悪魔を憐れむ歌 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 盤面の傷などの損傷は殆んど無く綺麗な状態です。プロダクトコード、特典等につきましては保証いたしかねます。ケース・パッケージは中古商品ですので、細かな傷や展示によるヤケ・傷みがある商品もございます。あらかじめご了承下さい。通常、土・日・祝日を除いた2営業日以内に発送致します。防水包装し、基本的にはクロネコDM便もしくはゆうメール便での発送となります。3kgを超える商品は、ゆうパックまたはヤマト運輸宅急便で発送いたします。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,980
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: falo-media
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

悪魔を憐れむ歌 [DVD]

5つ星のうち 3.6 34件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,160
価格: ¥ 1,980 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 180 (8%)
ポイント: 1pt  (0%)  詳細はこちら
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サザンフィールドが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

この商品には新しいモデルがあります:

悪魔を憐れむ歌 [DVD]
¥ 1,400
(34)
在庫あり。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で悪魔を憐れむ歌 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 悪魔を憐れむ歌 [DVD]
  • +
  • マイ・ボディガード プレミアム・エディション [DVD]
総額: ¥6,780
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: デンゼル・ワシントン, ジョン・グッドマン, ドナルド・サザーランド, エンベス・デイビッツ, ジェイムズ・ガンドルフィーニ
  • 監督: グレゴリー・ホブリット
  • 形式: Color, Dolby, Mono, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
  • 発売日 2000/04/21
  • 時間: 124 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 34件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005HC8H
  • JAN: 4988135525758
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 25,013位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
利きの刑事ジョン・ホブス(D・ワシントン)が逮捕した残虐な殺人犯が、死刑の直前にホブスに奇妙な言葉を残した。
「また会おう。俺はお前の元に戻ってくる」
そして死刑が執行された。
しかしその直後から処刑された殺人犯の手口と同じ殺人事件が起こる。コピーキャットなのか、警察内部の人間か・・・?
それとも時を越えた不滅の存在なのか・・・?

最初のシーン、死刑囚と刑事ホブスが言葉を交わす場面は結構怖かったです。
これから何が起きるのだろう、とドキドキ・ワクワクだけど・・・
オカルト・ホラーなんだと思いますが、D・ワシントンが出演だとどうもホラーっぽくないし、何となく紳士的な映画に感じる(笑)
ちょっとネタバレですが、悪魔が人間に乗り移る場面があってそんなに簡単に!?っていうか、それじゃぁもうお手上げだわって感じなんですよ!
でも、そのシーンは圧倒されます。スゴイですっっ。
ストーンズの歌を歌いながら・・・っていうのもコワイですっ。
ラスト、決着の手段は大体分かってしまい、やっぱりね〜ですが(笑)D・ワシントンが素敵なのでその辺は良しとしましょう^^
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
グレゴリー・ホブリット監督による犯罪サスペンス+オカルト・スリラー佳作(1998年製作)。

死刑執行となった殺人犯が悪霊と化し、再び刑事と対決する。過去にもある題材を斬新な感覚で描いた1本。

ある範囲(距離)内の人間や動物ならば、自由自在に乗り移る事が可能だという新感覚の悪霊が登場、
主人公の黒人刑事(デンゼル・ワシントン)を標的に周囲の人間を巻き込みながら次第に追い詰めていく物語展開。

死刑囚リース(イライアス・コティーズ)の特異なキャラが印象的。死刑執行の日、
処刑される最期の瞬間までローリング・ストーンズの名曲を口ぐさむ。
怪奇な連続殺人の伏線の敷き方が巧い。前半は過去の犯行手口を見せる悪霊憑き事件の数々を効果的に見せる。
先行くストーリーを焦らすような演出である。

時折、悪霊によるナレーションが挿入される凝った展開で、家族の絆や兄弟の愛憎など、
人間ドラマを織り込ませながら、名優達の演技合戦に力を入れた作風である。

結末のオチは反則気味か、掟破りの印象を残す。が、後味の悪さはなかなかであった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 金森雄高 投稿日 2014/1/19
形式: DVD
神を信じますか?とはよく聞かれる事ですが、それは同時に、悪魔の存在を信じますかということでもあると思う。

日本人には難解…とは思わないです。思い当たるフシは身の回りにいっぱいあると思います。愛が沢山ある様に。

ローリング・ストーンズのこの曲に、同じ世代、同じ英国のビートルズのジョン・レノンが「イマジン」の中で、天国も何もなければいいのにね、と歌ったのが対極で面白いです。

その'60年代は、聖書の終末予想が当たるか、その「時」が間もなく来るとすれば…、ととりわけ欧米のキリスト教国ではかなり揺れていた時代だった背景がある様です。

デンゼル・ワシントンが「はめられた」と何度か言うセリフがありますが、英語でアイ・ワズ・フレームドと言っていました。フレームの中に入れられた…、型にはめられたという事です。

画一的に型にはめる…、これが自由と対極にあり私には不幸や恐怖の元はコレなんじゃないかと思いました。画一的にする勢力、それは私たちの周りにいっぱいありますね(怖)。そう思うと私には難解ではなかったです。

画一より多様な美しさ、それが型にはめられる事にダマされない方法や視点じゃないか、そう感じました。無限や広がりがある方が、私たちをリラックスさせてくれますものねぇ。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
刑事が悪霊と戦うオカルト・スリラー。主人公のホッブスをデンゼル・ワシントン、同僚刑事ジョーンジーをジョン・グッドマン、スタントンをドナルド・サザーランド、グレタをエンベス・デヴィッツが演じている。監督はグレゴリー・ホブリット。

冒頭のシーンは、観客に期待を持たせるに十分なテンションを持っている。しかし、そのテンションは序盤で消えてしまう。神や堕天使という言葉を持ち出しながら、そこを深く突っ込んでいない。だから中途半端な印象しか残らない。雪山で倒れているホッブスが過去を回想するという形で物語は始まる。だが、そういった捻りは必要無かった。むしろ、時間の経過通りにストーリーを進めていった方が面白くなったはずだ。

ホッブスのナレーションが邪魔でしょうがない。完全に喋りすぎだ。観客が映像から読み取って判断すべき事柄をクドクド説明している。小さな親切、大きなお世話だ。説明すると面白味が失われることもあるのだ。スタントンもジョーンジーもほとんど物語に絡んでこない。グレタは意味ありげに登場した上に、アザゼルに関する知識も持っている。だが何の役にも立っていない。「秘密のネットワーク」などという言葉も出てくる。だが、そのネットワークが物語に深く絡んでくることは無い。

アザゼルがホッブスを追い込んでいく流れに無理がある。正当防衛で人を射殺
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー