通常配送無料 詳細
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論 がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2015年発行初版3刷。【表紙】スレ、縁ヨレあり。【上・下・側面】クスミ、スレあり。【本文】角にヨレあり。アマゾンより発送になります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論 単行本 – 2015/5/26

5つ星のうち 4.4 34件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376
¥ 2,376 ¥ 1,732

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 意識はいつ生まれるのか――脳の謎に挑む統合情報理論
  • +
  • 意識と脳――思考はいかにコード化されるか
  • +
  • 量子力学で生命の謎を解く
総額: ¥7,884
ポイントの合計: 208pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

NHKスペシャル『立花隆 臨死体験』出演の天才脳科学者が意識の秘密に迫るサイエンス・エンターテイメント、待望の邦訳!

立花隆氏推薦!
「意識が脳科学最大のナゾだった。それは万人にいつでもあるのに、その正体がわからない。そのナゾをついに解いたトノーニの『φ』(ファイ)理論が今世界を席巻している!」
脳は意識を生み出すが、コンピューターは意識を生み出さない。では両者の違いはどこにあるのか。クリストフ・コッホが「意識に関して唯一、真に有望な基礎理論」と評した、意識の謎を解明するトノーニの「統合情報理論」を紹介。わくわくするようなエピソード満載でわかりやすく語られる脳科学の最先端!
【本書が挑む脳科学最前線の脅威の事例】
・脳幹に傷を負い植物状態に見えるロックトイン症候群患者(映画「潜水服は蝶の夢を見るか」の主人公)。彼らの意識の有無はどう診断すればいいのか?

・麻酔薬を投与するとなぜ意識が失われるのか?
麻酔時に意識が醒めてしまうとどうなるのか(1000人に1人はそうなる)

・右脳と左脳をつなぐ脳梁を切断する(スプリットブレイン。てんかん治療で行われることがある)と、1つの脳のなかに意識が2つ生まれる!?


【書評も多数! 】
日本経済新聞(8月2日)/書評(池谷裕二氏・東京大学教授)
朝日新聞(7月26日)/書評(佐倉統氏・東京大学教授)
『週刊朝日』(7月24日号)/書評(瀬名秀明氏・小説家)
読売新聞(7月20日)/書評(岡ノ谷一夫氏・東京大学教授)
『サンデー毎日』(7月12日号)/書評(緑慎也氏・ライター、編集者)
HONZ(6月8日)/書評(佐藤瑛人氏)
『週刊現代』(1月16・23日号)/書評(熊谷達也氏・作家)
Webサイト『社会課題を解決するビジネスエコシステム』「私の本棚」/書評(羽田 昭裕氏・日本ユニシス総合技術研究所所長)

内容(「BOOK」データベースより)

脳は意識を生み出すが、コンピュータは意識を生み出さない。では両者の違いはどこにあるのか。天才脳科学者が意識の秘密に迫るサイエンス・エンターテインメント。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: 亜紀書房 (2015/5/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4750514500
  • ISBN-13: 978-4750514505
  • 発売日: 2015/5/26
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 34件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 11,473位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
2045年、進化した機械(AI)が人間の能力を上まわるシンギュラリティ世界が到来すると、かまびすしい。
人間の脳神経系を分子レベルでまるごとスキャンすれば汎用AIが実現可能という「全脳エミューレーション」なども提唱されている。

本書は、「意識ーconsciousness」に焦点を当て、「意識」とは何か、意識をいかにすれば測定できるか、について具体的な方法を提案している。
本書を読むと、逆に、AIに意識を持たせることがいかに難しいかが、あらためて浮き彫りになる。

中身は、他の方が詳述されているので割愛するが、第8章「世界の意識分布図」では、人間以外の動物、人工物(!)などの意識レベルを
相互比較しているが、それによると、イルカの意識レベルは、人間と同等かそれ以上かもしれない、との指摘は興味深い。

第9章では、この宇宙(外側)を、自分の意識の「内側」にとりこめるのは人間しかいいない、という「人間賛歌」で終わっている。

かなり高度な内容であるが、わかりやすい原著の構成と、柔軟な頭の翻訳者のおかげで、極上の知的エンタテインメント書となっている。
                                              
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
意識研究の第一線で活躍されている、ある研究者の講演で紹介されていたのがきっかけで
知った本です。

前半の第1章から第4章では、これまでに意識がどのように扱われてきて、どのようなことが
分かっていないのか、そして様々な意識状態(植物状態、ロックトイン症候群、最小意識状態など)
についての臨床事例やそれに対する考察などが述べられています。
第5章では、意識を理解するのに重要と考えられている、著者らが提案した統合情報理論や
Φ(ファイ)という単位について(複雑な数学的過程を省いて)説明されています。
後半の第6章から第9章では、統合情報理論の妥当性を検証した実験や人間以外の動物の意識
についての考察などが語られています。

意識という難しいテーマを扱った本ですので、抽象的な概念の紹介だけでよく分からないまま
終わるのではないかとあまり期待せずに読みましたが、意識を測定可能なものとして
取り扱っている著者らの理論に非常に興味を惹かれました。
文中に登場する比喩や著者らの語り口がとても分かりやすく、謎解きの物語を読んでいる
かのようにスラスラと読み進められました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 尚華 投稿日 2017/1/23
形式: 単行本 Amazonで購入
脳研究を志す誰もが一度は試みる「意識」の定義を巡って著者独自の視点から提案をする野心的な著書である。従来の脳科学の立場から離れて、情報科学の立場から同じ問題を捉えようとすると、どのようなアプローチを使うべきかを学ぶこともできる。意識に限らず脳科学の秘める諸問題を科学的に解明し、できればそれを正しく操作するためのアイデアが、いまだ空想的ではあるが、述べられている。考えながら読み進むことによって医学生物学の専門家のみならず情報科学の次の段階を志す者にとっても貴重な指針がえられるであろう。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
意識の関する論説は、ややもすると哲学的思弁的になって、つかみどころがなくなる。しかし、この説はクリアーである。さて正鵠をついているか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 ともに医師であり、神経生理学者と精神科医であるイタリア人2名による、脳の中の意識の秘密とその測定を題材にした著書。一般に「意識がある」という状態はどのような場合を指すのか。意識があるか否かをどのように見分けるのか。著者らは人間の様々な状態(脳死、植物状態、昏睡、睡眠、麻酔等)に対し「統合情報理論」というモデルを用い、実際に行った実験結果も交えながら解説します。統合情報理論とは、大雑把に言うと「ある身体システムは、情報を統合する能力があれば、意識がある」というもので、大脳の中の「視床ー皮質系」と呼ばれる部位におけるニューロンの働きと、その働きがもたらす身体的システムの情報量の大小で説明するもの。一見すると「意識がない」と見える人でも、この理論を使ってその人の情報量を測定することにより実は意識があるかもしれないということを発見できる可能性を指摘しています。
 とっつきにくい脳科学・神経科学分野の本ですが、冒頭で本書の構成をあらかじめ分かりやすく記載していることも手伝い、とても読みやすい本です。我々人間の脳の不思議で神秘的な働きについて考えることのできる1冊です。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー