中古品
¥1
+ ¥257 配送料
中古商品: 良い | 詳細
発売元 アリエル
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 中古品ですのでカバーなど多少の擦れや日焼け跡、書き込み、染み、折れ、黄ばみ等ある物もあります。ご了承の上、お買い求め下さい。店舗併売の為、売り切れの場合はご容赦下さい。即返金致します。日・祝日は休業の為、発送できません。発送後のお客様のご都合によるキャンセルはご遠慮下さい。迅速な発送をモットーとしております。ご利用お待ちしております。
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


想い出にかわる君 Memories Off―灯の街 (ファミ通文庫) (日本語) 文庫 – 2003/4/1

5つ星のうち5.0 4個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥1
¥1
お届け日 (配送料: ¥257 ): 3月4日 - 5日 詳細を見る

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

みずからの場所から逃げ出した少女・百瀬環。彷徨う彼女の行き着いた先は、暖かな心の人々が集う街だった。はたして彼女はこの街で何を見、何を知るのだろうか…。大人気の恋愛シミュレーション・メモリーズオフシリーズ最新作『想い出にかわる君』のノベライズ第三弾が登場!環と響、ふたりの少女の求める夢とは…。

登録情報

  • 出版社 : エンターブレイン (2003/4/1)
  • 発売日 : 2003/4/1
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 223ページ
  • ISBN-10 : 4757714254
  • ISBN-13 : 978-4757714250
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 4個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
4 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2007年10月17日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 想君が好きなら、環を理解できたいなら、読んでみてください!
ユーザー名: 任何、日付: 2007年10月17日
想君のキャラクターたちのなかだけじゃなくて、MOの全員に、私の一番好きなキャラクターは百瀬環です。
まあ、私みたいな人は少いらしいなと思いますが…
この小説の情報を見ったとき、本当に楽しみでした!
環が中心で、内容の介紹を見って、物語は面白そうでしたから、あの日、ここでこの本を買いました。
私は日本語が下手ですが、多分、環が大好きですから、すべての意味が分かりました。
この本を読んで、以前より、環のことがよく分かりました。
どうして彼女は仲間たちから逃げたのか、なんで彼女にはみんなのと違う想いが持ってたのか、何故最終に彼女は変われるのか…
私の仲間たちのなかで、環ルートをクリアーした後、彼女の想いとやったことを理解できない人は多いんです。
時々、環はゆるがせにされると気がします。
でも、私はゲームをやるとき、迷わずに環を選びました。よく分かりませんでしたが、守ってあげたいと気がします。
この小説の内容は、予想のままに、ゲームのとは違うですが、正午が環を自分の部屋に連れた、そして、響とケンカしたことは同じです。
私の大好きなところは、あの夜、環と飛田が相談したことと第五章の「水と雨と空と」です。
終章は正午と環が恋人になることじゃなくて、変われて元気になった環が友人と約束して帰郷することです。
私はこのエンディングが環ルートのノーマルエンディングであったら、よかったかもしれないと思いますね!(笑)
それに、この本を読だったら、ちょっとだけ、飛田が好きになったと気がしました。
音緒は優しいで、深歩は可愛くて強いで、沙子は冷たい美人で、響は元気で、那由多はさわやかいで、カナタ自信なアイドルで…
いつも静かな環は彼女たちみたいに輝いじゃない見えるかもしれません。
でも、環みたいな女の子に理解されることは必要だと思います!
環を理解できたいなら、私はこの『想い出にかわる君〜Memories Off〜灯の街』をおすすめします!
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2004年12月3日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2008年12月17日に日本でレビュー済み
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2003年6月28日に日本でレビュー済み
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告