¥ 1,404
通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
悶える職場―あなたの職場に潜む「狂気」を抉る がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

悶える職場―あなたの職場に潜む「狂気」を抉る 単行本(ソフトカバー) – 2014/2/19

5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 49

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 悶える職場―あなたの職場に潜む「狂気」を抉る
  • +
  • あの日、「負け組社員」になった…―他人事ではない“会社の落とし穴”の避け方・埋め方・逃れ方
  • +
  • 仕事なんかするより上司に気を使えよ (働く・仕事を考えるシリーズ)
総額: ¥3,780
ポイントの合計: 75pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「未来ある20代社員80人が涙した“壮絶リストラ"の内幕」「会社にたかりしゃぶりつくす“黒いイクメン"の被害」「若手を“うつ"にし続ける女性マネジャーの病理」「夫の“過労死"をめぐって組織の闇と戦った妻の25年間」他……「あるある」「うちの職場まんまww」と大反響を呼んだ、リアルすぎる骨太な事例の数々がここに! 気鋭のジャーナリストが“悶えの構造"の核心に迫る。

出版社からのコメント

【本書に登場する“悶える人"とは】 ■上司からいじめを受け、うつ病などになった人たち ■世間的には“弱者"として捉えられている社員(育児をする男性や女性、うつ病の社員、正社員になることができない人など)に苦しめられている人たち ■リストラや人事異動などにより、精神的に追い詰められている人たち ■過労死などに追い込まれた人たち(とその家族) ――私は、実際に悶えている人たちに聞き取り(取材)をすることにした。そして、私とのやりとりを同時中継のような形で、ほぼそのまま伝えることで、真相に迫りたいと考えた。<著者のことば>

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 293ページ
  • 出版社: 光文社 (2014/2/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4334977685
  • ISBN-13: 978-4334977689
  • 発売日: 2014/2/19
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 558,736位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
インターネットの特集を見て、筆者のパワハラへの対応等が興味深く、
そのようなノウハウが記載されているのではと期待し購入したのですが、
期待はずれでした。
この本は様々な「悶える職場」で働いている方達とのインタビューをそのまま
本にしているのですが、筆者なりのなぜそのような状況になっているのかという
客観的な解釈や感想?のようなものがほとんどで、それらの状況の対処方法や
こうすれば改善する、といった前向きな意見の記述がほぼ存在しないため、読んだ後も、
「なんだかみんな、大変だなー」、ぐらいの感想しか得られず、すっきりしませんでした。

筆者ならもっと痛快な本が書けるのでは?と、ちょっと残念な本です。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本に関しては「強きをくじき弱きを助ける」という弱者の目線に立った論評が多く、世直し的な意味もあって好感度が高い良いライターさんでした。ところが2015年現在、論調がガラッと変わって、負け犬に鞭打ち、弱いものは淘汰されてもしょうがない、的なスタンスで記事を書かれています。残念というか「裏切られた」感じです。強い者におもねるような文章を書く人ではなかったと思います。何があったのかわかりませんが、元の論調に戻ることはないのでしょうか?ガッカリしています。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 rebu- 投稿日 2015/2/27
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
まさにこのような職場は多く、現場の状況を如実に示している。どこの業界も同じことだと再認識した。しかし、どうして、こういう数パターンの暗礁乗り上げ事例に行き着くのか?私は分からない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告