Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 630

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[水瀬 葉月]の悪逆騎士団 そのエルフ、凶暴につき<悪逆騎士団> (電撃文庫)
Kindle App Ad

悪逆騎士団 そのエルフ、凶暴につき<悪逆騎士団> (電撃文庫) Kindle版

5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 630
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 680 ¥ 91

紙の本の長さ: 328ページ

Kindle雑誌セール 99円~
Kindle雑誌が99円~とお買い得!ビジネス、ファッション、趣味・実用雑誌ほか多数。 今すぐチェック
【ライトノベル ストア】: ラノベの人気レーベル、ベストセラー、新着・ニューリリースをチェック。 ライトノベル ストア へ

【クーポンプレゼント】: コカ・コーラ対象商品購入でデジタル商品に使える200円クーポンプレゼント!おひとり様何回でも可能。 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

代々の紋章王が統治するゼルティバッソ紋章国の東端、ニルイースト。そこは脛に傷持つ犯罪者たちや、一攫千金を夢見る荒くれ者たちが集い、暴力と欲望が支配する街。そんな蛮都の風紀を守るべき王国直下の常駐治安騎士団だったが、しかし彼らこそが一番危険で邪悪な存在であった。――人呼んで、悪逆騎士団。誰もが目を奪われる美貌と、誰もが畏れる暴威を振りまく女エルフの団長アリシア。彼女に捕らわれて、新たな団員として暮らすことになった元暗殺者の少年コルナルド。そして拷問騎士、淫蕩騎士、醜悪騎士という出鱈目な団員たちによって繰り広げられる狂乱の事件とは――。「まったく私達はとんでもない悪党だな」悪によって悪を裁く、退廃のダークファンタジー登場!

内容(「BOOK」データベースより)

代々の紋章王が統治するゼルティバッソ紋章国の東端、ニルイースト。そこは脛に傷持つ犯罪者たちや、一攫千金を夢見る荒くれ者たちが集い、暴力と欲望が支配する街。そんな蛮都の風紀を守るべき王国直下の常駐治安騎士団だったが、しかし彼らこそが一番危険で邪悪な存在であった。―人呼んで、悪逆騎士団。誰もが目を奪われる美貌と、誰もが畏れる暴威を振りまく女エルフの団長アリシア。彼女に捕らわれて、新たな団員として暮らすことになった元暗殺者の少年コルナルド。そして拷問騎士、淫蕩騎士、醜悪騎士という出鱈目な団員たちによって繰り広げられる狂乱の事件とは―。「まったく私達はとんでもない悪党だな」悪によって悪を裁く、退廃のダークファンタジー登場!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 13967 KB
  • 紙の本の長さ: 223 ページ
  • 出版社: KADOKAWA / アスキー・メディアワークス (2017/1/6)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01N9K6KTG
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 17,889位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
騎士団なのに『悪逆』.何かの比喩かと思いきや言葉通りの意味と言うことらしく,
嫌われ放題,やりたい放題に面食らうものの,そのぶっ飛び具合が興味を惹く序盤と,
そこから時間を巻き戻し,少しずつ物語の概要を見せていく話運びに面白さを感じます.

また,まさに悪人ならではの論法で正義に刃向かい,圧倒的な悪意で正義はおろか,
自分たちの悪すらも食らわんとする終盤の様子は,軽い興奮と戦慄を覚えるほどです.
ただ,団員らの動きはダイジェストで,ここでの見せ場に乏しいのは否めないところで,
それぞれ事情を抱えているようですし,続刊では一人一人の掘り下げも見せてほしいです.

その一方,やや多めのエロとグロには違和感もあり,話に必要な場面ならまだしも,
一般市民への陵辱行為やお色気を超えた性描写,下劣な言動には眉をひそめてしまい,
そういうジャンルとのことですが,このあたりは慣れていないと拒否反応も出そうです.
このほか,登場人物の名前の多くが捻りすぎというのか,舌を噛みそうなものばかりで….

とはいえ,物語は騎士団に転がり込んできた一人の少年を軸にした広がりを窺わせ,
団長,しかも…となる主人公との因縁,さらには過去や背後の存在も示唆されるなど,
いささか『濃い』あれこれさえ受け容れられれば,楽しみが多そうな作品だと思います.
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
タイトルから分かる通りアンチヒーローものの作品です。とにかく、非常に物語の展開が巧みで、ちょっとした映画を思わせるようなプロットでした。時系列を混ぜることで、序盤で読者の興味を引きつつ、事件の顛末も小気味よく片付けるし、山場の黒幕が明らかになるところも非常に綺麗な展開で、突き抜けて傑作とは言わないけど、こういう作品を適度に読みたいと思わせるくらいにいい作品でした。

ただ、一般的な勧悪懲悪もの、アンチヒーローものと見た場合にはモヤモヤが大きいです。権力を持たず、非合法な存在にならざるをえない主人公らが、合法的手段が使えないが故に非道徳的手段で別の悪と対峙するか、合法的権力が裏の仕事をやらせるために悪党を雇う(服従させる)というのがこの手の王道です。ところが、本作の主人公らは国に認められた騎士団として権力を持っていて(しかもエピローグで更なる事実が明かされる)、超絶的な戦闘能力も持ってる。つまり、設定上はアンチヒーローの必然性がなくて、本当にただ権力を持ってる純粋な悪党になってる。

そこは少なくとも今回の話では物語展開の巧みさで、いい塩梅になっていますが、続きを読みたいと考えた場合に、この作品の良いようなところで悪いところのような気もする不思議な感覚です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
アニメ化された「C3-シーキューブ-」を代表作に持つ水瀬葉月さんの新シリーズ。
あとがきに書かれた近況報告によると、最近はアニメやソシャゲの脚本のお仕事が多いそうです。

主人公たちが一番の悪党という事で、どういうバランスになっているのかと思ったのですが、
読んでいてそこまで主人公達が悪い連中には思えなかったです。
というか、敵の方が普通にもっと酷い事してますしね。
これは塩梅として、あんまり酷すぎる連中にすると、ライトノベルの読者の共感が
得られなくなってしまう恐れがあるため、それを避ける目的でブレーキを掛けたのかなーと。

不敵な女性リーダーに、個性的な仲間たち、そこへ感情の起伏のない幼い少年が新しく入って・・・
というガジェットや展開は、アニメ化もされたコミック「ヨルムンガンド」とちょっと似てるような気も。
いや、こっちは「フフーフ」とは笑わないですけども。

ちなみに著者さんのホームページでは、このレビューを投降した時点では
本作品の紹介フラッシュムービーが公開されていました。
興味のある方は、ご覧になってみてはいかがでしょうか。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Millefeuille トップ1000レビュアー 投稿日 2017/2/16
形式: 文庫 Amazonで購入
世界観はまるで「ブラックラグーン」、投入された少年は「ヨルムンガンド」よりヨナ坊、という感じの、汚れた世界に根ざす
善性ではなく悪性の騎士団のお話。物語中では人の命も軽く扱われ、富裕層は快楽に耽る堕落した都市の様子が描か
れます。

流れるように話は進み、その度々にキャラクターの視点が変わるので、ややもすれば分かり難く不快な話になりがちです
が、文章の書き方が巧いのか、混乱すること無く読み進めていけました。ただし、生々しい描写こそ少ないですが、基本的
には残酷でエグい話ですので、忌避感や不快感を覚える読者もでるだろうと想像できます。

面白かったですし、予想外の展開も良かったのですが、強いていえば王道とはいえ最後に全員揃って本気を出して敵を
圧倒的なまでに蹂躙する様は、俺TUEE過ぎてせっかくの文章上手が映えていない気がしたので★ひとつ削りました。

でも次巻が出るなら買い求めたいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover