通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
惑星のさみだれ 1 (ヤングキングコミックス) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

惑星のさみだれ 1 (ヤングキングコミックス) コミックス – 2006/1/27

5つ星のうち 3.7 30件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


この商品には新版があります:


この商品はセット買いができます
惑星のさみだれ コミック 全10巻完結セット こちらチェック
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 惑星のさみだれ 1 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • 惑星のさみだれ 2 (ヤングキングコミックス)
  • +
  • 惑星のさみだれ 3 (ヤングキングコミックス)
総額: ¥1,851
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック: 206ページ
  • 出版社: 少年画報社 (2006/1/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4785926058
  • ISBN-13: 978-4785926052
  • 発売日: 2006/1/27
  • 梱包サイズ: 17.8 x 12.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 30件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
子供にありがちな気取って冷めたふりをしているくせに年下の女の子を恥ずかしげもなく姫と呼び、彼女のためなら人を殺せると豪語する気色の悪い主人公には寒気しか覚えない。
漫画はキャラクターが重要なのは論をまたないところで、特別な理由のある場合を除けば、読者に共感させ応援させるような人物を主人公に据えるのが大事だ。
それがつねに命の危険にさらされているような漫画の主人公なら尚更で、つまるところこの作者からすればこんな痛々しい主人公が魅力的ということなのだろう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白い!
噂通りの漫画だとおもいます。
早く続きを読みたい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
1巻まで、なんだか幼稚でキャラにも魅力がなく読むのを断念しました。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
いろんなサイトで良い評価を受けている漫画ですが、それほどの物ではないと思います。
絵が下手でキャラクターに魅力を感じず、話にも入れませんでした。
唐突に言い回しが変わったり、中二病が入ってきたり、作者なりのカッコイイ主人公が書かれているのでしょうが、私にはキツかったです。
1 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
この作品は、前々からこちらのレビューやネット上の漫画好きの間では評判でしたので、気になって一気に全巻読んでみたのですが、確かに心に残る良作でした!

こちらのレビューの内容も総じて同意見ですし、否定的なレビューにさえ同調できます。が、それを踏まえて、いくつか自分なりに思った点があります。

まず、続刊でいわれているこの漫画が「王道の少年漫画」という意見については、自分の中では、「王道の少年漫画」=「ジャンプのワンピのような週刊少年漫画」という意味で違うと思います。どちらかというと、「週刊少年漫画」に飽きた層が次に手に取る「捻りの効いた月刊少年誌やヤング誌といった内容」にあたるかと思います。

次に、1巻であまりにも弱すぎる主人公が知恵を駆使する展開は他作品と比較して異質であり、驚きを感じますね。主人公の性格についても異質で驚けました。また全巻中の物語後半位からの主人公のそれとの比較や、前半主人公の一人称の頭の中での思考をひたすらメインにしていた姫と2人だけの世界からの展開の差異(姫もほとんど絡まない)なども違和感を感じるのは他のレビュアー方と同様事でした。しかし、これも全巻通してみればしっかりと広げた風呂敷の中で完全に畳まれています。(なぜ主人公の住む町にだけ敵が現れるのか?や、なぜ主人公の性格がああなのか等です。)その意
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
台詞回し、キャラの立たせ方、何よりシチュエーションの見せ方が秀逸。

おじいちゃんを助けたあと、林の中で敵と対決するシーンで、パートナーとの絆、作戦の立て方など、「寄生獣」の新一とミギーの最後の戦いをほうふつとさせてゾクゾクしました。

お姫様、騎士、悪魔というキーワードが出てきますが、敵の見た目はファンタジー系ではなく、クトゥルフ系であり、「悪の魔法使い」が不可視の巨大なハンマーで地球を打ち壊そうとするという終末思想的な設定など、ファンタジー、SF、ホラーの区分けから行くとホラーに近いのかなという印象を持ちました。

Fate/Staynightとは、ちょっと設定が近いようでいて、180度違う話ですね。

たぶん、こういうリアルとライトファンタジーとの間の絶妙な空気感の話というのは、アニメになったりするととたんにぐずぐずになるので、むしろやめてください(笑)。

何にせよ、まだ1巻。続きが楽しみなマンガです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
水上悟志は希代のストーリーテラーだと思います。
難解な設定であっても分かりやすく伝える。
きっと頭のいい方なんだと思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
ほのぼの系の絵で、意外とシリアスなストーリーってのは、前作「散人左道」と

似たところがありますが、より腕を上げられたなぁって感じです。

今回は魔術師に姫君、そして騎士というファンタジー路線をおとりですが、

舞台が現代の日本のようですので、それはあくまで“殻”って感じかな?

絵柄ではなく、心理描写で緊迫感を演出される技はなかなかお見事です。

しかし、少年画報社からの刊行ってことと、今ひとつ有名ではおありじゃない(失礼!)

ってのが相まってか、発行部数が少ないようですねー。

書店店頭で見つけるのは意外と大変かもしれません。(苦笑)

もちろん好き嫌いはあるでしょうけど、騙されたと思って読んでみて頂きたい一冊ではあります。
コメント 34人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー