通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3) 文庫 – 2015/10/9

5つ星のうち 3.5 98件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 929
¥ 929 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 悲しみのイレーヌ (文春文庫 ル 6-3)
  • +
  • 傷だらけのカミーユ (文春文庫) (文春文庫 ル 6-4)
  • +
  • その女アレックス (文春文庫)
総額: ¥2,765
ポイントの合計: 67pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『その女アレックス』の刑事たちのデビュー作

連続殺人の捜査に駆り出されたヴェルーヴェン警部。事件は異様な見立て殺人だと判明する…掟破りの大逆転が待つ鬼才のデビュー作。


登録情報

  • 文庫: 472ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/10/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167904802
  • ISBN-13: 978-4167904807
  • 発売日: 2015/10/9
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 98件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,726位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
アレックスを先に読んでたけど、細かい設定は忘れてた……。
読み始めて、タイトルは妻の名前だと思い出す。
あれ?確か妻は…。と思い出す。
タイトル見直す、ネタバレ…。
ダメだろ!タイトルでネタバレしちゃうの。
出版社バカなの?
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
私も『その女アレックス』を先に読み、読後感が非常に悪く、話の流れがこじつけっぽかったので、あまり評価していませんでした。でも、主人公のカミーユ・ヴェルーヴェン警部、その上司のル・グエン、ハンサムで金持ちのルイ、どけちのアルマンからなるヴェルーヴェン班の人間関係が面白かったため、彼らに再会したくて本書を手にとりました。
私個人的には、猟奇的な殺人、異様な犯人像、主人公のカミーユのピンチなど、通常のミステリの“定型フォーマット”を踏襲している本書『イレーヌ』のほうが面白いと感じました。
期待していたヴェルーヴェン班の人間関係は、2作目の『アレックス』のほうがやはり丁寧に描かれていました。お気に入りのアルマンの活躍も少なかったですが、ヴェルーヴェン班は最高です。
ただ1つ本書で不満なのは邦題です。原題は『Travail soigné(丁寧な仕事)』で、原題のほうが、戦慄すべき犯人像をより適格に表していますので、邦訳はひねりが欲しかったです。
2作目の『アレックス』に本作のネタバレが出てきますので、これから読まれる方は、シリーズ刊行順に本作から読まれることをオススメします。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
読み応えがありました。ユーザーレビューを見て購入を決めましたが、最近レビューが良くても私にとってイマイチな作品が多かったり、またこの作者の『その女アレックス』のレビューが賛否両論だったりして、若干の心配はありました。
でも、これがデビュー作かと驚くほどの内容充実ぶりだった気がします。
登場人物達の人物造形(私はルイが大好きに)、警察内での捜査状況の描写、テーマとなっている犯罪小説に関する知識などなど、薄っぺらさがなく読み応えがありました。
そして、なによりもあの驚愕のトリック(?)。
ただ、難をつけるとしたら、読後に思ったのは犯人があそこまで残虐な殺人を行う理由づけが弱い(もう少し犯人の異常性を深掘りして欲しかった)、それから消去法によって犯人がけっこう分かる点でしょうか。
後味の悪さは、個人的にはあまり気になりませんでした。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ネタバレになるといけないので多くは伏せますが…最初こそ面白かったけれど最後まで読んでの評価はさほど高くありません。
快、不快という以前に、こういう構成だったら読者が驚くだろうという作者目線での仕掛けを披露せんがためだけに書かれた小説、という鼻持ちならなさを猛烈に感じてしまったから。
仕掛け以外には、これといって特筆すべき中身がありません。
読み終わって、それでいったい何だったわけ?とがっかりしました。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
まず重要な点ですが、同著者による「その女アレックス」の前の話になるので、
先に「その女アレックス」を読んでしまうとネタバレになって読む価値が半減します。
(ちゃんと原作通りに出版しない日本の出版社の神経を疑う)

内容はひたすら残虐性の高いものになっています。
人間がボロ雑巾のように描写されることに耐えられる人だけが読んで下さい。
あとは著者のデビュー作だけあって、ツメの甘いところもあります。

「その女アレックス」はサスペンス色が強かったのですが、
本作品はミステリ寄りになっています。
とはいえ、ミステリ小説とハッキリ言えない気がするのが、ルメートル作品の特徴ですね。

この作品は「面白い」と言ったような評価をするようなものではありません。
人間の持つ闇の部分を好奇心で覗いてみるような、そのような作品です。

余談ですが、こういう系統の日本のミステリとしては、我孫子武丸の「殺戮にいたる病」があります。
個人的には暴力性も残虐性もミステリとしての精度も「殺戮にいたる病」の方が上だと思います。
あと、本作品「悲しみのイレーヌ」に使われているようなミステリの手法は、
日本の作家さんの方が格上です。
...続きを読む ›
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー