この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

情報戦「慰安婦・南京」の真実 完全保存版―仕掛けられた情報戦争に勝つ方法 (OAK MOOK 150 撃論ムック) ムック – 2007/6/1

5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ムック
"もう一度試してください。"
¥ 4
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

中国、朝鮮半島、反日メディアの連携を断て!
仕掛けられた情報戦争に勝つ方法 完全保存版

急に沸き起こった「従軍慰安婦」問題。
そして、南京陥落70周年の今年。
日本に仕掛けられた情報戦が、今、日本を陥れようとしている。
米国を舞台に、中国、韓国、北朝鮮が、「慰安婦・南京」をカードにしてわが国
を危機の淵に追いやる。
特定アジア(中国と朝鮮半島)のそんな攻撃を撃退するのは、「事実」と「真
実」の力。
第一線の学者、研究者、ジャーナリストらを執筆陣に迎え、「事実」を徹底的に
追求し、情報戦争への対処法と今後の対策も明らかに。
ワシントンからは、精力的な取材でいつも有益な情報をもたらす古森義久が。国
会からは民主党松原仁が憂国談義を。そして、西尾幹二、黄文雄からの貴重
な提言。秦郁彦は精緻を極める検証で、慰安婦問題の嘘をすべて暴く。
米国、中国、韓国と日本の反日メディアの謀略ネットワークを追求できるのは、
このムックを手にした読者の方々だ。(西村幸祐・編集)


登録情報

  • ムック: 207ページ
  • 出版社: オークラ出版 (2007/6/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4775509373
  • ISBN-13: 978-4775509371
  • 発売日: 2007/6/1
  • 商品パッケージの寸法: 20.6 x 14.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 742,562位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
4
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(4)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: ムック
 日本ほど情報戦に弱い国も珍しいでしょう。
中国、韓国、アメリカにいいようにメディアを操られているのが現状の日本社会です。
慰安婦にしても単なる戦時中の志願売春婦であった人たちを「戦争の被害者」、
南京で少人数の死体が見つかった事件を日本軍の大虐殺(大虐殺なのに人口は増えている七不思議)
に摩り替える日本の朝日新聞、TBSを初めとする異種異形な気持ち悪いほど中韓寄りのマスコミ。

これらの元凶はどこにあるのか、そしてその対策は?
そんなことについて考えさせる本です。
コメント 118人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
ムックになっているがまさに永久保存版でしょう。
米国下院で慰安婦決議案が通りましたが、それが何を意味しているか本書を読めば、
全て理解できます。
南京虐殺、従軍慰安婦は、日本人を永久に立ち直れなくさせる情報戦の武器なのです。

アメリカとシナが手を結ぶ情報戦とは、本書でも多くの人が指摘しているような、70年まえの構図と同じです。
それにしても、豪華な執筆陣、読み応えのあるコラム。ワシントンポストにすぎやまこういち氏、櫻井よしこ氏らと共に意見広告を出した、編集長の西村幸祐氏のパワーが感じられる内容です。
コメント 127人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
本書は、何故、最近米国内で従軍慰安婦や南京事件がクローズ
アップされるのか、その理由を明確に指摘します。多くの捏造が記
述されたレイプ・オブ・南京の著者アイリス・チャンや、従軍慰安婦
の追求の先陣を切る日本を非難するマイク・ホンダ氏の背後には、
中共・韓国政府と連携する駐米反日団体が存在し、彼らを焚きつ
けていたのだと。成るほど合点がいきます。中共韓国の狙いは日
本の弱体化、即ち、日米分断を最大の目的とする日本の国際的な
孤立、更に日本人の贖罪意識の醸成による国体の崩壊なのです。
これら戦争プロパガンダに屈してはいけません。
コメント 91人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ムック
民主主義国家では、世論が政策を決定しますが、その世論を操作している勢力があります。日本は残念ながら見る限りこの点では劣っていると思います。
是非とも外務省の官僚・職員に読んで欲しいと思います。
古い話ですが、日中戦争で70年前の重慶爆撃では、駅前で泣いている子供の写真がアメリカで掲載され、爆撃を行った日本が無差別に市民を攻撃した悪としてとらえられ、アメリカ義勇軍の編成から対日圧力・石油輸出禁止と進み結果、太平洋戦争へと引きずり込まれました。実際には子供の側には親もいてカメラマンと示し合わせて写真を撮らしていたそうです。
悪意のこもった世論操作には一つずつ、つぶしていく必要があります。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック