通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
惡の華(5) (講談社コミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品のコンディションです。迅速丁寧に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

惡の華(5) (講談社コミックス) コミックス – 2012/1/6

5つ星のうち 4.5 25件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1

この商品には新版があります:

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 惡の華(5) (講談社コミックス)
  • +
  • 惡の華(4) (講談社コミックス)
  • +
  • 惡の華(6) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ボードレールを愛する少年、春日高男。ある日、彼は、放課後の教室に落ちていた、大好きな佐伯奈々子の体操着を、思わず盗ってしまう。それを、嫌われ者の少女・仲村佐和に見られていたことが発覚!! 盗んだことをバラされたくない春日に、彼女が求めた“契約”とは‥‥!?

河原に作った秘密基地で、町の中に“向こう側”を作り始めた春日と仲村。一方、二人の行動に気づいた佐伯は、親友と共に秘密基地を探り出す。春日と仲村の親密な関係に気づき、嫉妬する佐伯。「春日くんは、初めて本当の自分を見てくれた」 彼を取り戻そうと、佐伯は全てを投げ出して行動を起こすが‥‥!?

著者について

押見 修造
★漫画家。2002年、講談社ちばてつや賞ヤング部門の優秀新人賞を受賞。翌年、別冊ヤングマガジン掲載の『スーパーフライ』にてデビュー。同年より同誌に『アバンギャルド夢子』を連載した後、ヤンマガ本誌にて『デビルエクスタシー』などを連載。2008年より漫画アクションに連載した『漂流ネットカフェ』は、テレビドラマ化された。翌2009年より別冊少年マガジンにて『惡の華』を開始し、大好評連載中。


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2012/1/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063846113
  • ISBN-13: 978-4063846119
  • 発売日: 2012/1/6
  • 梱包サイズ: 17 x 11.6 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 25件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
思春期に形成されるであろう精神状態を凄く上手く描いている。
そう上手く描きすぎている。
上手く描きすぎて、思春期特有の感覚を忘れたオトナの自分が浮かび上がりました。

この作品の登場人物が感じている混沌とした心情の描写を読むと、
自分も思春期に感じた感覚がフワっと沸き立つ。
自分が大人になったせいだと思うが、感覚を鷲づかみするのではなく
ふわっと沸き立つ程度なのだ。

登場人物が感じている感覚・空間を「感じる」ことはできるのだが
「理解」ができなくなっている。
年をとれば聞こえなくなるというモスキート音のように
思春期の登場人物の心の声が聞こえなくなったようだ。

この作品を読むと思春期特有のあの感覚を
もう一度感じてみたいという衝動に駆られる。

もし思春期にこの作品があったならば、どんな風に感じたのだろう。
もう一度思春期に戻って読んでみたい作品だ。
コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この巻の一番の見所といったら、やはり佐伯さんの豹変でしょう

正直僕が春日だったらもうね(笑)

しかし性欲剥き出しの僕とは違う春日のあの失望したというようなあの目。そして「こんなの佐伯さんじゃない」という些細なセリフから、汚れのない詞神<ミューズ>としての佐伯さんが本当に好きだったんだなー ということがよくわかる

しかし春日もなんかあれですよね
佐伯さんのような清純系が好きだったり、仲村さんのようなイカれた感じの女の子が好きだったり、かといってイカれた佐伯さんに失望したりと、、、忙しい男ですよね

この三角関係にどんな結末が待ってるのかこの先も楽しみにしています
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
表紙絵にふさわしく今回の主役は佐伯さん。今まで両親を含めいろいろな大人達に「大人達が好きでいて欲しいもの」を強いられ、無理に優等生として生きてきた。それに対し反逆していくシーンがメインです。春日とのテント内でのシーンでは優等生のカケラもなくなっていますw
現時点では春日も佐伯さんも、仲村にある種の憧れのようなものを抱いていますが今後どう変わっていくか楽しみです。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
 私はこの物語は、ある意味佐伯さんの物語ではないかと思います。

 私は優等生フェチなので、佐伯さんと言う女の子が大好きです。
この子は、優等生フェチの私が理想とする優等生です。
優等生と言うのは、乱暴に言うと、他者にとって都合の良い生き方をして、
他者から必要とされることによって生かしてもらうという生き方です。
そのために、他者にとって好ましくないと思われる面は、
それが人間として当たり前のことであったとしても、どこかに隠し、
しまい込んでおくことを強く求められます。
特に優等生の子供と言うのは、周囲の大人の満足感のために
本来の子供らしささえ押し殺して生きているのです。
佐伯さんは、私にとっては抱きしめたい衝動に駆られる女の子です。

 それで、佐伯さんと言う子が、決して表に見せない押し殺している部分とは
どんなものなのでしょう?
私はその具現化した姿が中村さんではないかと思うのです。
私には佐伯さんと中村さんは、二人で一人、表裏一体、陽と陰の関係にあるのでは
と思えます。

 佐伯さんは、確か、春日が中村さんを擁護した時から、
急速に春日に傾倒していきます。
これがなん
...続きを読む ›
コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
内容は皆さんの書いたとおりで興味深いものです.絵が最初に比べ非常にうまくなっている気がします.
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じゅ 投稿日 2012/1/8
形式: コミック
佐伯さんというキャラは典型的なヒロインキャラです。
クラスの男の子にとても人気がありますが、
男の子をとっかえひっかえ代えて付き合うような嫌な現実的女の子像とは異なり、
男の匂いを感じさせない癒される女の子像なんですね。
佐伯さんはまさに「清純派」の抽象概念そのもの、「THE清純派」です。
それゆえ着けてるのはカップのブラじゃなくて、白いスポーツブラです(笑)
ですが私はこういう人畜無害なヒロイン的なキャラに食指が動かないので、
1巻の頃から毒がある仲村さんの挙動に「ヤッホーイ!!」てな感じでこの作品を楽しんでました。

そして今回の5巻、人畜無害だった佐伯さんが遂に大きく動き始めます。
一般的に佐伯さんのような清純派ヒロインは母性の象徴でもあり、
主人公の精神的なキズを癒したり、受け入れる機能がありますが、
その逆機能として、それをされた人は偽りの万能感を覚えてしまったり、
母性的キャラは癒す相手を甘えきったダメ人間にしてしまいます。
世の中のお話の中には、逆機能としての母性的キャラが暴走し始め、
周りの人間に積極的に受容していき、ダメ人間にしていくとっても怖〜いものがあったりします。

そう、今回の佐伯さんはま
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー