通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
愛と怒りの行動経済学:賢い人は感情で決める がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 エブリ堂
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: アマゾンのガイドライン基準にて販売させていただいております。帯は原則としてはございません。■こちらの商品は、メール便(追跡機能がございません)で発送予定でございます。あらかじめご了承ください。ゆうメールやDM便にて配送させていただいておりますが、局留は配送トラブルをさけるため受け付けておりませんのでご了承ください。配送は土日祝日においては配送されないこともございますので到着が注文確定から商品到着まで最長3から7営業日を要する場合がございます。また値札ラベルがあるものの販売をしている商品もございますので、そちらについてはあらかじめご了承くださいませ。住所間違いによる返品、決済後既に配送した後のキャンセルにつきましては発送後の返金は送料はお客様負担となりますが、商品返却後商品代金のみの返金させていただきます。ご住所はお間違いのないようにご確認をよろしくお願いいたします。※配送業者によっては宛名が不明の際は到着が遅れたり、届かない場合がございますので十分にご注意くださいませ。48時間以内に発送をとらせていただいております。誠意のある対応を心がけておりますのでよろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

愛と怒りの行動経済学:賢い人は感情で決める 単行本(ソフトカバー) – 2017/3/23

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,902

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愛と怒りの行動経済学:賢い人は感情で決める
  • +
  • 成功する人は偶然を味方にする 運と成功の経済学
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

依田高典氏(京都大学経済学部教授)推薦
「人間は、感情と理性のあいだで揺れる振子。
最新のエビデンスに基づき、気鋭の行動経済学者が描き出す、
進化論的合理性の摩訶不思議! 」

ダン・アリエリー氏(『予想通りに不合理』)推薦
「本書『愛と怒りの行動経済学』でエヤル・ヴィンターは、
私たち自身がときに自分でももてあます怒りや妬みといった感情が、
思いもよらず有用であることを教えてくれる。
本書を読んだあとであなたが怒りっぽくなくなるかといえばそんなことはないが、
自分の感情の形作られる焦点がはっきりするはずだ」

ケネス・アロー氏(ノーベル経済学賞受賞者)推薦
「ヴィンターは、従来の合理性分析が説明のつかない部分を少なからずかかえており、
したがって十分なものではないことを明快に示す。
彼の文章は気さくで型にはまらず、しかも厳密だ。
自分の家族のエピソードがシームレスに、彼自身の功績である研究論文の引用にすんなり続いていく」

アルヴィン・ロス氏(ノーベル経済学賞受賞者)推薦
「著名なゲーム理論家であり行動経済学者であるエヤル・ヴィンターは、
大いなる情と共感をもって、合理性と感情についての解説をものした」


行動経済学は行動主体たる人間の感情の役割をクローズアップしたがために注目を浴びた。
しかし本書の著者はこう言う――行動経済学のこれまでの成果は往々にして、
愛や怒り、ねたみといった感情をもっぱら合理的な意思決定から人を遠ざけるものとばかり位置づけてきたが、
それは悲観的に過ぎるというものだ。感情は合理的な側面もそなえていて、
われわれにさまざまな利益をもたらしてくれるのだ。ゲーム理論と進化論とに注目し、
「意外と賢い感情」の実例をさまざまな実験と、自らのコミュニティーでの出来事とを照らし合わせることにより
ビビッドに説き明かす。歴代ノーベル経済学賞受賞者が絶賛する、行動経済学の新たな収穫。

内容(「BOOK」データベースより)

行動経済学は行動主体たる人間の感情の役割をクローズアップしたがために注目を浴びた。しかし本書の著者はこう言う―行動経済学のこれまでの成果は往々にして、愛や怒り、妬みといった感情をもっぱら合理的な意思決定から人を遠ざけるものとばかり位置づけてきたが、それは悲観的に過ぎるというものだ。感情は合理的な側面もそなえていて、われわれにさまざまな利益をもたらしてくれるのだ。ゲーム理論と進化論とに注目し、「意外と賢い感情」の実例を多様な実験と、自らのコミュニティーでの出来事とを照らし合わせることにより、ビビッドに説き明かす。ケネス・アロー、ロバート・ルーカス、アルヴィン・ロスら歴代ノーベル経済学賞受賞者が絶賛する、行動経済学の新たな収穫。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 312ページ
  • 出版社: 早川書房 (2017/3/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152096764
  • ISBN-13: 978-4152096760
  • 発売日: 2017/3/23
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.2 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,634位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版
人間は生きて学べても数十年経ってやっとそこそこ合理的と言われる判断が下せるようになるらしいが、彼等もまた合理的な判断ではなく直感によって予測してきた出来事に大きく価値を見出している。

考えてみれば生きる上での生物学的遺伝などは生きてから死ぬまでの数十年という経験レベルでは会得できない程に計り知れない年期の積み重ねで更新されてきた直感だけに多くの危機感や決断において私達が必要とする行動を瞬時に起こさせてくれる。

勿論、私達が予期しない結果をもたらしもするが本書を読めばあながち世間が言う程の直感イメージは禁欲主義と結びつき多くのことで当てにならないような感覚だがそうではなくとても重要で耳を傾ける時やそれを誤った理解に解釈しないことが大きく人生で利益を生み出してくれるものだと分かる良書である。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
適切に怒ることは、適応上有利である…。
我々の感情が、「大筋において」は生存戦略として適応的であり、それゆえ進化の中で獲得されてきたということを、本書は説得力を持って説明してくれる。
理論的説明と並行して語られる豊かな挿話が理論を生き生きと裏付けていて、質の良い寓話集を読んだときのような読後感がある。願わくは、もう少し廉価であれば言うことなかったのだが…。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告