通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
悪ノ大罪 ヴェノマニア公の狂気 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悪ノ大罪 ヴェノマニア公の狂気 単行本(ソフトカバー) – 2012/12/22

5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 悪ノ大罪 ヴェノマニア公の狂気
  • +
  • 悪ノ大罪 悪食娘コンチータ
  • +
  • 悪ノ大罪 眠らせ姫からの贈り物
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

累計発行部数80万部を突破した超大作『悪ノ娘』ノベルシリーズの悪ノP(mothy)氏が描く、新たな『悪ノワールド』が始動!!
『悪ノ大罪』シリーズ第一弾は【色欲】の悪魔と契約したヴェノマニア公が主人公!!
時は『悪ノ娘』から約350年さかのぼった、エヴィリオス歴136年。ベルゼニア帝国の北部に位置するアスモディン地方は、ベルゼニアの五公・ヴェノマニア家によって統治されていた。しかし、若き公爵サテリアジス=ヴェノマニアは、数年前に起きた痛ましい事件によって心を閉ざし、屋敷の中に侍従を置かずうらぶれた生活を送っていた。ある時、彼の治めるアスモディン地方で、女性の失踪事件が相次ぐ。それは庶民にとどまらず、いつしか貴族、そしてベルゼニア皇族にまで被害は広まっていった――。
【大罪の悪魔】が引き起こす美しき悲劇が、今、幕を開ける。

内容(「BOOK」データベースより)

エヴィリオス歴136年。ベルゼニア帝国の北部に位置するアスモディン地方で、女性の失踪が相次いだ。それは民にとどまらず、いつしか貴族、そして皇族の女性まで姿を消し始めた―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 267ページ
  • 出版社: PHP研究所 (2012/12/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4569809030
  • ISBN-13: 978-4569809038
  • 発売日: 2012/12/22
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 13件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 198,959位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
悪の娘の続編ということで買わせていただきました。
悪の大罪の一つを物語にした本です。

内容ですが、しっかりしていて割と読みやすかったです。
後味はあまりよくないかもしれませんが、悪の娘が好きな方なら
楽しめると思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 作品そのものは楽曲を元にしながら、終盤のフレーズに浮かんでいた疑問を潰す意味でも大満足です。
 また、関連楽曲の『プラトーの花』の謎も解かれたのでは? と、思えばその点でも、とってもお買い得。

 主人公「サテリジアス=ヴェノマニア(神威がくぽ)」をはじめ、彼のハーレムに加わることになる多くの周辺人物が以前から抑圧された欲望を抱えていたというのも好印象、前「悪ノ娘」シリーズに引き続き「悪」というありふれた言葉が何が何だかわからなくなってくること、請け合いです。

 反面、作品中で重要な役割を持つ「グミナ=グラスレッド(GUMI)」の人物像があまり見えてこなかったのは残念。
 それはそれでラスト効いてくる要素だとは思うのですが、GUMIファンとしては埋没気味で不満かなと。
 むしろ個人的なところでは最後の最後まで引っ張ることになるだろう「ミクリア=グリオニオ(初音ミク)」及び彼女が抱える因業と狂言回し「アイアール(猫村いろは)」の方が今回目立っていたようです。双方お気に入りですが。

 ところでシリーズ全体を追いかける上で見るとすれば導入編としては上々かと。
 親の影響、受け継がれる因果と言う点でこの「色欲」を最初に持ってきたのは正解と言えます。

 悪ノP/mo
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
『エロチックな悲劇的な曲だったものが、このノベルのおかげで、サテリアジス[仮]の心情や物語の背景がわかり、また幼なじみが彼を突き放した理由も加わり、言葉で表せられないくらい深い曲に変わりましたよん』
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
小説自体はとても面白かったです。

大罪のテーマは『色欲』でしたが、
そのような描写は少なく浅かったので、読み易かったです。

他の方のレビューにありましたが、
グミナ(GUMI)は主要人物であり、物語の中枢人物である筈なのに、目立ってないという印象を受けました。

それと、当方は鈴ノ助(絵師)が好きなので、挿絵が鈴ノ助ではない絵師なのが残念でした。

不満はありましたが、
内容は面白いですし、何より悪ノ作品が好きなので、次作品もとても楽しみです。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
悪ノ娘シリーズはすべて読んでおります。
この曲は大好きな曲の一つで、わくわくしながら小説を読みました。
小説を読んでいる最中は、何度も原曲を聴きかえしとても楽しめました。
最後の最後まで想像できない内容で、あっと言う間に読み終えてしまいます
歴史を紐解いていくような感覚です。
読み終えて、ヴェノマニア公もそこに登場するたくさんの人物のことも更に大好きになりました。そして、自分が知りえなかった過去と未来(この時代からして)に大満足です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
悪ノさんらしい話でおもしろかったです!
ただ外のイラストと中のイラストが違っていて私の好みには合わなかったです。
その他はとてもよかったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
『ヴェノマニア公の狂気』という曲を聴いてからの購入だったので、エロ要素が入るんじゃないかとドキドキしながら買ったことでしたが、内容はエロい要素は特になく、むしろ感動しちゃいましたw
小説には、サテリアジス=ヴェノマニアの幼少期、生い立ちなども詳しく書かれていて、サッチー(あだ名)の過去に号泣したことでしたw
どうして、ヴェノマニア公が淑女を連れ去り、ハーレムを作ったのか、彼の気持ちになれば誰かに((殴 ネタバレになりますねこれ以上はw
アイアールと彼がどういった関係なのかということもよく分かりました!!アイアールは愛に飢えた彼に手を貸そうと『ヴェノム・ソード』を差し出し、大罪の器捕獲にr((蹴 おぉっと、すいませんw
このように、この小説を読めば、サテリアジスの心情、悪魔の力を手に入れ、ハーレムを作り上げた理由、その他色々なことがよーく分かります!!
ヴェノマニアはエロマニアではないッ!!っということですね、結末はw
切なすびな内容となっておりますw
私は絶賛オススメします!!
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告