数量:1
惑星(プラネッツ) Ultimate Editio... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【30日間返金・返品保証あります】【動作チェック済み、クリーニング済みです】 ◆中古品相応のキズはありますが、全体的にとてもキレイな商品です。帯は付属いたしておりません。 ◆在庫100%確実ですぐに発送可能です。ぜひご検討下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 2,000MP3アルバムを購入

惑星(プラネッツ) Ultimate Edition Hybrid SACD, SACD

5つ星のうち 4.6 26件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,024
価格: ¥ 2,421 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 603 (20%)
残り13点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:11¥ 2,421より 中古品の出品:5¥ 1,880より

Prime Music Prime Music


Amazon の 冨田勲 ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 惑星(プラネッツ) Ultimate Edition
  • +
  • 月の光 Ultimate Edition
  • +
  • 展覧会の絵 ultimate edition
総額: ¥7,506
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 作曲: 冨田勲, ホルスト
  • CD (2011/6/1)
  • 注意: SACDの互換機が必要です
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Hybrid SACD, SACD
  • レーベル: 日本コロムビア
  • 収録時間: 53 分
  • ASIN: B004RRVB1Y
  • EAN: 4988001466208
  • その他のエディション: MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 26件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 3,203位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
11:07
アルバムのみ
2
30
9:22
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
3
30
4:44
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
4
30
7:33
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
5
30
3:24
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
6
30
7:58
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 
7
30
9:14
ライブラリで再生 購入: ¥ 250
 

商品の説明

内容紹介

トミタの不朽の名作が、新曲を伴ったリメイク版として再び世界を驚かせる!
ホルスト(作曲)&冨田勲(編曲・作曲*):惑星(プラネッツ) Ultimate Edition

◆この発売のために、全体を新たにリメイク。トミタの旧作をベースにした再創造作品です。旧作に親しんだ方には、懐かしさと
新鮮さ、初めて聴くリスナーには圧倒的な衝撃を与える、まさに究極の「惑星」であり、冨田勲ライフワークの到達点とも言える
アルバムです。
◆「小惑星イトカワと小惑星探査機はやぶさ」という新曲をプラス。前者は日本の宇宙航空技術の父と呼ばれる糸川英夫博士の
少年のような宇宙にかける純粋な夢、宇宙への希望と糸川博士に対する静かなレクイエムのような曲です。
◆4.0チャンネルのSACDサラウンドによる理想的な立体音響(2ch CDとのハイブリッドディスク)
◆ ジャケットデザインは、CGによる創造的アートの草分けにして現在もその最先端にいる、川口洋一郎氏(東京大学大学院教授)
の「宇宙探査機多重構造魚」。強い印象を与えるCGアートは、タイトルの親和性のみならず、技術をアートに応用することにおいて、
その黎明期から現在に至るまで最前線にいる点でも共通する両者のコラボレーションという点でも意義深い。

SACDハイブリット:2chCD/2chSACD/4.0chSACDサラウンド


「惑星 Ultimate Edition」に「イトカワとはやぶさ」が組み入れられて光栄です。
「はやぶさ」は糸川博士の下で空を飛び、また私たち後進によって大宇宙を駆けました。
通信という語りかけと返す鳴き声、そして地球に還るも己の身を焼くモチーフがよくちりばめられ、織り込まれているように感じました。
「はやぶさ」はいま、地球の大気の中にいます。冨田勲さんと糸川博士の旧交に深く敬意を表したいと思います。
-- 川口淳一郎(JAXA「はやぶさ」プロジェクト・マネージャー)


冨田先生のホログラフィクなシンセサウンドに、脳を直接触られたような気持ちになりました。
気持ち良い完璧なイリュージョンの創造主に脱帽。
-- TOWA TEI テイ・トウワ (DJ / ARTIST)


同時発売「源氏物語幻想交響絵巻・完全版」

メディア掲載レビューほか

冨田勲の不朽の名作が、未発表曲とともに、リメイク版としてリリース。まさに究極の『惑星』であり、彼のライフワークの到達点とも言えるアルバム。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
少年時代、冨田勲の熱烈なファンでした。なかでも「惑星」が一番のお気に入り。
当時NHK-FMで、小松左京氏がホスト役になって、1週間に渡ってのトミタ特集がありましたね。
放送でトミタ・サウンドの秘密の一端が明かされたときのワクワク感といったら!

その「惑星」がリメイクされる、といったら聴かないわけにはまいりません。
どのようにリメイクされるか、期待と不安もありましたが。

基本的には旧作と同じように物語(?)は進みます。
リメイクによって旧作にはなかった音が加わったりして楽しいです。
心配した違和感は全然ありません。注意しないで聴くと、新旧の違いに気がつかない(?)かも。
ですから「種も仕掛け」もわかっているはずなのに、しかしそれなのに(!)、アルバムのどの部分でも驚きをもって聴き入ってしまいます。
全編にわたって、ホンモノのアートだけが醸し出すオーラがあります。
どこからこんなアイデアが沸いて出てくるんだろう。
「凄い、ほんとうに凄い」のただひとこと。そして、音の鮮度は、これはもう圧倒的!

そして、物語が終わると、なんとも言えない、しみじみと満たされた気持ちになる。
こんな心に染み渡るシンセ音楽は、トミタ以外には創れな
...続きを読む ›
コメント 57人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 この作品がSACDとして蘇る、というだけでワクワクしたものですが、実は何箇所かで音も差し替わっています(たとえば金星のハミングとか)。私自身も、最初の音が出てくるまで心配でしたが、全篇を通して違和感もなく、ほぼオリジナルのままの宇宙旅行を楽しめます。
 
 先頃出版された『レコード芸術』誌6月号のインタビューの中で、ご本人は1977年の同作品を封印したいとか(嘘でしょ!)。

 そういえばかつてNHK-FMの第5夜の中で「僕の意志とは関係なく、奴ら(コンピュータ)の意志の方が前面に出てしまい・・・」と語っていましたが、このアルバムを聴いているとき、その事を思い出しました。「当時はこの音を使いたかったのかなぁ」って。

 ジャケットなどは大幅に差し替わっていますが、アナログ時代の音がそのままクリアになり、それがSACDのサラウンドと合わさってサウンドクラウドを形作っています。だから旧惑星ファンもご安心を(もっともファンなら、それと関係なく手にしていると思いますが・・・)。SACD復活のためにも、ぜひサラウンドで味わっていただきたい(残念ながら我が家はまだSACD2chです)。
 とにかくびっくりしたのは、低音のすさまじいこと。1曲目の火星からズーンと体に響いてくる低音は、今までに体感したことがありません。まさにS
...続きを読む ›
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
まさに"Ultimate"と呼ぶにふさわしい新譜です。
宇宙的な、自由自在の音色を奏でるシンセサイザーという楽器で、素敵な宇宙旅行を体験させてくれた、35年前の「惑星」。私にとっての惑星は、この時のトミタサウンド以外は考えられませんでした。ところが今回の惑星を聴き、その時の宇宙旅行は実は「ガラス越しに眺めていただけ」とすら思えます。ロケット野郎は、その後の35年間もずっと飛び続けていたんですね! 圧倒的な色彩感・没入感で、進化したトミタサウンドが目の前に迫ってきます。
リメイクに対する心配も全く無用でした。
シンセサイザー演奏の草分け的存在で、トミタと並んで引き合いに出されるワルターカーロスの「スイッチドオンバッハ」、最新機材を活用した2000年のリニューアル録音版は、技術の進歩により音質の良さ、表現の広さは格段に高まりましたが、当時初めて聴いた時の面白みは残念ながら感じられませんでした。しかしこの惑星は、当時のイメージを壊さないどころか、より更に深みを増し、当時を越えたワクワク感や驚き・楽しみを与えてくれます。
グレングールドのデビュー盤ゴルトベルク変奏曲、この演奏のキーストロークを全てデータ化し、現在のピアノと録音機材により高音質で「再演」された時にはびっくりしましたが、この「惑星」は、その時の驚きを更に越える感動だと思います。
トミタサウンドを知る人はみんな、是非聴いてもらいたい演奏です。
コメント 20人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 きゅうきゅう トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2011/9/7
形式: CD
来年80歳を迎える冨田勲氏は、今こそ仕上げておかねばならないものがあるとこの数年燃えています。それはサラウンドという音楽表現を子供たちに親しんでもらい、その大きな可能性を彼らに開拓してもらうこと。
創作意欲、作品の構築力、技術への造詣の深さは、ますます若手たちを引っ張っていく今を生きる芸術家なのです。
その大きな記念碑の一つがこの「惑星」。私もCDとCGアニメも当時新鮮だったLDを持っています。はるか過去の作品…と思っていたら、最新の技術を投入し、構成も新たな「惑星」が創造されました。
S・ラトルは冥王星を追加したオーケストラ演奏をCD化しましたが、冨田氏は個人的に親交の深かった糸川博士ゆかりの「イトカワ」を組み込みました。
 戦時末期に米軍の攻撃に対抗する隼戦闘機を見上げていた勲少年。その隼戦闘機の設計者こそ若き糸川博士。やがて二人は出会い、研究者糸川氏の広い視野に共感する冨田氏。60歳からバレエにのめり込み「稽古」に励んだ糸川博士は冨田「惑星」のバレエ版初演の舞台に老科学者役で登場するのす。その他バイオリンの改造にも取り組み、メニューインに献呈したりと科学者魂を芸術にも注いだ糸川博士は、本業のロケット開発では不運も重なり、「日本の宇宙開発の父」と言われながら夢を拓き続けるも実りを観ることのない一生でした。その糸川氏に敬意を表する「イトカワ
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック