愛すべき未来へ【初回生産限定盤】 がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、表紙に擦れなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて迅速に発送いたします。 521842
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,347
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: イーブックスパイダーFBA支店:新品のCD・DVD・DVDBOX等を販売
カートに入れる
¥ 1,348
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: 楽笑堂
カートに入れる
¥ 1,500
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: どらどら屋
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

愛すべき未来へ【初回生産限定盤】 CD+DVD

5つ星のうち 3.4 161件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,980
価格: ¥ 1,350 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 4,630 (77%)
ポイント: 39pt  (3%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、★クリスマス商品は是非!古本★おもちゃ箱 ネット事業部★土日祝日も、迅速に発送いたします。が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の EXILE ストア

ミュージック

EXILEのアルバムの画像
EXILEのAmazonアーティストストア
120 点のアルバム、その他の情報をチェック。

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愛すべき未来へ【初回生産限定盤】
  • +
  • 願いの塔(AL2枚組+DVD2枚組)
  • +
  • EXILE LOVE(2DVD付)
総額: ¥5,915
ポイントの合計: 39pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2009/12/2)
  • ディスク枚数: 4
  • フォーマット: CD+DVD
  • レーベル: エイベックス・エンタテインメント
  • 収録時間: 71 分
  • ASIN: B002TG2XBC
  • EAN: 4988064464456
  • 他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 161件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 33,743位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. Someday
  2. SHOOTING STAR
  3. Your Smile
  4. 優しい光
  5. If ‾I know‾
  6. Ti Amo
  7. ふたつの唇
  8. A leaf ‾陞コ譌狗憾縺ョ繧オ繝ィ繝翫Λ‾
  9. Heavenly White
  10. THE NEXT DOOR
  11. FIREWORKS
  12. GENERATION
  13. Angel
  14. forever love
  15. 諢帙☆縺ケ縺肴悴譚・縺ク

商品の説明

内容紹介

EXILE、2年振りのオリジナルアルバム!
『第50回 輝く!日本レコード大賞』日本レコード大賞受賞曲『Ti Amo』から最新シングルメイン曲『ふたつの唇』まで、新曲多数含む全15曲入り!
初回限定盤のみ、新曲『夢見るようなクリスマス』をはじめ、今回新たにリアレンジを施したEXILE歴代の名曲のクリスマス・アレンジ・バージョンなど豪華7曲を収録した『EXILE CHRISTMAS』付き!


【動画視聴】
Message from EXILE
TV-SPOT「愛すべき未来へ」


【楽曲試聴】
1. Silent Night
2. 夢見るようなクリスマス
3. Lovers Again
4. HOLY NIGHT
5. I Believe
6. LAST CHRISTMAS
7. 愛すべき未来へ(オルゴール・バージョン)

メディア掲載レビューほか

5.If ~I know~
優しいピアノの旋律で幕を開ける美しいバラードナンバー。
つぶやくように歌うモノローグ的なアプローチが印象的で、自分の夢と恋愛の間で揺れる男の切ない思いが、静かに、そしてドラマチックに表現される。
ブリッジセクションで聴かれる女性コーラスは最新シングル「ただ一つの願いさえ」も好評のLDH所属アーティスト、LoveのMISAKIが担当。

6.Ti Amo
『第50回 輝く!日本レコード大賞』日本レコード大賞に輝いたEXILEの代表曲。
EXILE史上に残る名曲"Lovers Again"を手がけた松尾潔・Jin Nakamuraコンビによるミディアム・バラードの傑作である。
"叶わぬ恋"をテーマに女性の目線で書かれた切ない歌詞は世代を越えて、ラブソングのクラシックとしてこれからもずっと歌い継がれていくだろう。
今回、日本を代表するギタリスト今剛によるスパニッシュギターのイントロが加えられ、よりドラマチックな作品に仕上がっている。

7.ふたつの唇
挿入歌だったデビュー曲"Your eyes only ~曖昧な僕の輪郭~"以来の月9ドラマということで、EXILEメンバーが総力を挙げて制作した渾身のナンバー。
"Lovers Again" "Ti Amo"に続く、松尾潔・Jin Nakamuraコンビによる「踊れるバラード」で、ツインボーカルでしか表現できない交互にたたみかけていくような歌唱スタイルが
スピード感あふれるアレンジと相俟って、"切ない恋"を男らしく歌い上げてみせる。

8.A leaf ~螺旋状のサヨナラ~
現在のUS R&Bシーンのトレンドである4つ打ちトラックが紡ぎ出す疾走感に載せて、初冬の切なさを感じさせる哀愁あふれるメロディーが心に迫るアップナンバー。
ATSUSHIとTAKAHIROのファルセットを多用した歌唱が「切なさ」をより感じさせ、秋元康の手によるポエトリーな歌詞世界を的確に伝えてくれる。 --【楽曲試聴 & 楽曲解説】

9.Heavenly White
"優しい光"という傑作をものにしたばかりの春川仁志が本アルバムのために書き下ろしたミディアムナンバー。
小竹正人による切ない男の恋心を描いた歌詞を、流麗なピアノがこの上なく美しいミッドグルーヴに載せてATSUSHIとTAKAHIROが情感たっぷりに歌い上げる。
ブリッジセクションでのたたみかけていくような歌唱は本作がEXILE史上に残る名曲となることを約束する名演である。

10.THE NEXT DOOR
今年の「EXILE LIVE TOUR 2009 "THE MONSTER"」において、ハリウッド映画クラスのCGを駆使したオープニング映像を受けてド派手な特効を使って1曲目にパフォーマンスされたのがこの曲。
ハードエッジなギターサウンドが交錯するロック・テイストあふれるサウンドとスピード感みなぎる楽曲で、いま正に新たな扉を開けようとしているEXILEの思いを熱く表現している。
あの24karatsを書いたSTYによる作品。

11.FIREWORKS
とてつもなくド派手なビデオクリップも話題になった今年のEXILEのサマーアンセム。
昨年レコーディングでアトランタのGIANT SWINGのスタジオを訪れた際にATSUSHIとTAKAHIROがデモを聴いて「ひと聴き惚れ」したという本作は、
ソリッドなR&Bトラックに吉田兄弟の三味線をフィーチャーした和と洋が見事に融合したダンスナンバーに仕上がっている。
フィーチャリングのDOBERMAN INCの男気あふれるラップも魅力たっぷり。

12.GENERATION
2代目J Soul Brothersのアルバム・リード・トラックとして制作された楽曲を
ATSUSHI、TAKAHIRO、NESMITH、SHOKICHIによる初の4人ボーカル曲として新生EXILEの第1弾シングル「THE MONSTER ~Someday~」に収録したもので、
24karatsを手がけたBACHLOGICによる最新モードのエレクトロR&Bトラックのクオリティーは世界レベルだ。
Kenn Katoが書いた歌詞にEXILEの過去の作品 --【楽曲試聴 & 楽曲解説】

13.Angel
第1章のころからEXILEの名曲を数々手がけてきた原一博の作品。
90年代のBabyfaceサウンドを彷彿させるようなキラキラしたエレピが印象的なバラードナンバーで、ATSUSHIが歌詞を書いている。
"GENERATION"、"FIREWORKS"に続いて、ATSUSHI、TAKAHIRO、NESMITH、SHOKICHIの4人でボーカルを担当し、愛する者への素直な思いを4人それぞれのアプローチで歌い上げてみせる。
このボーカルプロダクションはATSUSHIのプロデュースによるものだ。

14.forever love
今年のツアーバンドのパーカッションを担当していたArno Lucasから提供された作品で、ATSUSHIが1人で歌唱したバラードナンバー。
これから結ばれようという二人の誓いと願いを歌ったブライダルソングともいうべき歌詞はATSUSHI本人によるものだ。
ゴスペルクワイア的なコーラスを従えて歌い上げるATSUSHIのボーカルはここで明らかにネクストステージへと昇華した。
言葉のひとつひとつに魂を込めて伝えていくかのような歌唱は本当の意味でのソウルフルを体現している。

15.愛すべき未来へ
このアルバムのタイトルトラックとなる本作は、岸谷五朗と寺脇康文が主宰する地球ゴージャスプロデュース公演の主題歌ということで、
岸谷五朗が舞台用に書いたストーリーからインスパイアを受けてATSUSHIが歌詞を書き上げた壮大なバラードナンバーだ。
これからの世界を担っていく次世代に何を残し、伝えていけるか、という大きな 命題を掲げたメッセージは、広く社会貢献できるアーティストを目指すEXILEの重要なテーマでもある。 --【楽曲試聴 & 楽曲解説】

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 発売前のアルバム内容を見てまたか・・って思ってはいたのですが、全22曲中ボーナス盤を含め本当の純な新曲は僅か5曲、なんでいつもシングルや歌い直しを含め同じ曲を何回も何回もアルバムに入れるのでしょうか・・。
 
 現在はきっと歌手以外のエンターテイメント的な他の活動が多く、曲作りやレコーディングに専念出来ないのかも知れませんね。
 
 今回初めて聴く新曲はゆっくりとした冬にあったいい曲だったと思ったので余計に残念で仕方有りません。

 是非次回は曲数や特典等でアルバムの価値を見いだすのではなく少し考え方を変えて頂き、22曲もの曲数や歌い直しや他の方のカバー、得点DVDやCDはいらないので新曲が10曲くらい入った内容の濃い皆さんが納得するようなアルバムを期待します。
 
 現在は勢いがあるので何をしても何となく成功し売り上げも上がるしみんながついてきてるように錯覚し、ご本人達は楽しんでやっているようですが、現在のような歌手以外のエンターテイメント的な活動やこのようなアルバム内容ではいつか必ず飽きられる日が来ると思います。

 EXILEもファンもどんどん歳を取ります。そのことを考えその日を少しでも遅らせるにはファンの気持ちを汲み、自分たちの自己満足だけで活動するのでなくファンの気持ちを
...続きを読む ›
コメント 187人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
EXILE、大好きなんですが、今回のアルバムは、ちょっとがっかりかな。CDは新曲のほうが少ないし、DVD1のPVはシングルに入っていたものがほとんど…。メイキングは楽しめましたが。昨年ベスト盤ばかりだったので、すごく期待してました。DVD2のツアーファイナルは自分もいたので、感動がよみがえってよかったのですが、EXILE LOVEに付いていたDVDに比べて、物足りなかった。短かったし…。
どなたかも書いていらっしゃいましたが、歌以外の個人活動が多すぎて、時間がないのかもしれないですね。確かに、それぞれエンタテイメントを追求するのは結構ですが、ファンが一番求めているのは、やはり歌なんです。それをおろそかにしてまで、個々の活動が必要なのか、EXILEというバックボーンを取り外してどこまで受け入れてもらえるのか、いったん立ち止まって考えてみてもいいのではないでしょうか。
それから、いろいろ意見はあるかと思いますが、私はPVはドラマ仕立てより、メンバーが見たいです。CDだけなら、ヴォーカルだけがいればよい。EXILEはパフォーマーあってこそEXILEなんでしょう?ヴォーカルと同じように楽曲の表現者なんですよね?パフォーマンスも見たいから、DVD付きを買っているのです。
ドラマ仕立てにしたいなら、アルバムかシングルどちらか一方でやって、一方はパフォーマンスにして
...続きを読む ›
3 コメント 97人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
程度の低い事書きます。ゴスペラーズ、東方神起みたいにハモリに力を入れてみればいいんじゃないかな?
Vocalが4人もいるのに勿体無い!そういえばColorもボーカルグループでしたよね。被るから避けてるのかな?
今のスタイルだとジャ○ーズとあまり変わらない気がする・・・
JSB本人たちはライヴで栄えるからいいらしいので・・・そこで満足している感が漂っている・・・
それでいいのか!?
1 コメント 72人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ねこさん 投稿日 2009/12/10
形式: CD
何人かの方が書かれているとおり、Ballade系が多いのは冬だからでしょうか?
歌詞もメロディも歌い方も少しきれいにまとまりすぎているような気がします。
女性受けを狙いすぎているような・・・。
もっと、昔のようにはじけまくっていたり突き抜けていたりする曲があるほうが私は好きです。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
今回のアルバム、12月という事もあり、バラード曲が多かったです。
EXILEといえば、アップテンポのかっこいい曲!…ってのが好きなんですが。

バラードも、たまに聞くくらいなら好きなんですが…今作みたくバラードで押してくるのは、考えものです。

問題は選曲!
Ti Amo?いったい、いつの曲を入れてんだよ?!…って、感じです。
人気もあるし、嫌いではありません!
しかし、一年以上前に発売され…バラードベストにも入れた曲を、今更オリジナルに収録?
Ti Amo人気に頼りたいって考えが見え、好ましくありません。

今回の選曲、EXILEは革命を合言葉に歌手活動してると言ってましたが…革命(新しい何か)と言う言葉に反して、新しい形の曲じゃなく…一般受けしそうなバラード曲ばかりを並べた、安直な選曲でした。
コメント 52人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す


フィードバック