¥3,300
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
情報抽出・固有表現抽出のための基礎知識 (実践・自... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

情報抽出・固有表現抽出のための基礎知識 (実践・自然言語処理シリーズ) (日本語) 単行本 – 2020/3/31


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2020/3/31
¥3,300
¥3,300
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 情報抽出・固有表現抽出のための基礎知識 (実践・自然言語処理シリーズ)
  • +
  • 機械学習・深層学習による自然言語処理入門 ~scikit-learnとTensorFlowを使った実践プログラミング~ (Compass Data Science)
総額: ¥6,468
ポイントの合計: 92pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


アウトレット本から掘り出しものを見つけよう!
倉庫内で傷を負った本や、返品された商品のうち状態が良い本をお手頃価格で販売中! 詳しくはこちら

商品の説明

内容紹介

AI等を駆使し、価値ある自然言語テキストを適切に抽出・活用する方法を詳しく解説

本シリーズ第3巻に位置付けられる書。
社会の中で日々蓄積されていく電子データの多くは自然言語で書かれたテキストであり、情報社会の伝達手段や知識源として使われている。
これらの情報をデータベースとして整理・構造化し、活用するには、拡散した情報を適切に抽出し関係づける必要がある。
このプロセスを(半)自動化する技術が「情報抽出」である。
その際、各分野固有の自然言語表現をいかに的確にとらえて関係づけるかが重要となる。
本書では、固有表現抽出技術と,固有表現間の関係を抽出する関係抽出技術に焦点を当て、機械学習などを駆使して「情報抽出器」を作るための解説を行う。

内容(「BOOK」データベースより)

本シリーズでは、“どのようなシステムで、どのような自然言語処理技術が使われているか”“自然言語処理技術によって、どのようなシステムが実現可能か”“自然言語処理技術は、社会とどのようにつながっているか”といった疑問に答えることを念頭に、自然言語処理を使ったアプリやサービスを作るという観点に立って、それらを実現するための理論や技術、および、実装に関するノウハウを示します。

続きを見る

登録情報

  • 単行本: 144ページ
  • 出版社: 近代科学社 (2020/3/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4764906104
  • ISBN-13: 978-4764906105
  • 発売日: 2020/3/31
  • 商品の寸法: 40 x 30 x 15 cm
  • カスタマーレビュー:
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 41,488位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません