中古品
¥ 1,996
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 くまねこ堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2001年新版第1刷。天に少ししみあり。他は古本としては並程度です、よろしくお願いいたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

意味の意味 単行本 – 2001/3

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(7)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,860 ¥ 4,342
単行本, 2001/3
¥ 1,996

この商品には新版があります:

意味の意味
¥ 4,860
(1)
在庫あり。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 【出版社の方へ】e託販売サービスの紹介はこちら

  • 哲学| 哲学用語図鑑や倫理学など、幅広いジャンルの本をラインアップ。哲学の本ページへ。

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

Language is the most important of all the instruments of civilization. This is the premise of a work whose significance to the study of language, literature, and philosophy has remained undiminished since its original publication in 1923. New Introduction by Umberto Eco; Indices.
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

現代の思想・学問を成り立たせている抽象的言語の本質を追究した、言語論の古典的名著。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 498ページ
  • 出版社: 新泉社; 新版 (2001/03)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4787701029
  • ISBN-13: 978-4787701022
  • 発売日: 2001/03
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 3.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,554,675位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この本は出版が相当古い、最初の出版は戦前のことであろう。投稿者が読んだのは1970年であるから、今から40年近い年月が経っている。意味の創出に関する人間の言語の内的機能に対して、大いに想像を働かしめる論考となっている。特にリチャーズと言う人物の構想力は中々のものであった。

この本を基軸として、幾多の言語現象の興味が広がった本であり、そこには、アメリカ言語学と文化人類学のE・サピアやB・L・ウォーフ等の著書をよむ切っ掛けを作ってくれた。マリノフスキーやレヴィストロース、等の文化人類学者たちの言語観、古くは、ルソーの「言語起源論」や、A・アルノーやランスローに依る「ポ−ルロワイヤル僧院」で書かれた、「一般理性文法」の探求、コンディアックの人間理性の探求書、フランス現代哲学の言語観、ドイツの言語学の系譜、ヘルダーに始まり、それは、ヤーコブ・グリムやW・フンボルトからK・O・アーペル、レオ・ヴァイスゲルバーたちの言語哲学へと広がっていった。

この本は極め付きの古典だけに、その問題の提起や結論は、正しかろうが、間違っていようが、再び取り上げ、再検討する力を秘めた価値のある本であろう。巻末近くに、オグデン達が参考にした論理学者、哲学者等の人名と解説がある。非常にこの本の成立過程を考える上で参考になるページであろう。この本の関連書に、チャールズ・サンダ
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック