通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
悦ちゃん (ちくま文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 kamesan24
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: * 本書のコンディションは、アマゾンの【ガイドライン】を参考にしてます。品物によりアマゾンイメージとカバーデザインが異なる物、本文やカバーに多少の折れ目がある場合もありますのでご了承下さい。 古本特有の若干の焼け・スレ等ありましたらご容赦下さい。当日~翌日発送を目安に迅速に対応致します。(但し土日祝は休業日なので質問回答や発送作業が出来ません)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

悦ちゃん (ちくま文庫) 文庫 – 2015/12/9

5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 464
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 950
¥ 950 ¥ 400
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 悦ちゃん (ちくま文庫)
  • +
  • てんやわんや (ちくま文庫)
  • +
  • コーヒーと恋愛 (ちくま文庫)
総額: ¥2,742
ポイントの合計: 84pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

内容紹介

ちょっぴりおませな女の子、悦ちゃんがのんびり屋の父親の再婚話を巡って東京中を奔走するユーモアと愛情に満ちた物語。初期の代表作。解説 窪美澄

内容(「BOOK」データベースより)

悦ちゃんはお転婆でおませな10歳の女の子。ちょっぴり口が悪いなおはご愛嬌、歌がとても上手で、周りのみんなも目が離せない存在。早くに母親を亡くして、のんびり屋の父親と二人で暮らしているが、そこへ突如、再婚話が持ち上がったから、さあ大変。持ち前の行動力で東京中を奔走、周囲を巻き込みながら最後は驚きの事件が!ユーモアと愛情に満ちた初期代表作。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 424ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2015/12/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4480433090
  • ISBN-13: 978-4480433091
  • 発売日: 2015/12/9
  • 梱包サイズ: 15 x 10.4 x 1.5 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 18,527位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
この作品が書かれたのは今から思えば大昔で、きっと若者い方は読んでも?と理解できない部分があるのではないでしょうか。しかし戦後間もなくの時代を想像しながら読んでみると場面がなんとなく浮かんできます。エンディングに向かっての予定調和な感じも読んでいてとても心地よく感じました。獅子文六の作品をいくつか読んでみましたが、どれもほのぼのとした雰囲気があって現代にも充分受け入れられると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
先月、朝日新聞の文芸欄で
この『悦ちゃん』がとりあげられていたのをきっかけに買いました。
(決め手はなによりこのカワイイ表紙。
悦ちゃんのルックスはこのイメージで読んでました。)
登場人物は多くなく、サッサと話が進むので
読み終えるのに一日もかかりませんでした。

気はやさしいが、肝心な時に判断を誤りがちなやもめの作詞家・碌さん、
その娘で10歳のおませな悦ちゃん。
碌さんの再婚相手候補は上流階級のメガネ美人と、可憐なデパートガール。

文章というか、文字の使い分けが地味に面白いです。
「~なンだからあ」(会話は「ん」ではなく「ン」がほとんど)や
「わたチも食べません」とか。

「花子とアン」に出てきた村岡花子が「花岡ムラ子」として
チラと出てきたり、当時の市民の生活、風俗が良く出ているのも
読み進める楽しみの一つです。
当時もすぐに映画化されたそうで、現代なら
2時間ドラマにしたら面白そう。イチオシです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 jade 投稿日 2016/2/12
形式: 文庫 Amazonで購入
1960年代初めの生まれだが、その頃は獅子文六の小説が結構家の中にも転がっていた。ケストナーも大好きだったが、『ふたりのロッテ』にも通じるところがあると思って調べたら、ケストナーのは戦後、『悦ちゃん』は戦前だった。こうした manners and morals を描いた風俗小説は、時代が移ると姿を消してゆくが、良質なものならば復刊されるのは、懐かしく嬉しいものだ。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
最初から最後近くまで、もやもやしたスッキリしない気持ちで読み続けましたが、最後の最後にフッと気持ちが晴れました。
どんどん気持ちが引き込まれていく、魅力的は小説で、この本を知ることが出来て本当に感謝です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
僕も『ジュニア版日本文学名作選』で読んでいました。それも仕事をしないで近くの図書館で。
それから十年以上、アマゾンや古本屋さんで探していました。
気分がつらいときは、図書館に走り悦ちゃんに会いに行きました。
この度、ようやくわが家に悦ちゃんを迎えることができました。
貧乏でもひとりぼっちでも、なんとかかんとか元気に生きて行けそうです。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告