通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
悪声 がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆在庫確実、保証付き◆◆◆【当店の商品は安心・迅速のAmazon配送センターより発送となります】◇帯付き、本文に書き込みもなく、全体的な本の状態おおむね良好です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悪声 単行本 – 2015/6/20

5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 462

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 悪声
  • +
  • 港、モンテビデオ
  • +
  • よはひ
総額: ¥5,886
ポイントの合計: 178pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

物語の名手の最高到達点

「ええ声」を持つ「なにか」はいかにして「悪声」となったのか――ほとばしるイメージ、疾走する物語。著者入魂の書き下ろし長編。

内容(「BOOK」データベースより)

「ええ声」を持つ少年はいかにして「悪声」となったのか―ほとばしるイメージ、疾走するストーリー。物語の名手が一切のリミッターを外して書き下ろした問題作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 434ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2015/6/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163902880
  • ISBN-13: 978-4163902883
  • 発売日: 2015/6/20
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 443,193位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
これは、ことばを読む本というより、うたを聴く本です。
少しだけ深さのある海の中にからだを沈ませ、頭上のひかりと足もとの闇を感じながら、遠いところから響いてくる音楽を身体で受けとめる、そんな心地になります。
一気に読める本ではありません。折々で浮上して、ひと息ついてほしいです。でなければ、あまり密度の高くて美しい直喩の群に、息が詰まってしまうことでしょう。

人と動物。生と死。光と闇。金と銀。ことばとうた。「ええ声」と「悪声」。
その他にも、たくさんたくさん、対比が出てきます。そしてそれらは、どちらがいい、というものではないのです。

星や、みずうみや、アイススケートなど、他のいしいしんじさんの作品のどこかで見たようなモチーフも散見されます。
しばらくいしいしんじさんの作品からは離れていたのですが、この本を読むことができて良かったです。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
第4回河合隼雄物語賞受賞作。
「世界を読み解き、人々を支える生き生きとした物語を創出した著作」を顕彰する河合隼雄賞。
選考委員は上橋菜穂子さん、小川洋子さん、宮部みゆきさん。
作者の創り出した世界に同調するまでに読み進めていく体力、気力が必要だった。
安易には、物語の中に入り込むことができない。
声、音、うたを中心に展開する不思議で難解な世界観の大作。
読み終わるのには、多大な忍耐と想像力を要するのだが、途中で放り出す気にはなれなかった。
読み終えた達成感。
不可思議な万華鏡の中に放り込まれたような気がする。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 小谷野敦 投稿日 2016/5/30
形式: 単行本
主人公は「なにか」と呼ばれて、そのまま「なにか」であるが、十七歳の少年らしい。人物は登場するし場所もあるのだが、小説に思えない。何が言いたいのか分からない。もっとも、何か前衛的な最先端的な小説を書こうとしていることだけが分かる。松山巌の『日光』がこんな感じだった。
 何しろピンチョンも分からないんだから分かるはずがない。まあ「現代音楽」みたいなものだな。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告