¥ 1,890
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
情報理論の基礎―情報と学習の直観的理解のために (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

情報理論の基礎―情報と学習の直観的理解のために (SGC Books) 単行本 – 2008/8

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,890
¥ 1,890 ¥ 3,619
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 情報理論の基礎―情報と学習の直観的理解のために (SGC Books)
  • +
  • 情報幾何学の基礎 (数理情報科学シリーズ)
  • +
  • 情報理論 (ちくま学芸文庫)
総額: ¥6,210
ポイントの合計: 185pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

村田/昇
1964年山梨県生まれ。1992年東京大学大学院工学系研究科博士課程修了、博士(工学)。1992年東京大学工学部助手、理化学研究所脳科学総合研究センター研究員、早稲田大学理工学部助教授を経て2005年早稲田大学先進理工学部電気・情報生命工学科教授。専門は数理工学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 181ページ
  • 出版社: サイエンス社; 新版 (2008/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4781912125
  • ISBN-13: 978-4781912127
  • 発売日: 2008/08
  • 梱包サイズ: 21 x 14.8 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 412,756位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
機械学習の観点で,情報理論を学ぼうとすることが目的の本
このため3章で早々と情報幾何が登場します.
これはカールバックライブラー情報量などを擬似的な距離という観点でみることで
情報理論の中に幾何学的な解釈を持ち込むもので,日本の甘利氏らが開いた道である.
非常に直感的ではあるものの,理解しやすいと思います.
e-平坦とm-平坦という話と基に直交葉層に重なって局所座標のようなものを求める.
4章は,符号化の話でここまでが,一般的な情報理論の話となっている.
ここでは,大数の法則は成立するものとして,種々の説明がされている.
5章6章と機械学習の話でモデル選択に対する評価を与える,
これまた日本人の開発したAICとMDLが取り上げられる.(MDLは日本人開発ではありません.)
このあたりから,難易度が急に上がっているように感じた.
この章では統一的な扱いがされておりそのためかもしれない.
6章は具体的名アルゴリズムであるEMアルゴリズムやブースティング,バギングなどを取り上げ
アルゴリズムの説明とその情報幾何的な説明があります.
逆にこちらは簡略になっていて,把握が難しかったです.
とはいえ,1〜4まではおもしろくわかりやすかった.
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告