悪の教典 Blu-ray スタンダード・エディショ... がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 中古品のため商品は多少のキズ・使用感がございます。デジタルコピー、ダウンロード等は使用できません。記載ない限り予約特典などは付属致しません。商品はアマゾン倉庫内にある為、商品に関する個別のお問合せにはお答えできません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせます)
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 3,650
通常配送無料 詳細
発売元: BLOWIN
カートに入れる
¥ 3,654
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
カートに入れる
¥ 3,880
通常配送無料 詳細
発売元: 美園屋
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

悪の教典 Blu-ray スタンダード・エディション

5つ星のうち 3.4 166件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 3,640 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,436 (28%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ドレミセレクションが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:10¥ 3,290より 中古品の出品:6¥ 1,213より

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)で悪の教典を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • 悪の教典 Blu-ray スタンダード・エディション
  • +
  • 告白 【Blu-ray完全版】
  • +
  • 渇き。 プレミアム・エディション(2枚組+サントラCD付)[数量限定] [Blu-ray]
総額: ¥12,892
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 伊藤英明, 二階堂ふみ, 染谷将太, 林 遣都, 浅香航大
  • 監督: 三池崇史
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョンA (詳細についてはこちらをご覧ください DVD/Blu-rayの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 東宝
  • 発売日 2013/05/24
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 166件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00BHAN0MW
  • JAN: 4988104075918
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 26,428位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

原作:貴志祐介×監督:三池崇史×主演:伊藤英明
最強の顔合わせで贈る、禁断の最狂エンターテイメント!

興収23.4億円、動員175万人突破! ! (2013年1月7日現在)
原作本も累計150万部突破! ! (2013年1月末現在)
ローマ国際映画祭公式上映作品として4分半にも及ぶ
スタンディング・オベーションを獲得!
R15+で破格の大ヒット!

◇本編ディスク(Blu-ray)
カラー/本編129分/2層(BD50G)/スコープサイズ/1080p/2012/日本
音声1:dts-HD Master Audio 5.1ch サラウンド
音声2:dts-HD Master Audio 2.0ch サラウンド
音声3:オーディオ・コメンタリー
字幕1:日本語字幕

【音声特典】
■オーディオ・コメンタリ―(二階堂ふみ×染谷将太×浅香航大)

物語の鍵を握る生徒役の二階堂ふみ×染谷将太×浅香航大が登場。
「ハスミン、三池崇史監督のここがひどい! 」をテーマに作品を語りつくす!

【キャスト】
伊藤英明 / 二階堂ふみ 染谷将太 林 遣都 浅香航大 水野絵梨奈 山田孝之 平 岳大 / 吹越 満

【スタッフ】
監督・脚本:三池崇史 原作:貴志祐介(文春文庫刊)
音楽:遠藤浩二 主題歌:THE SECOND from EXILE 「THINK 'BOUT IT!」(rhythm zone)
製作:「悪の教典」製作委員会 製作プロダクション:東宝映画 OLM 企画協力:文藝春秋

発売元:電通
(C)2012「悪の教典」製作委員会
※デザイン・特典内容・商品仕様は予告なく変更になる場合がございます。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

三池崇史監督が貴志祐介の同名小説を伊藤英明主演で映画化。生徒から絶大な人気を誇る高校教師・蓮実聖司。学校やPTAの評価も高く、教師の鑑とも呼べる彼の正体は生まれながらのサイコパスだった。通常版。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
京都大学中退し、ハーバード大学卒業して、東京の私立高校の英語教師。
あー、あんな風に楽しくのりのりで授業して、職員会議でも世渡り上手な物腰柔らかく爽やかに発言していたら、私も英語教師を続けていたかもと、前半は、後半の恐怖への序章と言えるほど順調に、爽やかな伊藤英明が炸裂。

しかし、後半。
ほころび(そう言えば、『僕の恐い妻』で、妻役の木村佳乃がこのことばを、いかにも恐ろしげに淡々と笑顔で言ってましたね(笑))は、修正するものではなく抹殺するのが、サイコパス。邪魔なものは排除するだけ。

生徒を次々とライフルで抹殺してゆくときの伊藤英明の黒目が、もう、サイコパス。

こわっ!

と思っていたら、本当の恐怖はラストシーンだった。

生き延びた生徒と、奇跡的な不運としか言い様のないAED の自動録音機能が録音していた殺戮中の伊藤英明の呟きによって逮捕された蓮見。

しかし!
蓮見@伊藤英明は、自分がサイコパスで、人格障害だから無罪になることを知っていて、手錠をかけられた手でリズムをならし、口笛をふきながら脚はリズムを踏んでステップをしている。

次に、何をしようかな?

おー、こわ。
続編あり、だと思う。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
映画の本編は面白く素晴らしいと思うのですが、EXILEのエンディングはどう考えても、この作品の価値を下げてしまっていると自分は感じます。
全然合ってないし、むしろ浮いてます。
ここまでの作品を作る三池監督が好んでこのエンディングにしたとは思えません。 
大人の事情と言うヤツなんでしょうか?
だけども映画は最初から最後まですべてが作品だと思うのです!
エンディングも作っているプロの側が手を抜けば、観客だってお金を払って見るプロなのですから、そんな大人の事情小細工は一瞬に見透かされます!
この映画がとても大好きなので、どうしても怒れてしまいます!
本編は五つ星ですが、エンディングが間違ってるとの思いで星2です。
監督の意思にそったエンディングでの再販を望みます。
もし監督がこのエンディングに満足していれば話は別ですが、それはそれで悲しいなぁ。
5 コメント 184人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この作品は原作の持つテイストを出来るだけ丁寧に拾い上げ昇華しようとしているのが非常によく分かる作りになっています。学校の影の支配者・釣井のエピソードや中学時代の石田 憂実のエピソードなど尺の都合でどうしても切り捨てざるを得なかった話はあるもののそれ以外はとにかく原作に忠実に作ろうとしており、それ故に非常に濃い内容になっています。

しかし、その濃さ故に原作未読の人間に非常に分かりにくい部分も生じてしまっており、脚本にかなり無理がある状態になっているのが残念なところです。例えていうなら、年末にやっているその年の大河ドラマの総集編によく似た感じと言えば分かりやすいでしょうか?

何より、原作を大切にしていながら致命的な部分で原作の解釈を誤っており、それ故にチグハグな印象を抱かざるを得なくなっているのが問題です。

まず主人公の蓮見はサイコパスですが、サイコパス=殺人鬼ではないにも関わらず、映画では蚊を殺すくらいの気軽さでどんどん人を殺す人間(まぁラストの殺戮シーンだけ見れば確かにそうなんですが…)として描かれているところ。

原作での蓮見は生まれついての共感欠如の為、感情というものが無く、それ故に怯えや躊躇という感情に邪魔されず常に最適最速で障害を排除する人間として描かれています。もちろん、殺人にも全く躊躇
...続きを読む ›
コメント 74人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
原作既読組です。
限られた時間で、何人ものキャラクターの説明とストーリー展開、よくまとまっていたと思います。
原作の映像化をダイジェストで観ている気分でしたが(笑)
生徒さん達の演技にも、光るものを感じました。
特に染谷君、彼の実力はすごいですよ。

褒めるだけでは何なので、以下に気になった点を
・あゆみ殺害シーン
蓮実が惨劇の夜を起こすきっかけになる、非常に重要なシーンです。
原作では窒息でじわじわと殺していくと同時に、蓮実自身の精神もじわじわと追い詰められていきます。
ここをどう表現するかが、監督の腕の見せ所だと思うのに、あっさり瞬殺。
蓮実はここまで突発的なキャラだったのでしょうか?

・AEDが偶然
蓮実逮捕に繋がる非常に重要なアイテム・AEDが偶然作動。
原作は生徒達が自主的に作動したのだからこそ意味があったのに、これでは台無しです。

・雅彦殺害シーン
今まで生徒を見つけ次第瞬殺していた蓮実が、何故か雅彦にだけは犯行をペラッペラ自供。
正直違和感を感じました。蓮実に立ち向かう雅彦を撮りたかったのでしょうが、それなら原作通りの展開にしてほしかったです。

少なくとも
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー