通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
愚者のエンドロール (角川文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

愚者のエンドロール (角川文庫) 文庫 – 2002/7/31

5つ星のうち 3.8 54件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 575
¥ 575 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愚者のエンドロール (角川文庫)
  • +
  • クドリャフカの順番 (角川文庫)
  • +
  • 遠まわりする雛 (角川文庫)
総額: ¥1,945
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「まとめ買い・セット本」
マンガ・絵本・小説・文庫セットなど、新品・中古本をまとめ買いできる。最大10%ポイント還元も。 まとめ買い・セット本

商品の説明

内容紹介

お届けする商品の表紙のバージョンが異なることがあります。

君しか、解けない――〈スニーカー・ミステリ倶楽部〉第4弾!

文化祭の準備に追われる古典部のメンバーが、先輩から見せられた自主映画。廃屋で起きたショッキングな殺人シーンで途切れたその映像に隠された真意とは!?ちょっぴりホロ苦系青春ミステリの傑作登場!

内容(「BOOK」データベースより)

「折木さん、わたしとても気になります」文化祭に出展するクラス製作の自主映画を観て千反田えるが呟いた。その映画のラストでは、廃屋の鍵のかかった密室で少年が腕を切り落とされ死んでいた。誰が彼を殺したのか?その方法は?だが、全てが明かされぬまま映画は尻切れとんぼで終わっていた。続きが気になる千反田は、仲間の折木奉太郎たちと共に結末探しに乗り出した!さわやかで、ちょっぴりほろ苦い青春ミステリの傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 254ページ
  • 出版社: 角川書店(角川グループパブリッシング) (2002/7/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 404427102X
  • ISBN-13: 978-4044271022
  • 発売日: 2002/7/31
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 9,258位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
 古典部シリーズの第二作目です。
 「やらなくていいことはやらない。やらなければいけないことなら手短に」がモットーの省エネ主義の折木奉太郎を主人公としたシリーズです。
 前作で、千反田えるをはじめとして、中学からの腐れ縁の友人、そしてその友人に想いを寄せる女の子と古典部メンバー4人が勢揃いしたこのシリーズ、今回は学園祭にビデオ映画を作ろうとしている二年F組の生徒からとある相談が持ち込まれるところから幕を開けます。
 その相談とは、彼らが撮ろうとしていた映画の脚本家が心労で倒れてしまい、シナリオの続きがわからなくて撮影が中断している。しかし、途中まで完成している映画をみれば、その「ミステリー」と仮称された映画の中の真犯人は本当は分かるはずなのだといいます。勿論彼らには分からないので、依頼がきたわけですが、彼らは古典部のメンバーに、そのシナリオの肝となる真犯人と犯行トリックはどういうものかF組の先輩たちの推理のどれが本当のものかチェックして欲しいというのでした。「女帝」と渾名される氷の女王のような先輩に上手くのせられ、千反田の「気になります」の一言で推理を始めた奉太郎。果たして、本当のシナリオに沿って、映画内の真犯人を見つけられるのか。
 ということで、今回の古典部は、ミステリー映画の謎解きというミステリー好きにはたまらないネタをもってきました。
...続きを読む ›
1 コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
アニメ化で評判になっていたのと電子書籍というものに興味があったので
スマホにKindleアプリを入れて1巻の『氷菓』とともにKindle版を購入しました。

結論から言いますと、建物の見取り図を見ながら展開するような密室ミステリは
電子書籍ではかなりムリ!ということです。

紙の本では気軽にできる、前のページにある図面や登場人物が動く事件部分を
こまめにチェックしながら本編を読み進める、という方法が電子書籍では難しいのです
不可能ではありませんがかなり手間がかかり、実際ムリでした。

じゃあどうしたのかというと、所有していたAndroidのタブレットPCにもKindleアプリを
インストールし、こちらの端末で図面や前のページを確認しながらスマホで読み進めました、
すごい無駄。

電子書籍で密室ミステリはハードルが高いと思いました。

あ、謎解き部分を自力で解くことに興味がなく、青春群像劇として読みたいという方には
まったく問題無いと思います、いい作品ですよね。
前作『氷菓』も面白かったのでアニメ版も見てみたいですね。

内容は良かったですが読みづらかったので☆4つです(Kindle版の評価です)
コメント 25人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
青春の日常をミステリとして描く「古典部シリーズ」第四作である本作の主要モチーフは “映画”。古典部に “女帝” の異名を持つ二年生、入須冬実から依頼が舞い込みます。それは、脚本家が倒れたことで撮影が中断してしまった映画の結末を推理してほしい、というもので…。

本作では、オープニングとエンディングがメタ的な視点で語られているのですが、そのための手法が優れていました。ちょうど映画のオープニングでキャストやスタッフの名前が出るように、本作の導入では物語を裏で “企画” し “キャスティング ”し “脚本” を書き “演出” する “プロデューサー” や “監督” たちの存在が示唆されています。また、物語を総括するエンディングも映画のエンドロールのようにも叙述されています。
本シリーズでは毎作新しい手法が試されていますが、その使い方が物語内容と合致しているのが気の利いた演出だと思います。

奉太郎の信条である “省エネ” が揺れ動く場面もあり、それによって、自己認識がまだ定まっていない青春時代に特有のアイデンティティの揺らぎを描いてもいます。大人になってから振り返ってみれば些細なことでも、十代のころはなによりも切実に思えたもの。そんな誰しもが有する経験をミステリの枠組みを借りて描写する、というのが本作の一番の魅力であるように思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
本書は、未完成のミステリー映画の結末を推理するという話である。
詳細はネタバレになるので記載しないが、本書のテーマを一言で言えば「ミステリーを客観化して見るとどうなるか?」という点であろう。
結末の無いミステリー映画の結末を推理するという主題が、そもそもミステリーを客観化して見るということなのだが、その結果何が起こったかを知りたければ、実際に読んでみることをお勧めする。

しかし、本書に出てくる入須先輩、高校2年でここまで人を使うことになれた人間は普通いないだろうという才媛ぶりだ。もはや老獪の域である。
ちょっと、高校生の周りで起きる出来事としては人が暗躍しすぎであるが、まあ、あまり普通に書くと本当にただの高校生の日常生活になってしまうので、落としどころとしては悪くない。

この辺、好みが分かれると思うので、一巻目『氷菓』で違和感の無かった人にはお勧めできる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック