通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
情報デザインのワークショップ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
発売元 KEIZO BOOKS
コンディション: 中古品: ほぼ新品
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

情報デザインのワークショップ 単行本(ソフトカバー) – 2014/7/30

5つ星のうち 2.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2014/7/30
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,389

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 情報デザインのワークショップ
  • +
  • 情報デザインの教室 仕事を変える、社会を変える、これからのデザインアプローチと手法
  • +
  • エクスペリエンス・ビジョン: ユーザーを見つめてうれしい体験を企画するビジョン提案型デザイン手法
総額: ¥8,748
ポイントの合計: 263pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

情報デザインとはうれしい体験のためのデザインです。社会の情報化にともない、近年は
膨大な量の情報、複雑に絡み合った事象をいかに整理し、再構築するかという社会的な課題
が山積しています。これらの問題を解決し、社会をよりよい方向に変え、うれしい体験を生み
出していくことがデザインの役割といえます。そして、デザインはデザイナーだけが携わるも
のではありません、誰もがデザインを実践することができます。

デザインを学び、実践する方法の1つとしてワークショップがあります。ワークショップは、
参加者がおのおの体験・協働して学び合いながら何かを作り出す、学びと創造のスタイルです。
デザインという行為は個人で行われることもありますが、これからは地域や社会、組織やステー
クホルダーなど、まわりの人々を巻き込んで取り組まなければならない課題の解決方法とし
てワークショップを活用することができます。

そこで、デザインとワークショップのエッセンスを凝縮した一冊を作りました。まず1 章で
は、仕事や地域活動に生かすためのデザインとワークショップの基礎をおさらいします。次に
2 章では、企業やコミュニティの活動に応用できるコミュニケーションデザインについて解説
しています。続く3 章では、ヒト・モノ・ビジネスの視点で新たなビジネスや事業を生み出すサー
ビスデザインを学びます。2 章と3 章は「準備→発見→表現→共有」という一連のデザイン
プロセスに沿った15回程度の授業プログラムとなっており、それぞれのデザインをワークショッ
プ形式で学べる作りとなっています。最後に4 章では、チームビルティングやアイスブレイク、
運営のコツなどワークショップを行ううえで実践的に使える手法を数多く紹介しています。
仕事を変えたいと思っているビジネスマン、社会を変えたいと思っている学生、地域社会や
教育環境をより良くしたいと考えている人に、ぜひ手に取ってもらいたいと思います。

それでは、ワークショップを始めましょう。

内容(「BOOK」データベースより)

本書にはデザインとワークショップに関する4つのエッセンスが凝縮されています。(1)仕事や地域活動に活かすためのデザインとワークショップの基礎知識。(2)企業やコミュニティの活動に応用できるコミュニケーションデザイン。(3)ヒト・モノ・ビジネスの視点で新たなビジネスや事業を生み出すサービスデザイン。(4)チームビルティングや運営のコツなどの実践的なワークショップの手法。仕事を変えたいと思っているビジネスマン、社会を変えたいと思っている学生、地域社会や教育環境をより良くしたいと考えている人に、ぜひ手に取ってもらいたいと思います。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 131ページ
  • 出版社: 丸善出版 (2014/7/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4621088378
  • ISBN-13: 978-4621088371
  • 発売日: 2014/7/30
  • 商品パッケージの寸法: 26.2 x 18.2 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 332,659位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

昨日街の書店で目的なく書棚を歩いていて目に留まって手に取った本です。
そして、夕べ自宅でダラダラしながら読んでいて、「この本、いいなあ。」と思ったのでAmazonレビューだとどうだろうと思って覗いたら何と「1」の評価。
その方のレビューを読んだらなるほど。
確かに「情報デザイン」の本として読むと不満が残るかもしれません。

ただ、「ワークショップの方法論」と捉えると初心者には非常に理解しやすい概論書でした。

まだ精読していないということを断っておきます。
この上で以下お読みください。

ワークショップの狙いは何なのか。参加者同士の潜在的に潜んでいる知識や考えを、
ある一つのテーマを軸に互いの意見を交えて、意見を引き出し、新たな何かを生み出す。そんな場だと私自身は理解しています。

その引き出し方、まとめ方を書き上げたものだと感じました。
言い換えれば、「ワークショップ法による情報伝達デザイン」の本。
確かにタイトルとは乖離しているかもしれませんが、書店で手にとって中身を読んで購入すれば、良書だと感じる方がいてもおかしくはないなと思います。

故にタイトルと中身の乖離があるのでマイナス1,でも中身は良書なので満点。都合4点としました。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
情報デザインは「人間中心設計の総称」でもないし、「単に分かりやすい表現をすること」でもないはずです。
表現物としてのデザインに振り切ってしまっている時点で「ああ、よくあるカジリものか」とガッカリしました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
以前、セミナーで著者の本を数冊使用しました。
が、どれもこれも内容にまとまりが無く、回りくどい手法の説明ばかり。
何一つ得られるものがありませんでした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告