新品の出品:2¥ 3,500より

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

悲しみの街 (紙ジャケット仕様)

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 3,500より

メールマガジン購読:J-POP関連商品
注目のニュータイトルから割引情報、お買い得セールほか、J-POP関連アーティストに関する情報をお届け。 購読はこちら


Amazon の オリジナル・ザ・ディラン ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2007/6/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ディウレコード
  • ASIN: B000R3JDBM
  • EAN: 4988044610965
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 498,535位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 悲しみの街
  2. 五番街の恋人
  3. ねえ、君〉
  4. 魔女裁判
  5. ほら貝を語る
  6. 俺たちに明日はない
  7. 魔法の舟で
  8. 悲しみを抱いた汽車
  9. 馬車曳き達の通る道

商品の説明

大阪の伝説の喫茶店「ディラン」。マスターは大塚まさじ。この喫茶「ディラン」の常連客で結成された「ザ・ディラン」の唯一のアルバム。メンバーは大塚まさじ、永井洋、佐藤博、田中章弘、林敏明、長田和承、石田長生、魔矢イタル、松田幸一という現在もミュージシャン、セッション・ミュージシャンとして活躍する超一流所がずらり。フォーク・ロックからニューオーリンズまで、そのバラエティに富んだ華やかな内容はオリジナル・ザ・ディラン唯一の個性とも言える。オリジナルリリース1974年4月。書下ろしライナーは福岡風太氏!


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
74年4月に発表された、ディラン2の3枚目のアルバム(名義はオリジナル・ザ・ディランですが)。URCに「きのうの思い出に別れをつげるんだもの」「SECOND」という2枚の名盤を残し、ベルウッドに移籍しての1枚目です。URCでの2枚よりもロック指向が強くなり、ボブ・ディランとザ・バンドのような音作りを目指していたというのが伝わってきます。ここで重要なのはこのアルバムは全曲、西岡恭蔵による作詞・作曲ということです。同じく74年9月に発表される4枚目「この世を悲しむ風来坊に捧ぐ」もほぼ同じメンバーで録音されますが、こちらは大塚まさじの曲がメインです(他にカバー曲が数曲)。個人的には、このようなロック、カントリー、ブルース色の強い演奏・編曲の時は、やはり西岡恭蔵の曲の方がはまっているように感じます。大塚まさじの曲はむしろ「時は過ぎて〜ザ・ディラン2ライヴ」のようなギター二本での素朴な演奏でこそ輝く気がします。このアルバムには"プカプカ"や"サーカスにはピエロが"、"ガムをかんで"のような有名な曲は収録されていませんが、それでもディランで一番好きなアルバムです。日本のロックは、アメリカやイギリスといった他の国のロック以上にフォークと強い関わりがあると思います(おそらく、はっぴいえんどが要因ですが)。そういった観点からも絶対に見落とせない、歴史的...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 white8451 VINE メンバー 投稿日 2010/1/26
形式: CD
私はザ・ディラン関連の作品の中では間違いなくNO.1の名盤だと断言する。
ディラン2のフォーク色は陰を潜め、フォークロック、ファンキー、カントリーブルース、ソフトロック等バラエティー溢れる名曲群。作詞・作曲は全曲西岡恭蔵作品。
おそらく、綿密な打ち合わせ無しでスタジオで1から創りあげたであろうその作品の全てが私にとって宝石のようにいつまでも輝きを失う事はない。

ディランへの憧れから出発した彼等が、アメリカンロックの傑作群を消化し、彼ら独自の『日本のロック』を創造したことはもっと評価していい。
最も目立つのはヴォーカルの大塚まさじだが、石田のアメリカン・ロックの影響がうかがえる変幻自在、流麗なギターは本作のサウンドの核になるものだ。
田中、林のリズムセクションと佐藤のテクニシャンぶりも特筆すべきものだ。
永井ようの的確なアコースティック・ギター、フラット・マンドリンもいつもながら素晴らしい。
シンガーズ・スリーのコーラスがまたいい。

佳曲揃いだが、その中でも、国分寺に実際に存在していたロック喫茶『ほら貝』を唄った5『ほら貝を語る』は西岡恭蔵の唯一のコーラスが聴けるという点においても涙なくしては聴けない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ここから大塚まさじ、永井洋、西岡恭蔵らはディランIIへ、
佐藤博、林敏明、石田長生の3人ははっぴいえんどの鈴木茂と組んで、
ハックルバックへと発展したわけです。
貴重な1枚。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック