通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
愚者のエンドロール (角川文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 配送は基本的にポスト投函となります。ご住所(表札が無い場合や、表札と荷物の名前が違う場合は返送される場合があります)、メールアドレスの再確認をお願いします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

愚者のエンドロール (角川文庫) 文庫 – 2002/7/31

5つ星のうち 3.8 56件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 575
¥ 575 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愚者のエンドロール (角川文庫)
  • +
  • クドリャフカの順番 (角川文庫)
  • +
  • 氷菓 (角川文庫)
総額: ¥1,828
ポイントの合計: 57pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

お届けする商品の表紙のバージョンが異なることがあります。

君しか、解けない――〈スニーカー・ミステリ倶楽部〉第4弾!

文化祭の準備に追われる古典部のメンバーが、先輩から見せられた自主映画。廃屋で起きたショッキングな殺人シーンで途切れたその映像に隠された真意とは!?ちょっぴりホロ苦系青春ミステリの傑作登場!

内容(「BOOK」データベースより)

「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか?その方法は?だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した!さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2002/7/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404427102X
  • ISBN-13: 978-4044271022
  • 発売日: 2002/7/31
  • 梱包サイズ: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 56件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,512位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
大沢在昌氏の近著によると、ミステリーは小説の中でも最も書くのが難しいらしい上に、
ミステリーを書くには、古典や現代のもの問わず、かなりの数の著作
(本格推理小説やハードボイルド、スパイもの、法廷もの、警察ものと多岐にわたる)を
読み込み、基本的な知識を身につける必要があるとのことだが、
本作はまさにそれを地で行くおはなし。

二年F組有志が、後のことを考えずにシャーロック・ホームズだけを参考に、
脚本の本郷以外が軽い気持ちでビデオ映画の作成に取り掛かってしまったために
内容がグダグダかつ未完成の作品となってしまい、
それを如何にして古典部(特に奉太郎)が『尻拭い』していくかが本作の簡単なあらすじ。

読了後の感想を一言で言うならば、矛盾した言い方ですが、
"Better is better than the best."かと。

最後の最後で、TVアニメーション版を一回観ただけでは分からなかったあることが
暗喩されています。ああ、なるほどね。とんだ食わせ者だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメ化で評判になっていたのと電子書籍というものに興味があったので
スマホにKindleアプリを入れて1巻の『氷菓』とともにKindle版を購入しました。

結論から言いますと、建物の見取り図を見ながら展開するような密室ミステリは
電子書籍ではかなりムリ!ということです。

紙の本では気軽にできる、前のページにある図面や登場人物が動く事件部分を
こまめにチェックしながら本編を読み進める、という方法が電子書籍では難しいのです
不可能ではありませんがかなり手間がかかり、実際ムリでした。

じゃあどうしたのかというと、所有していたAndroidのタブレットPCにもKindleアプリを
インストールし、こちらの端末で図面や前のページを確認しながらスマホで読み進めました、
すごい無駄。

電子書籍で密室ミステリはハードルが高いと思いました。

あ、謎解き部分を自力で解くことに興味がなく、青春群像劇として読みたいという方には
まったく問題無いと思います、いい作品ですよね。
前作『氷菓』も面白かったのでアニメ版も見てみたいですね。

内容は良かったですが読みづらかったので☆4つです(Kindle版の評価です)
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
『氷菓』『愚者のエンドロール』『クドリャフカの順番』『遠まわりする雛』『ふたりの距離の概算』『いまさら翼といわれても』と<古典部シリーズ>を全作品読み終わりました。

本作品『愚者のエンドロール』では、主人公折木奉太郎が途中までしか完成しせず続きのシナリオが”失われた”自主制作映画の前半だけを観て、その中から犯人や犯行トリックの謎解きをして後半のシナリオ完成に貢献するというストーリーです。
折木は与えられた情報から脚本を書いた本郷の真意を読み解くのですが、その際「あなたは特別よ」「自分の才能を自覚するべき」だと依頼人の女帝こと入須先輩にたきつけられます。
しかし、これ以降ネタバレになるので詳細は伏せますが、彼は本質的に見落としてしまった部分があるのに後半の映画は完成し、
それを不満に思う同じ古典部の千反田えるが「私は映画の結末はどうなってもよかったんです」「でも、気になることがあって、それに折木さんの出した結論は応えてくれませんでした」「もし、私が不満に思っているようにみえるなら、それが原因だと思います」と更に謎めいたことをいいます。
だから、この作品の大半のページは入須先輩の依頼に応える折木という流れで進むのですが、最後のどんでん返しでやはり千反田の「わたし、どうしても気になるんです」が核心部分へと話を進めます。
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 アニメの影響もあるけど、やはり推理小説としてより、キャラクターの立った青春小説として読むべきと思う。名探偵役を務めることになる主人公奉太郎にリアリティーがある。文化部系の男子なんて面倒くさがりが基本だから。そうゆう男が女の影響で変わり成長してゆく。これがこのシリーズに一貫したテーマだと思う。
 今巻では、姉や同級生のえるに加えて、上級生の入須が奉太郎に大きな影響を与える。妙な推理合戦に巻き込まれた奉太郎はさほど乗り気ではなさそうだが、結局は卓越した頭脳を発揮して謎を解明する。最後まで面倒くさがりのスタイルは変えないが、いつものえるだけでなく入須の期待に応えようと行動してしまう奉太郎は、少しずつ大人の男に成長しているのだ。
 いずれにせよ今巻のミステリ要素は完全な二番煎じでもあるし、思春期の少年が女の影響で(性的な意味でなく)変わってゆく青春小説として読むべきものだ。私も含めて文化部系の男は奉太郎に共感を覚えるのではないかと思う。えるのような理想的ガールフレンドはいなかったし、何の取り柄もないただの凡人だったとしても。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー