日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

悪魔のいけにえ 公開40周年記念版(字幕版)

 (294)7.51時間23分1975R15+
1973年8月18日。真夏のテキサスを5人の若者を乗せて走るワゴン車。周辺では墓荒らしが多発していて、遺体が盗まれるという怪事件が続いていた。フランクリンとサリーは、自分達の祖父の墓が無事かを確認する為、サリーの恋人ジェリー、友人のカークとその恋人パムと一緒にドライブ旅行をしていた。 途中、乗せたヒッチハイカーの男に襲われるハプニングが発生。車を停めて男を降ろすが、これはこの後彼らに降りかかる悲劇の始まりに過ぎなかった。
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
Amazonオリジナル『シンデレラ』9月3日独占配信開始

「ピッチ・パーフェクト」の脚本家ケイ・キャノンが、有名なおとぎ話を大胆に作り変えた現代風ミュージカル映画「シンデレラ」。大きな夢を抱く野心家のヒロイン(カミラ・カベロ)が、ファビュラス・ゴッドマザーの魔法の力を借りて、夢を実現させようと奮闘。共演者は、イディナ・メンゼル、ミニー・ドライヴァー、ジェームズ・コーデン、ニコラス・ガリツィン、ビリー・ポーター、ピアース・ブロスナンと豪華な顔ぶれ。
今すぐ観る

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
ウィリアム・ヴェイルテリー・マクミンエドウィン・ニールジム・シードウガンナー・ハンセンジョン・デュガン
提供
松竹
レーティング
15歳以上対象
コンテンツ警告
飲酒暴言暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.2

294件のグローバルレーティング

  1. 34%のレビュー結果:星5つ
  2. 20%のレビュー結果:星4つ
  3. 8%のレビュー結果:星3つ
  4. 12%のレビュー結果:星2つ
  5. 25%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

mymy2018/11/10に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
デッドバイデイライト風に見ると楽しい
確認済みの購入
デッドバイデイライトというゲームにレザーフェイスが登場するのですがそのせいで有名人の登場に沸くファンのような心境で楽しく鑑賞できました
エプロン姿でハンマーやチェーンソーを扱ったり、あたりを警戒してオタオタしたり、兄に叱られビクついたり、夕食時にはマスクも変えておしゃれしたり、獲物を取り逃がした悔しさで癇癪を起したり、そういった動作一つ一つがかわいらしかったですね
アイドルですアイドル
個人的には古い映画ということもあり怖さ<かわいさでしたね
デッドバイデイライトをプレイしている方はきっとかわいいレザーフェイスの姿に満足すると思うので是非一度見てみてください
100人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
迷惑喫茶2019/02/20に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
色彩の不可思議
確認済みの購入
絵心がなくても構わない。
「コップに入った水」を色鉛筆で描いてみてほしい。

多くの人が、コップの輪郭を黒い線で描き、その中を満たすように水を青で描くのではないだろうか。
ただご存知のように水は「透明」であって「青」ではない。

絵を描く上で「透明」はありえない。
なぜならそれは描いてないことと同じだからだ。
よって、それ以外の方法で透明を表現しなければならない。

自然界には存在しない「輪郭線」以内を「絵」だとする共通理解を持つ文化圏が、同様に「透明とは青である」と規定したのだ。

こうも言い換えられる。
「青とは透明である」

マリリン・バーンズのタンクトップにも同じことが起こっている。
70人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
マーキー2018/12/22に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
どういう楽しみ方をすればいいのかわからなかった
確認済みの購入
40年以上も前の作品なので多少の安物っぽさは許容するつもりで視聴しましたが、それでもダメした。
ホラー作品として評価するなら緊張感がなさすぎた。レザーフェイスはどんくさそうな太っちょという感じで、緊張感のない奴が緊張感のない追いかけっこをしているといった印象でした。他の方のレビューを見ると、レザーフェイスがかわいいとかありましたが、そういう楽しみ方ならいいのかもしれません。役者の演技も微妙で、特にラスト30分はワンパターンの叫ぶ演技がひたすら続くのはさすがに観ていてしんどかったです。人が叫んでいるのを30分観続けるってしんどくないですか?笑
ストーリーも想定外の展開が全く無く「え、このまま終わるの?」と思いながら終わってしまいました。この作品に対して、キューブリックのシャイニングは同じ時代(5年後ではありますが)なのに、ストーリーも緊張感の演出も役者の演技も素晴らしかったなあと改めて感じました。
70人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
えむ2018/11/02に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
時間のムダ
確認済みの購入
4人が殺されるまでの前半は退屈、最後の5人目が捕まるまでの追いかけっこは子供の鬼ごっこにしか見えない、捕まってからラストまではぎゃーぎゃー五月蠅いだけ。演技が下手くそすぎるし、演出もつまらない。
69人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2017/03/25に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
本当に怖いと思った・・・
確認済みの購入
ホラーの古典の名作なのでいつかは見ようと
思ってました。一度間違えて「悪霊のいけにえ」と言う
z級のDVDを借りてしまいテンションが下がりましたが。

物語りの導入から不穏な雰囲気と引きこまれるカメラワーク。
古い映画なのに私には斬新さも感じられました。
ヒッチハイカ―を乗せて降ろすまでの間にもう
「怖い・・これからどうなるの?」と恐怖で釘付けになりました・・・。

20代の頃に結構ホラー映画にはまって良く見てたし
かなり古い映画だから、まぁ怖さは平気かなと思ってた自分が甘かった。

サリーが最後の生き残りになってからは畳みかけるように
恐怖・凶気が襲ってきます。
私がサリーだったら気がおかしくなると思う・・・。

この手の映画にありがちな全員死亡のラストで無かったのも良かった。
ただ一点、個人的に笑えた所がありました。
サリーをレザーフェイスが執拗に追いかけるシーン(結構長い)

結構良い体格(大柄)なレザーフェイスがチェーンソーを持ち
颯爽と草むらの中を長々と走る姿を見て、学生時代に陸上経験者の私には
「この人、異常殺人者なのに身のこなしがアスリートみたいだな~」と思って。
何故だろう、そこだけプッと笑ってしまいました。

ですがホラー映画としては一級品だと思います。
おススメです。
もっと早く見ておけば良かったな。
76人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
noiraud2019/01/05に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
昔見れなかったのでリベンジ。たしかにこれは傑作だ!
確認済みの購入
学生時代、友人がビデオを借りてきたけど私は怖くて見れず…。その後、ホラー苦手ながらゾンビとか有名どころを見て、ついにこの映画にリベンジ。おもしろかった!怖さもやっぱり健在。

NHKラジオ「シネマストリップ」での高橋ヨシキ&源一郎氏の絶賛を聞き、しかもプライムだったので、これはもう見るしかない。
そのラジオで「美しい」と聞いて、「まさかぁ」と思ってたんだけど、確かに美しい!90年代ごろの映画には、今見るとひどくショボイものがあるけど、それとは全然違う。

テキサスの荒野と青い空。乾いた空気。夏の暑さ。これらはもちろん美しい。でも殺人鬼の狂気の家にも、何か得体の知れないものがある。美しいとか魅力的とは絶対に言いたくないけど。
しかしこの映画のなかの「乾き」と「狂気」は確かに超然としている。

ストーリーも「狂ってる」としか言いようのない展開で驚いた。何が起きるかまったく想像できない。BGMで緊張感をあおったりしない分、逆に常に緊張して見るしかない。そこにあまりにも突然で残酷無非な暴力が!しかも何度でも。最後の最後まで!

さすがに私自身大人になって、少し冷静に見れる部分もあって、例のおじいちゃんハンマーのシーンは笑ってしまった。でも学生時代に見たらどう思っただろう…。かなりショックを受けるんじゃないかな。いや、今見て受けたショックも相当なものだったなぁ。
40人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
KYO-SUKE2019/06/30に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
後世に多大な影響を与えた(のであろう)作品
確認済みの購入
ホラー好きな私ですが、ビビリな性格もあるので「本当に怖いもの」や
「本当にグロいもの」はトラウマになるのを恐れ、観るのを控える節あります。

この作品もソノ類で、多くの方から「ホラーの最高傑作」等との評価があるので
果たしてどれだけ怖いのだろうと、興味有るけど怖くて観れない状態でした。

しかし、とうとう観ました。

観る前は、勝手に「超グロい系ホラー」と想像していましたが
グロさは昨今の地上波でも流せる程度で、慣れきった自分には大したこと無かったです。

私が観て感心したのは、年代とリアリティです。

どれもかしこも、どこかでみたシチュエーションで、お約束というような内容。

しかしそれは、2019年視聴での話で、1974年時点で
「これだけ多くのお約束登場」というのは、後のクリエイター達に
多大な影響を与えた、衝撃作だったのだなと想像できます。

それと、妙なリアリティを感じます。

実際に自分が「こういった状況に陥ったら、こうなるだろうな」とか
「本当に、地球上どこかでありそうな話」と、思わせてくれます。

凝った怖い背景音楽とか、技術を駆使した演出とかがあると
怖いには怖いけど、どこかで本当には無い話と冷めてくる面もある・・・というか。

観てよかったです。
17人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
ぷーん2018/10/31に日本でレビュー済み
2.0/星5つ中
開始20分でギブアップしそう
確認済みの購入
時代だから仕方ないが、カメラ割りはひどいし。

当時、金を払って映画館で見た人はどんな顔して出て着たのだろう...満足していた人間は少ないだろう。

最後まで見ましたが。オチというオチもなく終了。
当時だから許された、名作?(私は思いませんが)になったのでしょう。

2度と見ませんね。
29人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示