中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※通常24時間以内に発送可能です。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■午後1時までのご注文は通常当日出荷。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。uu3072_
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

悪魔のパス 天使のゴール 単行本 – 2002/5/2

5つ星のうち 3.2 27件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 700 ¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

これだけ緻密にサッカーを描いた小説を読んだのは初めて。ストーリーにドキドキしながら、ぼく自身、「言葉で展開するサッカー」を楽しみました。 中田英寿(A.Cパルマ)

内容(「BOOK」データベースより)

死を招く最強のドーピング剤「アンギオン」。イタリア、南フランス、キューバと謎が拡がり罠が待ち受ける。そして、セリエA最終節の死闘。日本人選手冬次は果たして死の罠から生還できるのか―。最新長編小説。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 381ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2002/5/2)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344001893
  • ISBN-13: 978-4344001893
  • 発売日: 2002/5/2
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.8 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 27件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 330,147位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
一応、長編ではあるがストーリーはそれほど濃くはない。
村上のサッカーに対する薀蓄を読む本だといってよい。
試合の描写はかなり細かく、サッカー経験者にしか実感できないような部分もある。
選手も実名を使っているのでサッカーを見ない人には読みづらいだろう。
しかしこの本の裏の顔はヨーロッパ紀行本なのだと思っている。
フィレンツェ、ローマ、ナポリ、マドリード、パリ等ヨーロッパの歴史を感じさせる街の描写が挿入される。
どの街の男も女も土地のクラブを愛し、勝負に一喜一憂する。
サッカーが文化として浸透していることがよくわかる。
村上の飾らない書き口もすっきりしていて楽しく読める。
ああ、イタリアに行ってピザ食って飲んでサッカー見たい。
旅心をくすぐる本であった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
この小説は、中田英寿さんのサイト上で連載されたものだそうで、
準備段階から中田さんが協力をしているとのこと。
著者の村上龍さんとサッカー選手の中田英寿さんは友人で、
小説に登場する夜羽は中田さんをモデルに
そして矢崎は村上さん自身をモデルにしているのだと思います。
巻末には中田さんの解説もあります。
ジダン、デル・ピエーロ、インザーギなど
セリエAの実在選手も登場し、
クライマックスの試合シーンは112ページに渡り綿密に描かれています。
サッカーファンの方にはぜひ、お勧めします。
サッカーファンでない私でも十分に楽しめました。
村上さんのサッカーへの愛情が感じられました。
読み終わった後に、セリエAの試合が見たくなります。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 メレーニアという架空のチーム、そこに属する架空の日本人選手と、主人公である多趣味な中年男性の話です。ちょっと昔のパルマ、フィオレンティーナ、ユヴェントスの選手が実名で出てきて試合をしています。初めはメレーニアの選手の名前がなかなか覚えられず、苦労しました。ですが、最後のほうのメレーニアVSユヴェントスのセリエA最終節は100ページを越える内容になっており、かなり読みごたえがあり、そしてすごい興奮しました。文字を読んで、映像が頭に流れる。実在する選手の顔などを覚えている人はなおさらです。
 ですが、半分は推理小説なので、サッカーは好きだけど活字はちょっとという人はつらいかもしれません。僕がまさにそれでした。。。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
サッカーはある程度知っていますがほとんど興味がありませんでした。
それなのに。サッカーを知らなかった私は、ひょっとして人生の楽しみで、すごい損をしているのではないかという気にさせられてしまいました。
Wカップの時期に合わせてこの本が出た時には、いかにもすぎて、全く読む気が起こらなかったのですが。
こんなにドキドキしたのは久しぶりです。
サッカーに興味がない人も、読んでみてほしいです。
(サッカーが好きな人にとっては、どんな感想を持つのかはまったくわかりませんが)
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
『五分後の世界』で獲得した、彼独特の徹底した描写が凄い。特に後半のメレーニャ対ユーベ戦、100ページにわたる洪水のごとき細密描写は一見の価値あり。これは彼にしかできない力技。「文学には余りなじみがないけどサッカーが大好き」な方、「小説はやっぱり描写が命だ」という方はとりあえず読んどくべきです。
ただし物語は皆無に近いので、「小説はストーリーテリングが命」という方にはお勧めしません。ほぼ時間の無駄でしょう。
「トウジ」と「ケンスケ」(または「ヤザキ」「ケンさん」)というネーミングに、「ここまでやるなんて、何か凄い作品になるんじゃないか?!」という期待を持たれた方は肩すかしを食らいます。最近の彼にありがちな、ビジネス・ハウツーっぽい説教臭さや、勉強成果の羅列も全開なので注意。
描写は鬼のように凄いのですが、ほかに見るべきところはないので、迷っている方は文庫化を待ったほうが良いかもしれません。ストーリーテラーとしての彼の復活が待たれます。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
これほどまでにサッカーを主体にした小説を読んだのは初めてだった。サッカー&小説好きなら読めるが、それ以外の人は結構つらいと思う。それだけサッカーの描写が凄いということ。スタジアムの温度、観客の熱気がありありと伝わってくる。おまけに日本人選手・夜羽冬次のチーム以外、選手・チーム名すべて実名で登場。
ちなみに、著者・村上氏は友人の中田英寿選手からサッカーにまつわる話を聞いて書いたらしい。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック