雑談 (コーヒーと一冊) 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/25

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,080
¥ 1,080 ¥ 800

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愛と欲望の雑談 (コーヒーと一冊)
  • +
  • まじめに生きるって損ですか?
  • +
  • 東京を生きる
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 128pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

女性性とうまく向き合えない自身を描いた『女子をこじらせて』で、世の女性の心を鷲掴みにしたライター・雨宮まみさん。
日常に転がる「分析できないもの」を集めた『断片的なものの社会学』で、社会学の新たな扉を開いた岸政彦さん。
活躍する分野も性格もまったく違うお二人による「雑談」、もう、止まりません!

私たちはときには譲り合うことなく対立しながらも(例・浮気の是非)、他者を信頼したい、他者とともに在りたいという思いについては、共有していたと思う。――「あとがき」より

著者について

雨宮まみ
あまみや・まみ
ライター。エッセイを中心に書評などカルチャー系の分野でも執筆。著書に『女子をこじらせて』(幻冬舎文庫)、『まじめに生きるって損ですか?』(ポット出版)など。

岸政彦
きし・まさひこ
1967年生まれ。社会学者。龍谷大学社会学部教授。研究テーマは沖縄、被差別部落、生活史。著書に『街の人生』(勁草書房)、『断片的なものの社会学』(朝日出版社)など。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 96ページ
  • 出版社: ミシマ社 (2016/8/25)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4903908801
  • ISBN-13: 978-4903908809
  • 発売日: 2016/8/25
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,340位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
社会学者の岸政彦さんと、ライターの雨宮まみさん(『女子を
こじらせて』の著者)の対談本です。
96ページしかないのでサラッと読みおわっちゃうかなと
思っていましたが、中身は濃厚でものすごく読み応えが
ありました。

愛と欲望についての話はもちろんですが、日本人はなぜ他者を
信頼できないのか、恋愛を個人のコミュニケーションスキルに
任せてしまっていいのか、女性が女性に対して抱く(性的な
眼差しとは異なる)「好き」に対しての世間の了見は狭い
といった話など、今の日本社会が垣間見えるような示唆に富んだ
内容になっています。

一方、「ポエム葬」や、ウェディングドレスのエピソード、濃いすね毛
の話などには思わずニヤリとしてしまいました。

本全体を通して、「他者への関わりかた」について深く
考えさせられたのですが、雨宮さんの言葉で、「不景気になって、
みんなが貧しくなっていくなかで、楽しいことって、もう後は
人間関係だと私は思うんですよね。お金がなくても、誰かが家に来て
しゃべっていたら楽しいじゃないですか。何人かでテレビを
見ているだけで幸せというか…」という言葉に、本当に
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
岸政彦さんと雨宮まみさんの対談。薄くてさらっと読める。
クスって笑える話がありながらも、
うわーーって感情が揺さぶられる?ような話題もあって、いい本でした。
お二人とも視点があたたかくて、いい。

本は、紙質も装丁もよくて、角丸で温かみがあります。
中の栞も可愛くて素敵です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告