通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにスレはございます。ページには書き込み、ライン引き等はございません。希少本、希少品等の理由により当時の定価よりあがっている場合もございます。ゆうメールにて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡 単行本 – 2011/11/8

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 28

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 愚の骨頂 続・うさぎとマツコの往復書簡
  • +
  • うさぎとマツコの往復書簡
  • +
  • 喧嘩上等 (うさぎとマツコの往復書簡3)
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 102pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

“ノンフィクションの自虐”中村うさぎとデブ女装の“最終兵器”マツコ・デラックス。2人の愚かしくも無垢な“異形の魂”再び降臨!特別対談4編も収録。

内容(「BOOK」データベースより)

買い物依存症、ホストとの恋愛、美容整形公開etc…“ノンフィクションの自虐”を突き進む女王様・中村うさぎと、テレビに出るだけで石原慎太郎をイライラさせられる“最終兵器”マツコ・デラックス。2人の魂の叫びを聞け。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 248ページ
  • 出版社: 毎日新聞社 (2011/11/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4620320919
  • ISBN-13: 978-4620320915
  • 発売日: 2011/11/8
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 71,475位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
うさぎとマツコの往復書簡の第二弾。

ベースのトーンが前作と変わらず、
異形であることへの問いかけや、
メディア批評が中心。

後半から、
東日本大震災を語ります。

深刻な話題や自らの自意識をまじめに語って、
話芸で笑わす。
基本フォーマットは変わらないので、
やり切れなさを抱えながらも、
エンターテイメントに帰ってくる。
うさぎとマツコの真骨頂です。

3本、雑誌未収録(だと思います)の対談が掲載されています。
これがおかしい。
書簡ではあれだけガチなのに、
対談だと脱線。
もうお約束ですね。
老後ネタ、ぜひお読みください。
最高です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
自分とは…と考えずにはいられなくなる感じ。
でも結局この二人の価値観が似ているので、意見の相違もなく同じような事が堂々巡り状態。
一緒に悩みたい方には良いかもしれません。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 INAVI トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/12/21
形式: 単行本
うさぎさんとマツコさんの往復書簡の二冊目。

おそらくは、この二人は、何年も何度も、こうした終わりない自分探しを語り続けているのだろう。
それは、彼女達が認める通り、一つ一つの言葉に拘泥し、周囲の女?達との茶々の入れ合いもあって、容易には辿りつくことがない。
本書は、そんな彼女達の会話を、往復書簡という形にしたことで、1タームを茶々なしで書けるので、次第にではあるが、自分探しが進んでいく。
面白いのは、書簡体でありながら、口語も口語な喋り口調と、マツコさんが妙に畏まった単語を使う点。読者には、知ることもない二丁目での二人の会話を体感できる感じ。

この性を超越しながらも、逆にそうであるが故に誰よりも女性である二人の、ロールプレイは、マイノリティとマジョリティ、保守とリベラル、批判者と被批判者など、様々な役割を変えることで、二人の自分探しが、いつしか普遍的な私達への「アンタなんなの?」に転じていく。

そして、2011年の終わりにいる私達は、一通毎に一週が経過する、二人のやりとりが、確実に3.11に進むことにハラハラしながら、読み進めることになる。
私は、この二人の共通項「5時に夢中!」というアナーキーな番組すら喪に服したとき、その「5時に夢中!」をマツコさんが休み、うさぎさんが一人だ
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック