Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 842
(税込)
ポイント : 8pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[ちきりん, 梅原大吾]の悩みどころと逃げどころ(小学館新書)
Kindle App Ad

悩みどころと逃げどころ(小学館新書) Kindle版

5つ星のうち 4.3 61件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 842
新書
"もう一度試してください。"
¥ 842 ¥ 204

商品の説明

内容紹介

ちきりん、ウメハラ流「いい人生」の探し方。

月間200万ページビューの社会派ブロガーちきりん氏と、世界一のプロゲーマー梅原大吾氏の異色人生対談。「梅原さんは学校が嫌いで、授業中は寝てばかりいたという。それなのに私の周りにいる、一流大学を出た誰よりも考える力が凄い。いったいどこで学んだの? 学校の役割って何なんだろう……」。そんな、ちきりん氏の疑問から始まったこの対談は、「いい人生の探し方」にまで発展しました。
小さい頃からゲームという“人生で唯一無二のもの”に出あいながらも、「自分の進む道はこれでいいのか?」と悩み続けた梅原氏。一方、いわゆる“エリートコース”を自分から降りたちきりん氏は「頑張って、頑張って、それでもダメだったら、自分の居場所を探すために“逃げる”のも幸せをつかむ方法」と言う。立ち位置も考え方もまったく違う二人が、足かけ4年、100時間にもわたって語り合い、考え抜いた人生談義。学校で真面目に勉強してきたのに競争社会で行き詰まっている人、やりたいことが見つからなくて悩んでいる人必読! 今日から人生が変わります!

内容(「BOOK」データベースより)

17歳で世界のトップに立ちながら、自分の生きていく道は本当にゲームでいいのかと悩み、あがいてもがいて自らの居場所を見つけた梅原大吾氏。一方、「いい学校からいい会社」という学校エリートの道を歩みながら、乗っていた大きな船を降り、回り道して「いい人生」に辿り着いたちきりん氏。世界一プロゲーマーとカリスマ社会派ブロガー―居場所も考え方もまったく違うふたりが、生き方をめぐって語り合った白熱対談。いい人生はどこにある?

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 1726 KB
  • 紙の本の長さ: 131 ページ
  • 出版社: 小学館 (2016/6/6)
  • 販売: 小学館
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01GCEWQL8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 61件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 12,515位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
格ゲー界の神様で野球界のイチロー、将棋界の羽生さんと呼ばわれる人とブロガーちきりんさんの人生の生き方についての本です
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
2人の育ってきた世界(環境)が全く違うのだろうな。そして梅原氏の言葉に説得力があって深い。それは「ちきりん」氏の策略なのかもしれないな。いつか読み返してみたいなあと思った本だった。

対談本はつまらないものが多いがこれは面白い!
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
的外れな表現かもしれませんが、なんか、時代の変化を感じました❗
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
面白かった!
梅原さんのことを更に好きになった。
すごいお人です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
ウメハラ氏の方がはるかに年下だが、彼は、社会からクズだ役ただずだと言われ、
泥水をすすった厳しい経験をしている分、言葉に深みと本質が感じられる。

それに対して、無責任・高学歴おばさんのちきりん氏は、
人生の中でウメハラ氏が味わったような苦労を経験していないので、
低学歴の人や弱者に対する想像力に欠ける。

ちきりんは、高学歴だからこそ一流企業に勤務できて、会社員として順風満帆のキャリアを築いてきたにもかかわらず、
読者に対しては、学校教育、学歴は不要だよと軽々しく煽る。
責任を負わない言葉がとても軽い。

ちきりんの煽り言葉にどれだけの人間が鵜呑みにするのかはわからないが、
そんなちきりんに対してウメハラ氏は現実と本質を突く。

「ちきりんさんは自分に学歴があるから気がつかないんですよ。僕がいた世界では、バイトでさえ学歴で人を判断する人が多くて、それが本当に屈辱的でした。
たとえばレジからお金がなくなった時、学歴のない奴が真っ先に疑われるんですよ。」

「器とは成長の限界ということではない。この器が自分にとっての人生のフィールドで、つまりここが自分の領分で、その中で頑張ればいいんだなと確信できたら、すごく「いい人
...続きを読む ›
7 コメント 259人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2017/5/7
形式: Kindle版 Amazonで購入
とても普遍的、本質的な言葉で書かれていた。わかりやすく明快である。価値ある文章をありがとうございます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
この本では、「学校的価値観」がキーワードになっています。
いわゆる学校が勧めるルートを歩んできたちきりんさんと、それを外れたけれども世界トップレベルの梅原さん。
一見、生きてきた世界が違いすぎる二人ですが、だからこそ生まれる対話の面白みが最後まで続きました。

それにしても、梅原さんの言語化力と理解力の高さ。
学校教育とは一体なんだったのか、とさえ思わされます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
学校教育をテーマに対談した本。
ちきりんさんの現在ある学校教育はおかしいという価値観、「反学校的価値観」はただしい!ということを梅原さんを通じて証明しようとした本に見える。
彼女の上から目線がキツイ人は苦手かもしれない。
議論は基本的に(物書きのプロなのだからあたりまえだけど)ちきりんさんがリードしており、ちきりんさんが自らの価値観をそうだよね?と投げかけて、それに対する答えを梅原さんからもらっているという感じ。梅原さんの答えに対しても、彼の意見へややオーバーな同調を見せた上で、「この部分では私の価値観(反学校的価値観)と言ってること同じですよね?」っていうような持っていき方をしていて、自らの価値観の補強に梅原さんの答えを用いてるように見えた。

一方自分が思うような答えが帰ってこなかった場合には、過去の彼の(反学校的価値観に沿っている)発言を持ち出し、矛盾していると迫ることで翻意を促しており、やはり、反学校的価値観の正しさを証明しようという意思を感じた。

ちきりんさんは社会派ブロガーを自称しており、自分の価値観は正しいということを使命感を持って伝えようとしているように見える。それゆえ発言に筋が通っている。
一方で梅原さんは社会にも他者にもあまり関心なない。だからそれほど筋というものを重視していないように見える。
だからこそちきりんさんの筋書きに乗せられた対談本だなという印象を受けた。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
冒頭に著者のひとりウメハラ氏は、

米国人はウメハラ氏に対して「あなたの動画を見ていると、この部分の動きが他のプレーヤーより非効率に思える。それなのにあなたが一番勝っている。ウメハラさんが一見非効率に見える動きはなぜですか? そこに強さの秘密があるのですか? それとも好みの問題ですか?」といった「質の高い」質問をしてくるのに、日本人は「どうすれば思うように勝てますか?」「みたいな質問ばかり」(42頁)

だという。

ウメハラ氏は「なんでそんなに何も考えていない質問しか出てこないかというと『誰かに答えを与えてもらおうとする前に、自分で考える訓練』をしてないたらだ」とコメントされている(43頁)。

レビューワーはむしろ、日本人は質問をする際、相手に教えを請う意図で「質問」しており、自分の考えを相手にぶつけるのはもってのほかと考えているがゆえにそうした質問になるのであり、自分で考えていないわけではないと考えます。同時に、質問を一種の「対話」と考える米国人の習慣が、深い思考を質問者及び回答者に強いることによって、実りある時間を生み出していることにも注目したいと思います。

ちきりんさんは、「受身の姿勢を学校の規律の中で刷り込まれてしまっている」’(50頁)、「たとえ答えが得られなくてもW
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover