通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
情愛の奸: 御広敷用人 大奥記録(十) (光文社時... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 基本的にキレイな物を出品しております。中古品の為、多少の使用感(ヤケ)のある物もございます。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後、迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

情愛の奸: 御広敷用人 大奥記録(十) (光文社時代小説文庫) 文庫 – 2016/7/12

5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫, 2016/7/12
"もう一度試してください。"
¥ 670
¥ 670 ¥ 75

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 情愛の奸: 御広敷用人 大奥記録(十) (光文社時代小説文庫)
  • +
  • 典雅の闇: 御広敷用人 大奥記録(九) (光文社時代小説文庫)
  • +
  • 柳眉の角: 御広敷用人 大奥記録(八) (光文社時代小説文庫)
総額: ¥2,010
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

八代将軍・吉宗の命を受け、竹姫を継室とする根回しのため京へ上った御広敷用人の水城聡四郎。その帰路、新たな吉宗の命で尾張名古屋に寄った聡四郎は、尾張徳川の「秘事」に触れる。御三家筆頭の運命を決める事実を握った聡四郎に、新たな刺客が放たれた。未曽有の危難を乗り越えるために聡四郎がとった秘策とは―。大人気を誇るシリーズ、待望の第十弾。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

上田/秀人
1959年大阪府生まれ。大阪歯科大学卒業。’97年、桃園書房主催第20回小説CLUB新人賞佳作。2010年『孤闘 立花宗茂』(中央公論新社)で第16回中山義秀文学賞受賞。2014年版「この時代小説がすごい!」文庫書き下ろし部門作家ランキング第1位となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 338ページ
  • 出版社: 光文社 (2016/7/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334773141
  • ISBN-13: 978-4334773144
  • 発売日: 2016/7/12
  • 商品パッケージの寸法: 15.4 x 10.5 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 27,399位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
チャンバラ相手が伊賀者から成瀬家家臣となり、見せ場としては同工異曲。その辺は他シリーズとも同様で、手慣れたもの。他シリーズ「日雇い浪人生活録」で、漸く積極的に経済面に光を当てておられるが、前作でも言及したとおり、本シリーズでは550石の中堅旗本の台所事情を、台所を切り回すツンデレ奥様「紅」を中心に据えつつ、作者の研究成果を披露してほしいもの。采地での特産品(→物成り)育成が始まったころであり、采地の経営ぶりこそが「カネの成る木」に成りつつあったころ。町人出身の「紅」が、その金銭感覚、江戸町家の生活感覚を生かして、采地担当の郷方用人を使い、どう取り組んで家の収入を増やし、主人公「聡四郎」の懐事情を支えるのか興味があるところ。剣の師匠を、簡単に月給2両、年24両で雇えてしまう懐事情(その源泉)に納得感がないと、単に荒唐無稽なチャンバラ作品に堕してしまい、「紅」の出番を多くと期待するツンデレ「紅」ファンとしては残念なことと言わざるを得ない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
チャンバラを延々と続けても仕方ないのでは?厭きてきた。用人としての本来業務や、屋敷内での暮らしぶりなどを盛り込んで話を進めてほしい。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ats 投稿日 2016/7/17
Amazonで購入
上田さんの作品は、どれを見ても素晴らしい、読みだすと時間を忘れて読みこんでしまう。これから先も我々フアンの為にも。お体大切にお願いします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告