通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
情報と秩序:原子から経済までを動かす根本原理を求め... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ★BOOKRIVER★
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 若干使用感程度です。迅速・丁寧心がけます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

情報と秩序:原子から経済までを動かす根本原理を求めて 単行本 – 2017/4/20

5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,700
¥ 2,700 ¥ 1,700

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 情報と秩序:原子から経済までを動かす根本原理を求めて
  • +
  • 文化進化論:ダーウィン進化論は文化を説明できるか
総額: ¥6,372
ポイントの合計: 225pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

・井庭崇氏(慶應義塾大学総合政策学部准教授)推薦
「私たちが生きている世界を新しい視点で捉え、創造的な未来をつくっていくために。
経済社会を革新するためのユニークな発想が詰まっています! 」

・アルバート=ラズロ・バラバシ(複雑系ネットワーク科学、『新ネットワーク思考』著者)絶賛
「本書はわれわれ人間がどのようにして情報からモノを生成し、
情報を金より価値あるものに変えているのかを解き明かす。
ヒダルゴは本書において、21世紀における真の錬金術にまばゆいスポットを当て、
それが経済複雑性から国家間のポテンシャル格差にいたる広い事柄へ及ぼしている
インパクトをありありと浮かび上がらせている」
・エリック・ベインホッカー(経済学者)絶賛
「経済を形作るのは情報だ。しかし、セザー・ヒダルゴの画期的な『情報と秩序』が出るまで、
私たちはそれがどういうことで、なぜそうなのか、浅い理解しか持っていなかった。
本書は21世紀の成長理論に向けての大きな一歩を踏み出す、重要かつエキサイティングな一冊だ」
・ポール・ローマー(経済学者)絶賛
「経済の数学的理論に興味のある者はすべからく、『情報と秩序』を読むべきである」



混迷の時代、「経済成長とはいったい何なのか?」と
あらためて問われることが少なくない。
MITメディアラボで先端科学の幅広い試みに従事するセザー・ヒダルゴは、
「経済成長とはそもそも情報成長のひとつの表われにほかならない」という一歩高い立場から、
経済現象の本質的な解説をしてのける。
経済成長の著しい場所は、ほうっておけば混沌が支配するはずの物理世界で情報が結集し、
秩序が形成されるポイント――著者の提唱する「想像の結晶化」作用が起こる場所だ。
複雑系科学やネットワーク理論を駆使して開発した「経済複雑性指標」で注目を浴び、
WIRED誌上で「世界を変える50人」に数えられた若き旗手が熱く説き語る、
ハイエク図書賞最終候補の先端経済/科学解説。

内容(「BOOK」データベースより)

混迷の時代、「経済成長とはいったい何なのか?」とあらためて問われることが少なくない。MITメディアラボで先端科学の幅広い試みに従事するヒダルゴは、「経済成長とはそもそも情報成長のひとつの表われにほかならない」という一歩高い立場から、経済現象の本質的な解説をしてのける。経済成長の著しい場所は、ほうっておけば混沌が支配するはずの物理世界で情報が結集し、秩序が形成されるポイント―著者の提唱する「想像の結晶化」作用が起こる場所だ。複雑系科学やネットワーク理論を駆使して開発した「経済複雑性指標」で注目を浴び、WIRED誌上で「世界を変える50人」に数えられた若き旗手が熱く説き語る、ハイエク図書賞最終候補の先端経済/科学解説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 288ページ
  • 出版社: 早川書房 (2017/4/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152096837
  • ISBN-13: 978-4152096838
  • 発売日: 2017/4/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.6 x 14 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 34,074位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.0
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
1
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
本書の主張はは一言で言うと
「宇宙万物は計算しており、生命も人間も、
人間社会も全てが計算であり、国家の経済力の高はその情報生産能力で決まる、
それを数値化した経済複雑性指標によって将来の経済成長率を予想できる」
というものだが実際にその肝心の経済複雑性指標と実際の一人当りGDPを比べてみると
日本は経済複雑性指標ランキングで15年以上にわたり首位であり、ドイツ、フランス、米国より上だったが
この15年間で米国とドイツは一人当りGDPで日本を抜き去り、日本はフランスにすら追いつかれた。
米独日仏合わせれば世界経済の半分を占めることになるがこの予想間違いをどういうわけか本書では触れない。
まあはっきり言えば実際の経済は人口構造、言語、政治、社会、気候、文化、宗教、法律、移民、イノベーション等々の影響を
受けるものでありエントロピーがどうだとかで説明できるわけがない。

だいたい労働人口が減り続けてカジノや観光で経済成長だーなどと言っている日本が、
先進国で唯一人口が増加し続けて、さらに著者のような高学歴な頭脳を海外からひきつけ、さらにさらに10年に1つ10兆円IT企業が生まれるアメリカ相手に今後10年で一人当たりGDPで追いつけ追い越せが出来るとはとても思えない(笑
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告