通常配送無料 詳細
在庫あり。
Kindle版は今すぐお読みいただけます。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
悪童日記 (ハヤカワepi文庫) がカートに入りました
& 配送料無料
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: Amazoカタログとカバーが違います。おもて表紙左下で軽い折れ跡があります。◆清掃、 アルコール消毒済み、OPP袋封入◆研摩跡と経年ヤケ若しくはやや濃い目のヤケが天、小口、地、本体回りで確認できます。目につく大きな汚れ、傷はありません。◆Amazon専用在庫 の為、在庫切れ、併売はありません◆状態:中古品、外:「きれい」、表紙に軽い凸凹がありますが、斜めにして見て確認できる程度ですので通常は気にならないと思います。◆帯:なし◆15時までに確定分は原則翌日発送となります。◆ゆうメールにてお送りします。◆日祝配送不可です。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。ご不在でもポストへ投函※郵便追跡はできません ◆清掃、 アルコール消毒済み、汚れ等は出来る限り落としてあります。中古本の性質上ごく浅い通常気にならない程度の凹凸がある場合があります。一読したところ、内部に書き込み、焼け、破れはありませんが、完全なチェックができませんので、見落としの可能性があります。少しでも見落としが気になる方は、他の方からの購入をお進めします。中古本として問題なく読める状態です。綺麗な商品を取り揃えていますが中古品の性質上まれに書込や経年ヤケ等の未発見箇所がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、評価前にご連絡をください。【不要な個人情報は細かく裁断していますので安心してお求め下さい。併売はありません。◆Amazon専用在庫◆
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


悪童日記 (ハヤカワepi文庫) (日本語) 文庫 – 2001/5/1

5つ星のうち4.6 145個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版 (電子書籍)
単行本 ¥9,038 ¥2
文庫
¥726
¥726 ¥180
お届け日: 8月8日 土曜日 詳細を見る
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • 悪童日記 (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • ふたりの証拠 (ハヤカワepi文庫)
  • +
  • 第三の嘘 (ハヤカワepi文庫)
総額: ¥2,200
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

商品説明

ハンガリー生まれのアゴタ・クリストフは幼少期を第二次大戦の戦禍の中で過ごし、1956年には社会主義国家となった母国を捨てて西側に亡命している。生い立ちがヨーロッパ現代史そのものを体現している女性である。彼女の処女小説である本作品も、ひとまずは東欧の現代史に照らして読めるが、全体のテイストは歴史小説というよりはむしろエンターテインメント性の強い「寓話」に近い。
そもそもこの小説には人名や地名はおろか、固有名詞はいっさい登場しない。語り手は双子の兄弟「ぼくら」である。戦禍を逃れ、祖母に預けられた「ぼくら」は、孤立無援の状況の中で、生き抜くための術を一から習得し、独学で教育を身につけ、そして目に映った事実のみを「日記」に記していく。彼等の壮絶なサバイバル日記がこの小説なのである。肉親の死に直面しても動じることなく、時には殺人をも犯すこの兄弟はまさに怪物であるが、少年から「少年らしさ」の一切を削ぎ落とすことで、作者は極めて純度の高い人間性のエッセンスを抽出することに成功している。彼らの目を通して、余計な情報を極力排し、朴訥(ぼくとつ)な言葉で書かれた描写は、戦争のもたらす狂気の本質を強く露呈する。
凝りに凝ったスタイル、それでいて読みやすく、先の見えない展開、さらに奥底にはヨーロッパの歴史の重みをうかがわせる、と実に多彩な悦びを与えてくれる作品である。続編の『証拠』『第三の嘘』も本作に劣らない傑作である。(三木秀則)

内容(「BOOK」データベースより)

戦争が激しさを増し、双子の「ぼくら」は、小さな町に住むおばあちゃんのもとへ疎開した。その日から、ぼくらの過酷な日々が始まった。人間の醜さや哀しさ、世の不条理―非情な現実を目にするたびに、ぼくらはそれを克明に日記にしるす。戦争が暗い影を落とすなか、ぼくらはしたたかに生き抜いていく。人間の真実をえぐる圧倒的筆力で読書界に感動の嵐を巻き起こした、ハンガリー生まれの女性亡命作家の衝撃の処女作。

登録情報

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
評価の数 145
Amazonは星評価をどのように計算しますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

ベスト500レビュアー
2019年5月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト50レビュアー
2019年5月30日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年6月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
ベスト1000レビュアーVINEメンバー
2020年6月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2018年3月18日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年2月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2019年1月24日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2020年2月25日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告