通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
悪という希望――「生そのもの」のための政治社会学 がカートに入りました
+ ¥500 配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品の為、商品に傷みや汚れはありますが、概ね状態良好です。帯付き。◇画像と商品が異なる場合があります。中古品の為、書込み等がある場合がございますのでご了承ください。記載のない限り、帯や特典は付属致しません。通常2~3営業日以内の発送となります。発送は日本郵便(ポスト投函)・ヤマト運輸等で発送致します。△別販路にて販売行っている為、在庫切れの場合はキャンセルとさせて頂きます。ご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

おすすめ商品の読み込み中
お客様へのおすすめ商品

カートに追加中...

カートに追加されました

追加されませんでした

商品はお客様のカートに入っています。

カートを見る

追加されませんでした

本商品をカートに追加する際問題が発生しました。 後でもう一度試してください。
申し訳ありませんが、現在おすすめ商品を表示する際に問題が発生しています。 後でもう一度試してください。
ショッピングを続ける
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


悪という希望――「生そのもの」のための政治社会学 単行本(ソフトカバー) – 2016/1/27

5つ星のうち4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥2,200
¥2,200 ¥500
この商品の特別キャンペーン まとめ買いで日用品等が30%OFF。 1 件
  • まとめ買いで日用品等が30%OFF。
    Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売、発送する【A】対象の日用品等と【B】ドラッグストア・ビューティー・お酒・ベビー&マタニティ・ペット・ホーム・家電・オフィス用品・スポーツ&アウトドア・本などをまとめて購入すると、注文確定時に【A】が30%OFF。10/10(木)から10/30(水)まで。詳しくは キャンペーンページをご確認下さい。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

〈悪〉とは何か――。 人々を脅かす避けるべき〈悪〉、その一方で人々を魅了する〈悪〉。
我々が甘受すべき、「よりマシな〈悪〉」とは何か。
教育、社会、宗教、政治などを主題に、〈悪〉について考察する。
「よりマシな悪」の思考が、現代社会の閉塞を打開するかすかな道を照らす。


「たとえ極めてスキャンダラスな宣言と思われようとも、我々がこの小著において試みようとすることの第一は、〈悪を擁護すること〉、これである。悪は、人々を脅かし、嫌悪の情を湧きあがらせる。しかしまた別の一面の真実として、それは、しばしば人々を魅了する。悪の経験は、実に不確実性の経験である。しかし/そしてその不確実性は、人々を脅かすものであると同時に、ときに人間の自由の表徴であり、積極的なものであり、ちからであり、豊かさであり、変革の可能性でもあって、そうであるからこそ我々は、極めて注意深くではあるが、それでもそれをなにがしか希望でもありうるものとして、擁護したい。」 (「序論―悪の擁護、あるいは民主主義についてのノート」〈神代健彦〉より)


〈目次〉
序 論 悪の擁護、あるいは民主主義についてのノート/神代健彦

第I部 抗いと甘受の閾
第一章 悪とは何か―デューイの倫理学から考える (髙宮正貴)
第二章 災害の分配的正義論―リスクと責任 (保田幸子)
第三章 ジョセフ・ラズにおける二つの正統性 (石山将仁)
第四章 道具的理性批判の現在―啓蒙のプロジェクトの今日的課題について (堀内進之介)

第II部 共生の身悶え
第五章 政治科学の進化論的転回―保革闘争の遺伝子文化共進化について (山本宏樹)
第六章 宗教という「排除できない悪」 (鈴木弘輝)
第七章 教育と責任 (濱沖敢太郎)
第八章 悪を歓待する―民主主義的な集団の(不)可能性について (神代健彦)

解 題―「感情の劣化」への抗いを全体主義のリスクを回避して進める手だてはあるか? (宮台真司)

内容(「BOOK」データベースより)

“悪”とは何か―。人々を脅かす避けるべき“悪”、その一方で人々を魅了する“悪”。我々が甘受すべき、「よりマシな“悪”」とは何か。教育、社会、宗教、政治などを主題に、“悪”について考察する。「よりマシな悪」の思考が、現代社会の閉塞を打開するかすかな道を照らす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 429ページ
  • 出版社: 教育評論社; 初版 (2016/1/27)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 490570698X
  • ISBN-13: 978-4905706984
  • 発売日: 2016/1/27
  • 梱包サイズ: 18.9 x 12.9 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 250,182位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
評価の数 1
星5つ 0% (0%) 0%
星4つ
100%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2016年5月14日
形式: 単行本(ソフトカバー)
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。社会学