通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
情事 (集英社文庫 143-A) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

情事 (集英社文庫 143-A) 文庫 – 1982/4

5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 453
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 583
¥ 583 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 情事 (集英社文庫 143-A)
  • +
  • 嫉妬 (集英社文庫)
  • +
  • 望郷 (角川文庫)
総額: ¥1,867
ポイントの合計: 56pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

受賞歴

第2回(1978年) すばる文学賞受賞

内容紹介

33歳の夏、いつだって感動的だった夕暮れが、突然、美しさを失った。もう私は若くない…。外国人ジャーナリストとの情事にのめりこんでゆく女の内面を鮮やかに写す話題作。(解説・清水 徹)


登録情報

  • 文庫: 236ページ
  • 出版社: 集英社 (1982/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087505049
  • ISBN-13: 978-4087505047
  • 発売日: 1982/04
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 14,617位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
山田詠美や吉本ばななが流行った18年前、10代の頃森遙子の文章に出会った。
『 私は知らない事は書けない』と言った彼女の作品群は確かに彼女自身が色濃く投影されている感じがする。外国文学のようで、下品な感じがせず、どことなく音楽的で美しい文章だ。
作家との相性は文体なのかもしれないが、私は森遙子以上嵌る作家にはもう逢えないと思う。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最初に読んだ若い頃は知ったかぶりはしていたけど
本当には主人公のきもちはわかっていなかったと思う。
今まるっきり同じシチュエーションに身を置くとすべての言葉が
本当にひりひりと焼きつく。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 riely 投稿日 2004/7/11
形式: 文庫
作者の処女作ですが、女性なら誰もが通る老いへの不安、女としての魅力が失われていくことへの焦り。
とてもうまく表現されていて、共感を覚えました。
最初の部分で、夏が終わろうとしていた。という短い文章にすべてが集約されていて、見事です。
まだ女盛りなのか、ただ枯れていくだけなのか、問いかけもあるのかもしれません。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 AJ 投稿日 2014/10/6
形式: 文庫
鮮烈で、焼けるようにひりひりと痛くて、それでも夏は終わり、日常に戻っていく。音のないパントマイムのような静かな世界。

軽井沢、白人の夫、六本木の酒場、別荘、バッハのパルティータなど女性が好きそうな小道具を散りばめながら、ある地点を目指して物語はすすんでいく。

私はこんなキリキリと痛むような小説を読んだことがありません。内臓をきりでえぐられるように、痛くなる。

夏が終わろうとしていた。ここにすべてが集約されてます。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す


フィードバック