通常配送無料 詳細
残り18点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書) 新書 – 2014/5/16

5つ星のうち 3.7 26件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
新書
"もう一度試してください。"
¥ 907
¥ 907 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愛と暴力の戦後とその後 (講談社現代新書)
  • +
  • 東京プリズン (河出文庫)
  • +
  • モテたい理由 (講談社現代新書)
総額: ¥2,679
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

《国のかたち》が揺らぐいま、必読の日本論!
この国の現代史を理解するための、はじめの一冊

あの敗戦、天皇、アメリカ、憲法、安保闘争、バブル、オウム事件、そして3.11……

誰かが何かを忘れようとしていた。
誰もが何かを忘れようとしていた。

『東京プリズン』の作家が、私たちが消してきた記憶をつむぐ。


【推薦! 驚愕!】

いまの時期にこそふさわしい、戦後社会と民主主義について深く検討する本――高橋源一郎氏

日本とは何か。お前は何者だと、問い詰めてくる。驚愕し、恐怖して読み終わった。こんな本は初めてだ――鈴木邦男氏


【目 次】

プロローグ 二つの川
第1章 母と沈黙と私
第2章 日本語は誰のものか
第3章 消えた空き地とガキ大将
第4章 安保闘争とは何だったのか
第5章 一九八〇年の断絶
第6章 オウムはなぜ語りにくいか
第7章 この国を覆う閉塞感の正体
第8章 憲法を考える補助線
終 章 誰が犠牲になったのか
エピローグ まったく新しい物語のために


【まえがき】

「これは、研究者ではない一人のごく普通の日本人が、自国の近現代史を知ろうともがいた一つの記録である。
それがあまりにわからなかったし、教えられもしなかったから。
私は歴史に詳しいわけではない。けれど、知る過程で、習ったなけなしの前提さえも、危うく思える体験をたくさんした。
そのときは、習ったことより原典を信じることにした。
少なからぬ「原典」が、英語だったりした。

これは、一つの問いの書である。
問い自体、新しく立てなければいけないのではと、思った一人の普通の日本人の、その過程の記録である。

内容(「BOOK」データベースより)

なぜ私たちはこんなに歴史と切れているのか?『東京プリズン』の作家がこの国の“語りえないもの”を語る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 304ページ
  • 出版社: 講談社 (2014/5/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062882469
  • ISBN-13: 978-4062882460
  • 発売日: 2014/5/16
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 234,167位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
小説『東京プリズン』を読んで、この著者に興味を持った。アメリカのハードボイルド作品のような、きびきびとしたリズムを持った文体。それでいて、カナ文字の多用はせず、語感のよい日本語の選択がなされるなど、文章を読んでいるだけで心地良さを感じさせられた。他方、戦後のタブーとされる問題を取り上げ、著者独自の展開には圧倒させられた。展開の突飛さには、ついていけないほどだったが、発売当初に複数のメディアでなされた書評とは、まったく違う感想を持った。多くの書評がミスリードだった気がしたからだ(僕の読解力が乏しいだけかもしれない)。

だから、著者の新作を楽しみにしていた。一読しての感想になるが、東京プリズンでも見られた著者の戦後課題がしっかり取り上げられている。
「天皇の戦争責任」、「戦後憲法」、「過ちは繰り返しませんと言いつつ本質的な問題には蓋をして総括していない」等々。

ただ、これらの問題を取り上げるだけなら、すでに多くの戦後史研究者やジャーナリストが著述、発表していることであり、門外漢(専門外)である著者に、学術的、科学的な仮説を期待しても期待外れに終ってしまうだけだろう。この作品の面白さは、小説・東京プリズンがそうであったように、著者ならではの独特な感性をもとにした取り上げ方につきると思う。
元々メルマガだったものを土台に書き直
...続きを読む ›
コメント 33人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
大いに共感できる部分とそこまで言ってしまうのは大丈夫?と思う部分と
複雑な感覚を醸し出すものの、ごく個人的には良書だと感じる。団塊より下の世代が抱える
学生運動などに対する隔靴掻痒感(そこに何かあったはずなのに社会的に語られず親たちも
教えようとしないもの)を的確に言葉にしてくれていると感じる。
著者はほぼ同世代、「戦争を知らない子供たち」を兄姉が歌い 聴くのを意味もわからず
耳にしていた年代かと。そしてバブル時代に青年期を過ごし失われた20年を社会人として生き
50代に突入するかしないかという頃か。何度か読み返したがその度に感じるシンパシーは
同時代を生きてきた/生きている者としてこの言説を支持したくさせる。批判はあろうが
大いに結構。ここに語られているような話が喧々諤々議論されるような母国であってほしく思う。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
たぶん、この本を理性だけで読もうとしたら、低い評価しか付けられないでしょう。原因と結果が1:1で対応している、という「客観的・科学的論文」を期待している人には、この本はそもそもお勧めしません。
この本で描かれているのは、そのような「客観性・科学性」なるものの限界とうさんくささを疑い、それ以外の方法で日本の第二次世界大戦後の世界を描き直そうとしています。その際、主軸になるのが、赤坂真理さんという一人の生身の人間の直観と、自らの経験や身体性、「おかしい」「変だ」という違和感です。
このような身体感覚に直結した直観で、戦後史を描き直すことは、小説家だから可能だったのかもしれません。でも、内田樹さんも、赤坂さんと同じような方法論で、独自の分析を加えています。お二人の著作は、凡庸な論理性・客観性を超え、深層の普遍性に通じる何か、を感じます。
世の中を「したり顔」で「わかったふり」をせず、本気で驚くこと。その驚きを元に、自分の頭から、原典を読み直して、考え抜くこと。他人の言葉に左右されず、自分の直観を信じること。そのプロセスを通じてしか、「わたし」にとっての「戦後」は、振り返り、かみしめることは出来ない。そんな読後感を持ちました。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 戦後のアメリカに対するアンビバレントな構えを総括する必要があるという観点から読んでみたもの。まず、論評では論理と感情は混ざってはいけないが小説ならそれができるといい、本書も戦後日本社会の研究書ではなく随筆的なもの。そのぶん深層心理的な意味付けにも言及できるわけである。
 その中でも、我々は過剰な訳語をつくって過剰に反応しているのではないか、市民革命がなかった日本の武士の残影と日本軍、「他者の欲望を自らの欲望として他者に書かれること」などは面白い視点だった。
 高度経済成長期末期やYMOの話も懐かしく保守や日本という物語への問いも興味深いが、ただ、既に述べたように研究書ではなく著者の内面の投影でもありもともと科学のような客観性を問題にしていないのは織り込み済みであるから、そのつもりで少し軽い気持ちで読まないといけない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー