通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
悪ノ大罪 五番目のピエロ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【24時間以内に発送】【プチプチ保護】【清掃済】 外観/目立つ汚れ、キズ、変色なく、中古にしてはとてもキレイです。 中身/目立つ汚れキズ、角折れ、書込み、タバコ臭なく、美品です。( ※厳しく検品しておりますが、万が一記載の状態と大きく異なる場合はご返金にて誠実に対応させて頂きます )
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悪ノ大罪 五番目のピエロ 単行本(ソフトカバー) – 2015/3/18

5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2015/3/18
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 495

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 悪ノ大罪 五番目のピエロ
  • +
  • 悪ノ大罪 眠らせ姫からの贈り物
  • +
  • 悪ノ大罪 円尾坂の仕立屋
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



今、大注目を集める星野源のエッセイ「いのちの車窓から」
怒涛の駆け上がりを見せた2年間の想い、経験、成長のすべてがここに! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

悪い子にはお仕置き それがピエロの仕事!
「悪ノ娘」「悪ノ大罪」ノベルシリーズ累計100万部突破!
犯罪組織、魔道師、そして神……「始動」の第四弾。
【あらすじ】
レミー=アベラールはルシフェニア共和国、ロールド市で暮らす少年だ。彼は孤児だったが、五歳の時に女性貴族ジュリア=アベラールに引き取られ養子となった。可愛がられ、何不自由なくアベラール家の子供として育てられたレミーは七歳の時、悪戯で家の蔵に忍び込み赤いワイングラスを見つける。しかし、グラスに興味を惹かれ手に取ると同時に気を失ってしまう。その日以降、レミーの中にもう一人、「ネイ」と名乗る少女の人格が現れるようになる……。

内容(「BOOK」データベースより)

五番目の道化師は今日も闇夜に踊る―犯罪組織、魔道師、そして神…「始動」の第四弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 303ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2015/3/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569823947
  • ISBN-13: 978-4569823942
  • 発売日: 2015/3/18
  • 商品パッケージの寸法: 18.4 x 13 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 76,905位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

悪ノ娘、大罪シリーズ全てを今まで読んでいます。今作では、エルルカの過去が少しだけ明かされます。曲を聞いただけではイマイチ分からなかった所も、なるほど、となります。
大罪シリーズは色んな所に伏線がはってありますが、少しずつ解明する度に話が更に面白くなります。
悪ノPさんの書く小説は、とても読み応えがあり、他のボカロ小説とはひと味違うものとなっていると思います。小説を読んだあとに曲を聴くと、更に何か新しい発見があるかもしれません。とにかく面白いです。シリーズ全体を通しておすすめです!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
シリーズ全体を貫き、また散々焦らされ続けた怒涛の種明かしが終盤になって一挙に行われるのですが、それが一気呵成に過ぎて超展開にしか見えないのが難点です。

読者としても情報量が一巻に詰め込むにはしては膨大過ぎて消化しきれないと思いますし、それが本題では無いとは言え「メリゴド高地の決闘」が戦闘的には肩透かしに過ぎます。
エルルカの正体=○○○○については、今回明かされた情報を抜いてもそれなりに納得は出来ますし、実際後付ではないように感じられます。
ですが、これまで断片的にも触れられず、周辺ブックレットなどで語られていたに過ぎない紀元前の真実など、あと一巻分あれば余韻も深く感じられたのかなあと思います。

ジュリアとレミーとの間ですれ違う親子関係などは今までの作品における配役を踏まえて考えるとぐっと来るものもありますし、器にされた”彼女”の最期に関してもいい〆方でした。
ただ、仮面云々って確実に後付だろ!?
どんでん返しにしても、悪魔の正体がそれってどうなのよ? 後者はともかく前者については気になって仕方がないです。

ともあれ、扱っている事件が多過ぎてダイジェスト風に収まったのが不満点。
赤猫の彼女の生前の姿がようやく見れたのは満足点。
個人的にはここで明かした設定を上手く終局に向けてまとめられるか、不安半分期待半分と言ったところです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
元々歌が好きで買ったんですがレン君に色々ドキドキさせられました!買わないと損ですね!
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告