通常配送無料 詳細
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
悪の教典〈上〉 (文春文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆状態は概ね良好です。中古ですので多少の使用感がありますが、品質には十分に注意して販売しております。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悪の教典〈上〉 (文春文庫) 文庫 – 2012/8/3

5つ星のうち 3.3 214件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 1,851 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 756
¥ 756 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 悪の教典〈上〉 (文春文庫)
  • +
  • 悪の教典〈下〉 (文春文庫)
  • +
  • 黒い家 (角川ホラー文庫)
総額: ¥2,246
ポイントの合計: 69pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

The 144th Naoki Prize nominee(1/2011). Who can stop the most superb teacher if no one knows he is a psychopath? Psycho horror story with picaresque character. Part 1 of 2 In Japanese. Distributed by Tsai Fong Books, Inc. --このテキストは、ハードカバー版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

晨光学院町田高校の英語教師、蓮実聖司はルックスの良さと爽やかな弁舌で、生徒はもちろん、同僚やPTAをも虜にしていた。しかし彼は、邪魔者は躊躇いなく排除する共感性欠如の殺人鬼だった。学校という性善説に基づくシステムに、サイコパスが紛れこんだとき―。ピカレスクロマンの輝きを秘めた戦慄のサイコホラー傑作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 467ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/8/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167839016
  • ISBN-13: 978-4167839017
  • 発売日: 2012/8/3
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.3 214件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 102,529位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
いつも感じる事は、妙にリアリティーがある事。現実的にはあり得ないっしょ、って思うこともあたかも自分がそこにいるかのごとく情景が目の前に現れる。
早く次を読みたい!
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版
設定は中高生向けの薄っぺらなデスゲーム作品(例としては山田悠介の本全般や王様ゲームなど)に似通っているところがあります。主人公がサイコで、たくさん人を殺しますよーっていう、いかにも厨二病にかかった学生が好みそうな設定。しかし内容は雲泥の差ということを肝に銘じていただきたい。あの手の小説しか読んだことのない方なら驚くでしょう。作者の文章力、構成力、知識量と、あらゆる質が比べ物にならないほどに良質です。ここのレビューでは批判意見が多いようですが、貴志祐介の本を読むのはこれが初めてであるため大いに満足しました。むしろこのレベルの作品ですら駄作の域に入る貴志祐介作品のレベルの高さに驚かされます。自分が山田悠介作品のようななんちゃってデスゲームが好きという方、知り合いにそのような人がいてその人にお薦めしたいという方には強くお薦めします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
物語のベースはフィクションであるし、また登場人物が多岐に亘ることから、シンプルにスリリングなストーリー展開を楽しめば良いと思う。
メッセージ性など、どうでも良い。本書は、文字ベースの媒体としては、充分に読者を引き込む力がある。
1ページ、1ページ、ページをめくる楽しみを本書は読者に提供してくれる。
主人公が天才的なサイコキラーなのだが、筆者は少しづつ、その異常性を読者に打ち込んでくる。
何故か主人公に心情に乗っかり、ややもすると応援している自分に驚かされたのだが、人によっては正義感だけを持って生きているのではなく
主人公のような一面を持っているのかもしれない。
結末は、私が望んだ終わり方では無かったので少し残念だったが、上下巻を通してシンプルに読み物として楽しめた。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
貴志さんの作品は「黒い家」や「クリムゾンの迷宮」を過去に面白く読ましてもらった記憶があったので今回の作品も期待していたのですが、思ったより怖くなかったし、設定も緻密さに欠けると感じました。

特に主人公の蓮実が美彌を殺害し屋上から出た所を他の女子生徒に目撃され、その子も殺害。
これではマズい!と『木を隠すなら森の中』の理論で教室の生徒全員を虐殺しようとする流れはとてもじゃないけどIQが高い超インテリのやる事とは思えなかった。
(だいたい一夜で30人以上も殺害し、その罪を全て美術の久米先生に押しつけようという思考事体が稚劣)

殺し方も猟銃で無感情に乱射するだけ。
失礼ながらターミネーター1を思い起こしてしまいました。

文体自体は非常にスラスラ読みやすかったし、上巻を読んでる時点では「これからどうなるの?」とワクワク感もあり楽しめたので★3つとします。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
この本の内容に、この上下巻が必要か疑問を感じつつ、
半日もあれば読了させてしまうのは、読みやすさを
創り出す力量は否定できない。
薄口のチャーハンが物足りなさから塩を求めて大量に食べられるのにも似てる。

読みやすさとお色気描写もあって高校生の時読んだ赤川次郎を思い出したよ。

この本がミステリーと言えるか疑問だが、一定の時間を
潰してくれた娯楽作品ではある。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ハードカバー
発売日にあちこちの本屋を回って上下巻を買い、2日で読み終えました。
貴志佑介はファミコン・マンガ世代の僕らの心をがっちりキャッチして離しません。

さて、読み終えての感想としては・・・まず、読後感がすこぶる悪い。
「バトルロワイヤル」や「不夜城」を読んだ後みたいな、イヤ〜な暗さが残ります。
内容は帯を見て、中盤まで読めば大体想像できると思いますが、学校での大量殺人ものです↓。
私は教職に就いているので、こういう本はあまり世の中に出回ってほしくないなと思いました。

それは置いといて、貴志佑介の本を全て読んでいるファンとしての評価は・・・まぁ、イマイチかなぁ・・・。
今回犯人目線でしばらく物語が進行しますが、IQが高い感があまり感じられず、いきあたりばったりに人を殺す様は
ネタが尽きた頃の古畑任三郎の犯人を見るようでシラケてしまいます。
結局欲望の充足にしか知能が使えない犯人は逆にリアルな感じもしますが、主役としての魅力はどうでしょう。
前作「新世界より」も大量に人が死にますが、あちらは読み終えると、また読み返したくなる魅力がありました。
今作はもう売っちゃってもいいな、読まないなって感じがします。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー