中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悼む人 単行本 – 2008/11/30

5つ星のうち 4.0 130件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,749 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 176
DVD-ROM
"もう一度試してください。"
¥ 6,480 ¥ 9,799
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第140回(平成20年度下半期) 直木賞受賞

内容紹介

全国を放浪し、死者を悼む旅を続ける坂築静人。彼を巡り、夫を殺した女、 人間不信の雑誌記者、末期癌の母らのドラマが繰り広げられる

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 464ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2008/11/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163276408
  • ISBN-13: 978-4163276403
  • 発売日: 2008/11/30
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 130件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 150,752位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 長太郎 投稿日 2017/2/28
形式: 単行本 Amazonで購入
昨夜深更に読了した。毎夜少しづつ読み進めてようやく読破した。同本が刊行されたのは2008年で今から10年以上も前になるし、東日本大震災が起こる3年前になる。
今頃なんでこの本を読んだのだろうか、それは私事になるが長年介護をしていた母が昨年他界したからだった。謂わば自分も母を悼みたかったのである。実はこの本の続編である「静人日記」の方を既に先に読んでいた。何故に本編であるこの本を飛ばしてしまったのかは、多分評判にあるある種の商業性に疑いを持っていたことは否めない事実としてある。元来天邪鬼な自分には「直木賞」という名誉ある賞を受賞した作品に安易に飛びつくような読書は敬遠していたのである・・・。
それで、今回本編であるこの本を読んで坂築静人がいかに「悼む人」となったのかの経緯を知ると同時に、生と死が織りなす人生模様を垣間見て、やはりこの本を読んで良かったと思った。
作品についての詳細な解釈はしないが、偽善者と疑われる静人の必然性をいかにリアルに描き切るかが大事であったのであろう。
その試みは大方成功していたと思うが、自分には読了後正直期待したほどの感動は得られなかった・・・
最後に、印象に残っている最終章で倖世が語る言葉「・・愛などしょせん執着だと言った。わたしはその執着を放します。・・執着を放すことも・・愛、と呼んでもらえるでしょうか。」
を以って終わりとしたい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
人の死に視点をあて、世の中が他人に対して無関心になってきたことへの一面を書き上げた作品。読んでいく中で悼む人の心情・所作に不思議さを感じ入り込んでいく。雑誌記者の死の直前の人の死の描写は目の前で自分が体験しているかのように鮮明に映っていく。自分自身、死の直前には自分を忘れることのない人を求めるのだろうかと考えてしまう。
但し、終盤に書かれた一緒に旅をする女性との容易に想像できる交わりと、母の旅立ちとなる死の描写は現実に引き戻されて少し物足りなさを感じた。
自殺、孤独死。人への無関心も関係があるのだろうか。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 笹の葉 投稿日 2009/8/11
形式: 単行本
天童さんの作品は全て読んでいますが、今回の話は一本筋が通っていない印象を受けます。
そのため、敢えて細かい点を指摘したくなってしまう作品でした。

いろいろありますが、気になるのは下記二点です。

・母親が苦しみながら死につつあるのにそれはほったらかし。
必死に生きている者(しかも母親)のことはどうでもいいのかと思ってしまいます。
ネット上で従兄弟がサイトを立ち上げて「実家に帰るように」と呼びかけているのを
知らされても「お調子者の従兄弟だから」で切り捨てるのはちょっと。
お調子者がわざわざサイトを立ち上げてるんだから電話くらいしたら?と感じました。

・亡くなった人が誰を愛したか、誰に愛されたか、感謝されていたかに焦点を絞って悼む。
負の部分は聞かない。なぜならいちいち全てに感情移入していたら
自分が精神的に疲れるから、って、数をこなすことが重要なんですか。
しかも、実はこの「悼み」自体、自殺の代わりにやってるんです、って
自殺の代わりに悼まれても亡くなった当人も周囲も困ってしまうのでは…。

静人は自分勝手だと思います。
何気に責任取れないのに子供できるかもしれないようなことをやってしまっているし。<
...続きを読む ›
コメント 95人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
天童作品を読むのは初めてでしたが、彼が四国の生まれであることから興味を持ち、この本を手にとりました。
四国は88ヵ所巡礼地であり、様々な思いを胸に各地から人が巡礼しに訪れます。
当方もその一人なので、作中の野宿のシーン等ははじめからすんなりと入ってきて親しみを持てました。

また、当方は病院で看護助手をしているので、人の死後処置に関わることも職業柄あります。
死の直前まで家族の食事介助を受けていた患者たち。そんな彼らの死を目の当たりにしてぽっかりと胸に穴が空いたような空虚感を覚えることが数多くあります。
この「悼む人」はそんな当方にとってかけがえのない作品となりました。
レビューを読むと天童が甘えているとか書いている人がいますが、ここで詳細は記述しませんが、それはないかと思います。

この作品が直木賞をとったのはおそらく報道に一つの指針を提示したからではないでしょうか。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー