中古品
¥ 287
+ ¥ 257 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [単行本]帯なし、カバー背側上部縁に切れ3mm、透明ブックカバーに入れて送付いたします。中古感ありますが読む分には差し支えありません。書きこみなしチェック済み(見落としの場合は返金もしくは返品対応)。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

情報社会学序説―ラストモダンの時代を生きる NTT出版ライブラリーレゾナント001 単行本 – 2004/10

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥ 8,596 ¥ 202
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

 村上泰亮のライフワークが、産業社会を対象とする学際的な社会科学、すなわち「産業社会・学」の構築だったとすれば、その後輩である著者の仕事は「情報社会・学」の構築となるだろう。
『文明としてのイエ社会』以来、日本の近代化を技術、軍事、産業、知識の各面で段階づけてきた著者が、レベルや深度といった新たな概念を導入して描き出す、国際社会のパラダイムの新しい展開。
 一見、難解に思えるサブタイトルだが、近代化の三つの基本局面に対応する社会組織原理として、主権国家にとっての公の原理(プレ・モダン)、産業企業にとっての私の原理(モダン)、情報智業にとっての共の原理(ラスト・モダン)を区別し、情報化の進展に伴って「共」の原理の重要性が増す、との主張から生まれたものだ。
 三つの原理の共存を相互補完に導く公文情報学の決定的論考である。

内容(「BOOK」データベースより)

「情報社会・学」は、「情報学」一般でも「情報の社会学」でもない。知識と産業の発展に伴う個人のエンパワーメントがもたらす新しい行動原理と、そこから創発してくる新たな社会秩序の形を予想すると共に、そのガバナンスの方策を学際的に解明するのが「情報社会・学」の使命だ。これまで数世紀単位の時間・空間軸の中で、文明の分類、近代文明の特徴づけ、日本近代化の見直しなどを考察してきた著者が、いよいよ本書で情報社会自体の分析に挑戦する。次なる文明への進化をも見据えた『情報文明論』『文明の進化と情報化』に続く見逃せない論考。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 359ページ
  • 出版社: NTT出版 (2004/10)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 475710135X
  • ISBN-13: 978-4757101357
  • 発売日: 2004/10
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 614,102位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2006年11月14日
形式: 単行本Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2009年12月5日
形式: 単行本Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2004年11月11日
形式: 単行本
12人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
VINEメンバー
2005年8月31日
形式: 単行本
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告