この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


情報公開法―官民の秘密主義を超えるために (中公新書) 新書 – 2001/2

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「情報は民主主義の通貨」(ラルフ・ネーダー)であり、「国民は連邦政府の顧客」(クリントン前大統領)とされる米国では、情報自由法のもと、行政も企業も市民の請求に応じて情報を公開する態勢が整えられた。新情報公開法施行で、日本の行政、企業に蔓延する秘密主義の壁は超えられるのか。情報機関の活動、公害訴訟等をめぐって日米両国で情報開示を請求し、その展開を追跡して法の理念と実際を考察する。情報請求ガイド付き。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

林田/学
1956年(昭和31年)、長崎市に生まれる。東京大学法学部大学院修了。法学博士。現在、東洋大学法学部教授。住宅部品PLセンター裁定委員、国土交通省新世代交通システム委員会委員。著書に『企業情報の公開と秘密保持』(中央経済社)、『PL法新時代』(中公新書)、『人材活用ビッグバン』(中央経済社)、『よくわかる環境経営』(PHP研究所)、『知的所有権の訴訟戦略』(中央経済社)、『マルチメディアと法律がわかる本』(PHP研究所)他(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 187ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2001/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121015738
  • ISBN-13: 978-4121015730
  • 発売日: 2001/02
  • 梱包サイズ: 17.6 x 11 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,145,646位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

1件のカスタマーレビュー

5つ星のうち4.0

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件中1 - 1件目のレビューを表示

ベスト500レビュアーVINEメンバー
2004年12月23日
形式: 新書
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告