通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
愛しのオクトパス――海の賢者が誘う意識と生命の神秘... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●ページは良好な状態です。●カバーなどの外観は、中古のため多少の使用感や擦れ、ヨレ、細かな傷があることがありますが、良好です。●帯なし
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

愛しのオクトパス――海の賢者が誘う意識と生命の神秘の世界 単行本 – 2017/2/17

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2017/2/17
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,798
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愛しのオクトパス――海の賢者が誘う意識と生命の神秘の世界
  • +
  • 貞観政要 ビギナーズ・クラシックス 中国の古典 (角川ソフィア文庫)
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

心臓は三つ、退屈が大嫌い、生涯で一度だけ恋をする。
私はタコ。あなたは誰?

タコほど人間とかけ離れた動物はそうそういない――タコについて専門的な知識もほとんどなかった著者は、ある日ボストンの水族館で1匹のタコと出会う。アテナ、オクタヴィア、カーリー、カルマ……個性豊かなタコたちと、八本の腕と吸盤を通して交流を重ねるうち、著者は他者なるものが持つ「もうひとつの知性」の可能性を感じ始める。

愛すべきタコたちと彼らを取り巻く人々との思い出を綴った、2015年全米図書賞・ノンフィクション部門最終候補作。

カバーイラスト:望月ミネタロウ
装丁:五十嵐哲夫

内容(「BOOK」データベースより)

タコほど人間とかけ離れた動物はそうそういない―個性豊かなタコたちとの交流を通じて見えてきた、“もうひとつの知性”の可能性。愛すべきタコたちと彼らを取り巻く人々との思い出を綴る。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 352ページ
  • 出版社: 亜紀書房 (2017/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750515035
  • ISBN-13: 978-4750515038
  • 発売日: 2017/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 90,809位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
蛸の知られていない、能力の高さを実験を基に書き上げた秀作です😊
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 フォート・リー トップ1000レビュアー 投稿日 2017/3/30
本書は、ナチュラリストが書いたノンフィクション作品です。

著者は、フィールドサイエンスの研究者でもあるのです。

著者たちは、タコの「性格テスト」を行おうと観察を続けています。
タコが大胆か「シャイか」を判断する性格チェックシートを考案したのです。

本書の主役は、タコたち。
彼らの名前は、章の名前にもなっている、アテナ、オクタヴィア、カーリー、そしてカルマ。
メスのオクタヴィアは年老いて老衰、カルマは若い。

場所は、ボストンのニューイングランド水族館。
水族館に住むタコたちの記録です。

タコは、心を持ち、痛みを味わい、夢を見る、という。
愛し、考え、感じ、知るタコ。意識と魂を持っているタコ。

本書の原書タイトルに「タコの魂(The Soul of an Octopus)」と名付ける著者は、
タコにも魂があるはずだ、と確信しているのです。

意識については、
タコをはじめとする多くの生物にも、人間のような意識を生み出す神経基盤がある、
と「ケンブリッジ意識宣言」は明言しているそうです。

「タコの知性」を研究するジェニファー(現在、69歳
...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
『愛しのオクトパス――海の賢者が誘う意識と生命の神秘の世界』(サイ・モンゴメリー著、小林由香利訳、亜紀書房)を読み終わった時、本書の主人公のミズダコたちは得体の知れないぐにゃぐにゃ生物から、親しみを感じる仲間に変身していました。

米国・ニューハンプシャー州のニューイングランド水族館で直に触れ合ったミズダコたちとの精神的、肉体的交流を、タコ大好き人間の著者から、これほど熱く語られたら、強い影響を受けてしまうのは当然と言えるでしょう。

「ミズダコは世界に250ほどいるタコの種のなかで最大で、人間ひとりくらい簡単に負かしてしまうほどの力がある。大きなオス1匹の直径8センチメートルにも満たない吸盤ひとつで13キログラムの重さのものを持ち上げることができ、それがミズダコの場合は1匹で1600個もある。かまれたら唾液と一緒に神経毒も注入され、その毒には肉を溶かす力がある」。「ミズダコは地球上の動物のなかでもとくに成長が早い。コメ粒大の卵から孵化して3年後には、体長も体重も成人男性を上回る場合もある」。

「(雌の)アテナの吸盤たったひとつで、私をクギ付けにするには十分だった――しかも彼女には全部で1600個の吸盤があった。そのひとつひとつがせわしなくマルチタスクをこなしていた。吸い、味わい、つかみ、持ち、引っ張り、放す。ミズダコの
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告