¥ 1,193
通常配送無料 詳細
残り5点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
悪霊〈3〉 (光文社古典新訳文庫) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悪霊〈3〉 (光文社古典新訳文庫) 文庫 – 2011/12/8

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1,193
¥ 1,193 ¥ 2,386

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 悪霊〈3〉 (光文社古典新訳文庫)
  • +
  • 悪霊〈2〉 (光文社古典新訳文庫)
  • +
  • 悪霊〈1〉 (光文社古典新訳文庫)
総額: ¥3,394
ポイントの合計: 53pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

街はいよいよ狂乱に向かって突っ走りはじめた。まずは県知事夫人ユーリヤの肝いりによる「慈善パーティ」で、何かが起こる気配。その背後では着々と陰謀が進行し、「五人組」の活動も風雲急を告げる。ワルワーラ夫人とヴェルホヴェンスキー氏、スタヴローギンとリーザの「愛」の行方は?愛と悪、崩壊と再生のクライマックス。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ドストエフスキー,フョードル・ミハイロヴィチ
1821‐1881。ロシア帝政末期の作家。60年の生涯のうちに、巨大な作品群を残した。キリストを理想としながら、神か革命かの根元的な問いに引き裂かれ、ついに生命そのものへの信仰に至る。日本を含む世界の文学に、空前絶後の影響を与えた

亀山/郁夫
1949年生まれ。東京外国語大学長。ドストエフスキー関連の研究のほか、ソ連・スターリン体制下の政治と芸術の関係をめぐる多くの著作がある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 626ページ
  • 出版社: 光文社 (2011/12/8)
  • ISBN-10: 433475242X
  • ISBN-13: 978-4334752422
  • 発売日: 2011/12/8
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 145,956位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ヒデボン VINE メンバー 投稿日 2011/12/11
形式: 文庫
 「悪霊」を完読したのは今回が2度目、数十年ぶりのことだが、あらためて読み終わって、これほど恐ろしい、悍ましい小説だとは思わなかった。と、同時にこれほど滑稽な世界が描かれていたとも思わなかった。
 多くの個性的な登場人物が入り乱れて世紀末の狂騒劇を描きつくす。最終章に近づくにつれ、多くの人間が殺害されたり、病死したり、はたまた自殺したりで死んでゆく・・・・・。

 「悪霊が人から出て豚に入ると、豚の群れは崖より湖に駆けおりて溺れ死んだ・・・・・。」

 亀山先生がしつこく追及する「教唆」と「黙過」に特徴づけられる悪魔と神の世界。ピョートル・ヴェルホヴェンスキーとニコライ・スラヴローギンの思想・行動。こだわりの言葉、「使嗾」(しそう)とは?
 革命・反革命がうごめくなか、二組のカップルの行く末は?

 相変わらず、亀山先生の詳細な解説がうれしい。またこの2011.3.11大震災に対する先生の思いは?

 「悪霊」本編はこれで完結するが、どっこい、まだまだあるのだ・・・・・

 
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
とうとう完結した。

亀山郁夫の渾身の訳業である。
これなら初めての読者でも最後まで一気に読みとおせるのではないか。
(ただしそれにしても時間がかかりすぎた! その点、不満もあるが一応は完成を喜びたい)
先日、特別編が出るとの案内が載ったが、これだけは遅れてもらっては困る。

今回の訳でも、亀山は、極力、ニュートラルとリズムを心がけているように見えるが、それによって、時代がかった雰囲気が払しょくされ、ドラマの明暗がはっきりと浮かび上がった。翻訳を感じさせない文体なので、登場人物一人ひとりの強さ、弱さがしっかり伝わってきた。

以前、ある講演会で訳者は、自分は描写的な翻訳とは無縁である、と主張していたが、その意味がようやくわかったような気がする。
ようするに登場人物の内面に入り込んでその内側から訳すということらしい。抽象的だが、よくわかる。

第3巻のクライマックスはいくつもある。ピョートルとキリロフの対決が、やはり圧巻である。
スタブローギンも自分の弱さをすべてさらけ出して自殺する。とても人間的なスタブローギンに仕上がった。

それにしても恐ろしい物語だ。ドストエフスキーはいったい何を考えてこんな小説を書いたのか。
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
 この作品で特に印象に残ったのはキリーロフの言葉だった。
 「いいことです。赤ん坊の頭をかち割っても、いいことなんです。かち割らなくてもいいことなんです。なにもかもがいいことなんです。なにもかも。なにもかもがいいとわかっている人にとっては、それだけでもう、すべていいことずくめなんです。みんなが、これでいいとわかるようになれば、みんなにとって何もかもよくなるんです、でも、これでいいってことがわからないうちは、みんなにとってよくないんですよ。思想といっても、それだけのこと、それだけのことで、それよりほかに、何も、どんな思想もないんですよ!」二巻82p。
 「瞬間があるんです、ものの五秒か六秒しか続かない、が、とつぜん、完全に獲得された永遠の調和の存在を感じることができる。それはもう、地上のものじゃない、といって、天上のものと言ってるわけでもない、この地上の姿をした人間には、とても耐え切れないもののことを言ってるんです。こうなるともう、肉体的に変化するか、死ぬしかない。あれはね、明晰で、文句のつけようのない感覚なんです。まるで、とつぜん全自然を感じて、思わず言葉がでてくる。「そう、これが真実なのだ」って。神がこの世界を創造したとき、毎日創造が終わると言った。「そうだ、これが真実なのだ、これはよいことだ」とね。これは・・・これは感動なんかじゃなく、たんにそう、歓びとしか
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
欲望渦巻く現在の社会問題の原点ともなりうる。著書である。新しい思想、新しい制度、そして人の世の中が変化はするが、信仰とは普遍であり、それは美しい景色であり、宇宙であり自然である。この本は世代の転換期を著すすぐれた著書である
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告