通常配送無料 詳細
通常1~4週間以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 上原店
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【書き込みなし】多少のスレやヨレ、軽いヤケなど使用感が見られますが、読む分には問題ありません。中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。水濡れ防止にて丁寧に梱包し、迅速に発送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
4点すべてのイメージを見る

悪意とこだわりの演出術 単行本(ソフトカバー) – 2016/8/17

5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 689

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 悪意とこだわりの演出術
  • +
  • 読者ハ読ムナ(笑): いかにして藤田和日郎の新人アシスタントは漫画家になったか (少年サンデーコミックス〔スペシャル〕)
総額: ¥2,204
ポイントの合計: 123pt (6%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

『水曜日のダウンタウン』『クイズ☆タレント名鑑』など、数々のバラエティ番組を手がけるTBSプロデューサーによる初の著書。
人気番組が生まれる背景、芸人の凄さのヒミツから、「ナレーション原稿もすべて自分で書く」こだわりの演出に宿る信念、
藤井ワールドの特徴でもある〝悪意〟の正体まで……。テレビ界、最注目プロデューサーがその「手のうち」を
余すことなく語った、ファンならずとも必読の一冊!
「本当に好きなことでしかその人の最大のパワーは出ないし、本当にやりたいことで突破していかなければ、
そこに未来はありません」。

□第1章 番組作りのこだわり
自分の「好き」と「面白い」を突き詰める/ダメならダメなりの見せ方を/悪意の正体/説明過多は醒める/
人一倍高い反省力と心配力 etc…

□第2章 藤井健太郎 全仕事
限度ヲ知レ/クイズ☆タレント名鑑/テベ・コンヒーロ/水曜日のダウンタウン/芸人キャノンボール2016 etc…

□第3章 テレビマンの青春
入社試験で一度は落ちているTBS/お笑いのノウハウを学んだ『リンカーン』/松本人志の圧倒的な打率/
溜めこんだ無駄が活きてくる etc…

□第4章 サラリーマンこそフルスイング
原動力は「見栄」/面白いモノに価値がないと思われるのはマズイ/会議ネタは少なめに/
「やらせ」をするのは平和な番組 etc…

●特別対談 ×有吉弘行
●元・TBSアナウンサー 枡田絵理奈コラム

内容(「BOOK」データベースより)

『水曜日のダウンタウン』『クイズ☆タレント名鑑』の裏側テレビ界、最注目プロデューサーのすべて!!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 224ページ
  • 出版社: 双葉社 (2016/8/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4575311545
  • ISBN-13: 978-4575311549
  • 発売日: 2016/8/17
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 12.8 x 2.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 13,276位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
TBSテレビのファンでもあり、藤井氏の作る番組のファンでもあったのでこの本を購入しました。

自身の手がけるテレビ番組のこだわり、特にテレビを見てるだけでは伝わりにくい奥行きのある面白さを演出する仕掛けなどが書かれています。
この本でしか知ることが出来ないことも多く必見です。

不謹慎である、という捉え方が出来る面白いものを「けしからん」として感じるか「ばからしくて楽しい」として感じられるかで人生の幸福度は大きく違ってくると思います。
この本を読んで少しでもバラエティ番組についての見方が変わった、興味深い内容であると感じられた人は、少なくとも前者のような感覚の持ち主ではないと思います。

著者の作る番組の魅力は何よりもスタイリッシュさであるとこの本を読んで感じました。
80年代後半から90年代にかけて時代を作り上げてきたテレビマン、実績は素晴らしいが、今の時代の視聴者からするとダサい、寒い、時代遅れなのは否めません。
著者が業界で注目されつつあるのは、上の世代のテレビマンにはないセンスを持っているからであるというのがこの本を読むと一目瞭然です。

はじめにの項で著者がテレビの未来などについて語るつもりも無いと述べています。
しかしながら、この一冊こそが次
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
これまでバラエティー番組や芸人の仕事の裏側に興味を抱いてきた訳ではありませんが、
近年 神経質に「けしからん」だの「不謹慎」だの「教育に悪い」だの言うクレーマー気質な人が増えたように思え、モヤついた気分に風穴を開けたくて本書を手にしてみました。

『悪意と…』だなんて謙遜気味なタイトルを付けておられますが、新しい面白さを追求するための裏切りや攻めや挑戦の事を悪意と言うならば、逆に一体何が善意なんだと思えるくらい、藤井さんの笑い対するこだわりには筋が通っていてスカッといたしました。

一旦「けしからん頭」になってしまった人々からの苦情を一々真に受けて萎縮していたら、エンターテインメントはどんどんスケールが小さくなっていく。娯楽は楽しむためにあるんだから素直に笑ったり驚いたりできない人々に合わせても仕方がない。という、実績のある著者だからこそ断言できるメッセージに胸のつかえが取れた思いです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
藤井Pの番組が面白い理由は、自分が面白いと思う番組を時間と手間をかけ、「「怒られることや社内で立場が悪くなることは、正直、恥ずかしいことではないけれど、自分の満足のいかないモノが日本中の人に見られてしまうのは耐え難いくらい嫌で、恥ずかしいことなのです。」という覚悟をもって作っている。
一方で「ダメな番組の典型は、視聴率が厳しくなったときにその場しのぎのネタに手を出し、なんだかわけのわからない番組になってしまうパターン」「「(フリーランスに比べリスクのない)会社員のエセクリエイターだからこそ、小さくまとまらず思いっきりフルスイングしなくちゃいけないはずです。」 「「サラリーマンの僕らにはそんなリスクは一切ありません。置きにいく理由がどこにあるんでしょうか?失敗したらマズイことって何があるんでしょうか?」というテレビマンもいます。
一般的に下劣と言われる藤井Pの番組ですが、「志の高さ」を感じていたので納得できました。
そんな固い話ばかりでなく、過去手がけた番組の内容で笑うこともできます。よくそんなことを考えるよなぁ・・・てw
一方で、笑いをとるためわざと悪く言ったり、フェイクのルーレットに本気の苦情や意見を寄せてくる人には押忍な感情があるようです。
藤井Pの番組好きな方は、わかるわかると思いながら読むことができると思います。
過去の番組をどうにかして見られないものですかね・・・
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jiji トップ500レビュアー 投稿日 2016/8/17
形式: 単行本(ソフトカバー)
数々のヒットバラエティを手がけてきた藤井氏初の書籍。
ヒット番組の裏側や、著者の番組に対する考え方、こだわりについてかかれている。

個人的に一番面白いと感じたのは藤井氏と有吉の対談で、
2人の物事を「面白い」と感じるポイントを話し合った点が、非常に興味深かった。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
知る人ぞ知るTBSプロデューサーの著書。
個人的に藤井Pは現代の日本における「笑い」の最前線をひた走っていると思う。
ネット上で「バラエティはオワコン」と言われて久しいが、タレント名鑑や水曜日のダウンタウンがネット上で大きな反響をもたらし、また評価が高いのも事実。
藤井Pの番組は、TVだからといって敬遠する人にこそ見ていただきたい。
ありきたりなバラエティで一切笑えない人こそ、彼の番組にハマる要素があるからだ。
個人的に興味深かった内容は、淳、有吉、藤井Pの笑いのセンスが似通っているという点。
確かにこの3人が関わった番組はどれも最高に面白い。
そして松本人志に関わるエピソード。
改めて松ちゃんの天才ぶりを実感した。

TV番組の面白さは、TVに映る演者以上に制作スタッフのセンスも問われる。
普段は制作スタッフのことなんて全く知らずにTVを見ているが、藤井Pの番組は一見して彼が作ったと分かる「面白さ」がある。

「年よりの昔話と自慢話は最高にみっともない、まだ語る資格のあるうちにこの本を書いた」
まさしくその通りである。スター名鑑でも最高に攻めた企画を期待しています。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー