この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

悪徳 [DVD]

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジャック・パランツ, アイダ・ルピノ, シェリー・ウィンターズ, ロッド・スタイガー, ウェンデル・コーリイ
  • 監督: ロバート・オルドリッチ
  • 形式: Black & White, Dolby
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 紀伊國屋書店
  • 発売日 2010/06/26
  • 時間: 114 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003G0EKKC
  • JAN: 4523215038911
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 169,901位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

名作舞台劇をロバート・オルドリッチが映画化。
権力と個人、虚飾と理想の相克を描く反ハリウッド的秀作。

1949年にブロードウェイで初演されたクリフォード・オデッツ原作の同名舞台劇をジェイムズ・ポーが映画用に翻案し、反骨の映画人ロバート・オルドリッチが演出を手がけた秀作。オルドリッチ自身が独立製作し、痛烈なハリウッド批判をそのストーリーの主軸に据えた本作は、当初あらゆるメジャー・スタジオに配給を断られ、最終的にユナイテッド・アーティスツが配給を手がけることになった。撮影は1955年4月25日から、約15日間かけて行われている。

舞台となるのは、ハリウッドスター俳優チャールズ・キャッスル(ジャック・パランツ)の豪邸。チャールズは妻マリオン(アイダ・ルピノ)との離婚の危機に瀕しており、ゴシップ・コラムニストが彼の私生活を嗅ぎ回っている。マリオンは夫がハリウッドの大物製作者スタンリー・ホフ(ロッド・スタイガー)と契約更改し虚飾に満ちた世界と実のない仕事に長時間縛りつけられることに反対していた。自身理想主義者で妻を失いたくないチャールズは、自宅を訪れたホフに対し一度は契約を拒絶する。しかし大切な金蔓である人気俳優を手中に収めておくために、ホフはチャールズが起こした過去の不祥事をネタに彼を脅迫し始める……。
ハリウッドの無情な内幕と、権力に抗しながらもそれに翻弄される個人の姿を描き出した力強いドラマは、観る者を終始画面に釘付けにする。実力ある個性派俳優たちによる、迫力に満ちた演技合戦も見ものである。本作の演出により、オルドリッチは1955年度ヴェネツィア映画祭銀獅子賞を受賞した。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

クリフォード・オデッツ原作による戯曲「ビッグ・ナイフ」を『キッスで殺せ』のロバート・オルドリッチ監督の手によって映画化した社会派サスペンス。芸術志向の俳優・チャーリーを中心に、巨大な映画産業の闇の部分をシニカルに描き出す。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
紀伊國屋さん、またしてもやってくれました!反骨の映像作家ロバート・アルドリッチ監督の『悪徳』の登場です。

映画の舞台はほとんど主人公の屋敷内ですので、演劇をみているような錯覚におちいります。それもそのはず、リベラル派としても知られる舞台作家クリフォード・オデッツ原作の同名舞台の映画化がこれ。したがって、いやでも俳優陣の演技に注目がいってしまう巧いつくり。

アルドリッチ作品でお馴染みのジャック・パランスが架空のハリウッドスター、チャールズに扮して、飾られた名声と良心との狭間で葛藤する姿をさらけ出します。パランスというと一辺倒の悪役や癖のあるアクションスターという印象がありますが、もともと舞台俳優として馴らし、舞台でマーロン・ブランドの代役を務めたぐらいの人ですから本編の演技も程よく熱がこもっていてたいへんいい。悪役向きのバッドマンフェイスが格好良く見えてくるから不思議です。悩めるチャールズの妻マリアンに名女優アイダ・ルピノ。イギリス人ならではの上品で美しい立ち振る舞いを見せながら懸命に夫に良心をとり戻させようと苦悩する女性を演じています。ただ、チャールズの弱みを握り、強引に支配下に置こうとする悪徳映画製作者ホフを演じたロッド・スタイガーの演技が大袈裟なところがたまにきず。この人、しばしば自分の演技力をはなにかけて必要以上に暴走してしまうとこ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 £±± トップ50レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/6/27
形式: DVD Amazonで購入
 元が舞台劇なので後年のアルドリッチ映画に観られるスポーツ感覚に溢れたアクションは殆ど観られませんが、その分は若手の売り出し中だった後に映画賞を得た方も多い錚々たる曲者俳優陣が見ごたえの有る演技合戦を展開しています。
 私の中では肉体派のイメージが強い主人公キャッスルに扮するジャック・パランツ(パランス)が、ここでは舞台で鍛えた見事な演技で二枚目を演じて意外でした。
 ドスの効いた演技と表情から実年齢より年長の配役が多い名優ロッド・スタイガーが、現在ならサイコパスと言って良い他人を操るのに長け、感情をコロコロと変える敵役のプロデューサー、スタンリー・ホフを力演しています。
 当時ハリウッドでは珍しい兼任女流監督でもあった、キャッスルの妻マリオンを演ずるアイダ・ルピノも歳を取ってから出演したホラーSF映画「魔鬼雨」、「SF巨大生物の島」という偏った作品でしか観ていなかったので、美しい頃の姿を拝見出来て眼福でした。
 同じく太った中年女のイメージが強かったシャーリー・ウィンターズが情緒不安定で危険な火種となる女優、エヴァンス役でビッチ振りを見せています。
 それ以外では初期アルドリッチ映画の常連であるブロンドの二枚目ウェスリー・アディや、後ろ姿しか見えませんがストローザー・マーティンが出演しています。
 スタッフでは同じくアル
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 sleepy トップ500レビュアー 投稿日 2015/3/8
形式: DVD
破廉恥で冷徹な巨大な歯車であるハリウッドと、これに抗おうとしダラダラと血を流す大スターの苦悩を赤裸々、
かつダイナミックにさばいた恐るべきフィルムでした。
ハイウッドの内幕を描いた作品では『サンセット大通り』(や『悪人と美女』『イナゴの日』等)が有名ですが、
システム対個人の勝ち目のない戦いを辛辣かつ直球で描いた本作をハリウッドが容認したことが驚きです。

まず漆黒を背景に頭をかかえうなだれるチャールズを演じるジャック・パランスが、
これから始まる彼の苦しみを端的に表していて秀逸です(タイトル・デザインは名手ソウル・バスでした)。
映画はクリフォード・オデッツの舞台劇をもとにしたものでほとんどのシーンがパランスの豪邸のリヴィングの会話に終始します。
しかしセリフと硬軟取り混ぜた唸る芝居で観る者を、現実と理想がせめぎあうジャングルに放り込みます。
ライトまぶしい「夢の国」の裏には送り手側の深い闇が広がっていて、彼らの実体は例えれば冷たく暗い世界の「夜の人々」かと思わされます。
パランスのセリフにあるように「血を流している」夜の人々です。
そして「夢の国」は、止まるには脱線するしかないようなブレーキのない機関車のようでもあります。
突き落とされる人、自ら飛び降りる人・
...続きを読む ›
4 コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告