この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


悪への招待状 ―幕末・黙阿弥歌舞伎の愉しみ (集英社新書) 新書 – 1999/12/1

5つ星のうち3.9 5個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
新書
¥1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容紹介

ようこそ、頽廃香る幕末江戸の芝居見物へ。『カブキの日』で三島由紀夫賞を受賞した作家が、芝居茶屋、着物、船遊びなど、当時の風俗を交えて江戸歌舞伎の世界へタイムスリップ。

内容(「BOOK」データベースより)

頽廃の香り漂う江戸・幕末。現代の渋谷に遊ぶ若者ふたりをしたがえ作者ともどもその時代へタイムスリップ。「運命悲劇」の傑作・河竹黙阿弥の「三人吉三」をテキストにして、歌舞伎の愉しさをたっぷり味わってもらう趣向。「月も朧に白魚の…」などの名セリフを織りまぜながら、幕末の風俗、時代背景、歌舞伎をめぐる諸事情、そして江戸庶民の哀しみまでをも活写する。悪の魅力に酔いしれながら、歌舞伎が持つ力を現代に甦らせた、著者入魂の新しい歌舞伎論。


登録情報

  • 新書: 208ページ
  • 出版社: 集英社 (1999/12/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4087200043
  • ISBN-13: 978-4087200041
  • 発売日: 1999/12/1
  • 梱包サイズ: 17.2 x 10.8 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 514,106位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.9
評価の数 5
星5つ
31%
星4つ
29%
星3つ
40%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

5件のカスタマーレビュー

2011年6月20日
形式: 新書Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2003年12月3日
形式: 新書
6人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2001年9月5日
形式: 新書
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2002年7月3日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
2001年9月11日
形式: 新書
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告